【2018年版】グアムの季節・シーン別服装|グアムの服装

●グアム旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●グアム旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

グアムの季節別服装

グアムの気候


グアムは常夏の国として知られますが、海洋性亜熱帯気候に属していて、おおかたイメージ通りと考えて良いでしょう。

年間の最高気温は32℃前後、最低気温は約21℃で年間を通じて月や季節毎の気温の変動がほとんどなく、一年中泳ぐことができるのでビーチ好きにはうれしいです。


季節は雨の少ない時期の乾季が11月~5月、雨季の6月~10月には南国ならではのスコールに見舞われます。

雨季の期間中の台風シーズンと言われる7月~10月には、大型の台風が数年に1回程度発生することもありますので、その時期には天気予報が気になります。


台風の予測は付かないとしても観光でグアムを訪れるのは一年中どの時期でもいいと言われ、どちらかと言えば湿度が低く晴れた日が多い乾季の方がベストシーズンでしょう。

ただ、雨季と言ってもスコールは日本の雨と違って一日中降ることはなく、止むと晴れ間が見える南国特有の開放感を肌で感じることができます。


グアムの乾季の服装(11月~5月)


グアム滞在中の服装は一年と通じて夏服で問題ありませんが、ホテルやショッピングモールでは冷房が強めのところもあるので、薄手のアウターがあると便利です。

どの月にいっても泳ぐことができるので、グアム旅行で水着は絶対に欠かせない存在です。

ただ、サイズやデザインの関係で現地調達の場合にお気に入りのものがすぐに見つかるとは限らないので、不安なひとは出発前に日本で用意しておくと安心です。


グアムの乾季の時期の朝晩は湿度が低い分少し肌寒く感じる日があるので、上に羽織るものとして海に似合う長袖のパーカーや軽めのジャケットなどがあると良いでしょう。


紫外線対策としては男女兼用の偏光サングラスや女性用の折りたためる帽子が通販でもありますので、旅行前にカップルやお友達同士の間でも会話が弾みます。


絶対に肌を焼きたくない鉄板と言われている日焼け止めクリームなど日本にしかないものは、特に出発前に準備しておくことをおすすめします。

グアムの雨季の服装(6月~10月)


雨季の時期のグアムは日本の梅雨と違って湿度が高くなく、スコールになります。

じとじと一日中降るわけではないですが、日によっては少々長い時間雨が続く日もないわけではないです。

ただ、日本の暑い時期のようにじめじめして蒸し暑さがあまりなく、東寄りから吹く風は気持ちよく感じる事もあるでしょう。


雨季と言ってもグアムは日差しが強いので、乾季同様にお肌が気になる人は紫外線対策が必要となってきます。

また、スキューバダイビングやシュノーケリングでは海の中にいる時間が長くなるので、楽しんだあとに身体が冷えないように上着を準備しておいてください。


ゴルフやマリンスポーツもジェットスキーやマリンジェットといったアクティビティ系を体験した場合は、筋肉痛になることも考えられます。

グアムではエステや疲れを取るためのマッサージ店があるので助かりますが、肩こりに効くアンメルツなどを持っていくのも良いかもしれません。


国際線で液体の持ち込みに関しては容量の上限や容積1L以内のジッパー付透明プラスチック袋に入れる必要がありますので、詳しくは利用する空港へお訪ねください。



グアムで注意すべき服装

グアムではドレスコードを気にすることは、ほとんどないと言っても過言ではないでしょう。

高級レストランでは雰囲気に合った格好であれば特に規定がなく、ビーチ隣接以外のレストランではビーチサンダルと水着はアウトなので、上に羽織るものを用意してください。


グアムでは服装以外に特に注意しなければならないことがありますが、ダイビングを安全に楽しむためについて紹介したします。

1回だけのダイビングでも少なくとも飛行機に乗るまで12時間、時間を空けなければなりません。

減圧症や窒素酔い、肺の過膨張障害を回避するための注意点で、帰りの便の前日はダイビングを控えるようにしましょう。

詳しくは「ダイビング後の飛行機搭乗ガイドライン」で検索して内容をご参照ください。



グアムの服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

グアムの季節に応じて服装を調節しましょう。

グアムで宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

グアム滞在日数分あることが望ましいです。
グアムに長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

グアムの場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

グアムでマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

グアムまでの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



グアムに必要な持ち物

クレジットカード

グアム旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

 

エポスカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/



海外旅行用最強カード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。