タイ旅行に必要な持ち物2024年版|タイの持ち物リスト

タイ旅行への準備は、タイ旅行を充実した楽しいものにするためにとても重要です。熱帯気候のタイでは、年間平均気温が約30℃と暑く、特に3月から5月は最高気温が40℃に達することも。湿度も高く、日焼け対策や水分補給が必須です。また、タイは仏教国であり、寺院訪問時は肩や膝を覆う服装が求められます。これから紹介する持ち物リストを参考に、初めてのタイ旅行を快適に楽しみましょう。

お時間がない方はぜひ下の必需品の表だけ確認していただければと思います。

項目備考
パスポート
ビザ
クレジットカード

クレジットカードは海外旅行の必需品。この表に記載した両替手数料、海外旅行保険の観点からエポスカードがおすすめです。

日本円・現地通貨

外貨両替にかかる手数料よりクレジットカードの方が手数料が圧倒的に安く、その中でもエポスカードは手数料が安いです。

ポケットWiFi

日本で使っているスマートフォンをそのまま海外で使えない場合が多く、その場合は海外用ポケットWiFiが必需品です。グローバルWiFiが有名で品質と価格の観点でもおすすめです。

海外旅行保険証

エポスカードは年会費が永年無料であるにも関わらず、空港に向かうための鉄道代金(SuicaやPASUMOなどへのチャージ、定期券利用も含む)などで1円以上カードを利用するだけで海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無料で付いているのでカードを作ってしまえば、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

航空券

最安航空券を探すなら楽天トラベルがおすすめです。

目次

タイ旅行の持ち物 – 必需品

パスポート

タイ旅行にはパスポートが必須です。出国前に有効期限を確認しましょう。タイは日本との間で短期滞在のビザ免除協定があり、観光目的で30日以内の滞在ならビザは不要ですが、パスポートの残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。また、空港での入国審査時には、帰国の航空券や滞在先の情報を求められることがあるので、印刷した書類を持参するとスムーズです。パスポートは常に損傷や紛失に注意し、安全に保管しましょう。(引用元: タイ国政府観光庁HP)

ビザ

タイ旅行では、日本人観光客は30日以内の滞在であればビザが不要です。しかし、滞在期間が30日を超える場合や、就労・長期滞在を目的とする場合はビザが必要になります。ビザの種類や申請方法はタイ大使館の公式サイトで確認しましょう。また、パスポートの残存有効期間は入国時に6ヶ月以上必要です。緊急連絡先や保険証、必要な医薬品も忘れずに携帯してください。安全で快適な旅行のために、事前準備をしっかりと行いましょう。(引用元: タイ国政府観光庁HP)

クレジットカード

タイ旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品というのがほぼ常識になってきています。

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作るとよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は、海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際海外旅行保険を使うことはなく、なんだか海外旅行のたびに海外旅行保険代5,000円程度を損した気持ちにもなりますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、空港に向かうための鉄道代金(SuicaやPASUMOなどへのチャージ、定期券利用も含む)などで1円以上カードを利用するだけで海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無料で付いているのでカードを作ってしまえば、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

傷害死亡・後遺障害や賠償責任の補償金額が3,000万円と無料のクレジットカードでは最高レベル手厚い保証内容になっているので、エポスカードの海外旅行保険のみでより安心して海外旅行に行くことができます。

年会費無料で海外旅行保険がついているだけでなく、他にも下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

財布

タイ旅行では現金が重要です。クレジットカードが使えない場所も多いため、特に市場や屋台ではバーツ(タイの通貨)を用意しましょう。1バーツは約4.1円(2024年現在)で、小銭もよく使います。財布は複数持ち、大きな額は別の場所に隠しておくと安心です。また、ピックポケット対策にチャック付きの財布や身体にフィットするタイプがおすすめ。為替レートの変動に注意しながら、必要な分だけ両替しましょう。

お金

タイ旅行では現地通貨のバーツが必要です。1バーツは約4.1円(2024年現在)。空港や市内の両替所で日本円から両替できますが、レートは場所によって異なるので注意が必要です。クレジットカードも都市部では広く使えますが、手数料がかかることも。小額の支払いや地方では現金が便利です。また、ATMは多くありますが、引き出しには手数料が発生します。予備の現金とカードを持つと安心です。

スマートフォン

タイ旅行ではスマートフォンが大変便利です。タイのプリペイドSIMカードは、空港やコンビニで約300バーツ程度で購入可能。インターネットは1GBあたり約100バーツ程度で、Googleマップや翻訳アプリが使え、旅のサポートになります。盗難や紛失に注意し、バックアップを取ることを忘れずに。

ポケットWiFi

日本で契約しているドコモやKDDI、ソフトバンクの電波は基本的には日本で使うことを前提としているものなので、海外でスマートフォンを使おうとすると繋がらなかったり、繋がるような設定をしても別途料金(3,000円/日)が発生することがほとんどです。

タイでもスマートフォンを使えるようにするためにはいくつか方法がありますが、最も簡単で安く手取り早い方法は空港でポケットWiFiをレンタルすることです。

大手で安くて色々な空港で受け取りができるので私はいつもGlobal WiFiを使っています。複数人で利用できるのでとても格安でWiFi環境を得ることができます。

グローバルWiFi

海外用ポケットWiFiで最もおすすめできるのはグローバルWiFiです。
グローバルWiFiのおすすめのポイントは下記のとおりです。

  1. 圧倒的に安い(+定額制で安心)
  2. 最大5台のスマートフォンを接続できる
  3. トラブルや質問があれば24時間LINEでサポートしてもらえる

更にグローバルWiFiは海外WiFiレンタル利用者数7年連続No.1なので、大手の安心感もありますね。(東京商工リサーチ、2017年~2023年各年調査)

懸念点があるとすれば、繁忙期には利用者が多く、直前の予約だと在庫切れになりうるということです。
早めに予約すればこの懸念点は解消できるので、もし海外旅行の予定が決まっているのであれば必需品なので早めに予約されることをおすすめします。


海外旅行保険

タイ旅行では海外旅行保険への加入が重要です。事故や病気の際、医療費は高額になることがあります。例えば、タイでの外来診療費は数千円から数万円、入院治療では数十万円以上かかることも。保険に加入しておけば、これらの費用がカバーされます。また、盗難や損害も保証されるため、安心して旅行を楽しめます。保険選びでは、補償内容をしっかり確認しましょう。

海外旅行に行くなら海外旅行保険には必ず加入してください。

とはいいつつも、私はなるかどうかわからない病気のために旅行のたびに数千円掛け捨てではらってたのですごく損した気分になっていました。

そんな人は海外旅行保険つきのカードがおすすめ。

マルイが発行しているエポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、空港に向かうための鉄道代金(SuicaやPASUMOなどへのチャージ、定期券利用も含む)などで1円以上カードを利用するだけで海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無料で付いているのでカードを作ってしまえば、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

航空券

タイ旅行にはパスポートと共に航空券が必須です。日本からタイまでは直行便で約6〜7時間。航空券は早めに予約すると安く、ピーク時は高くなります。バンコクへの主な空港はスワンナプーム国際空港で、ここからタイ国内の移動も便利です。LCC(格安航空会社)も選択肢に入れると、さらに経済的に旅行できます。オンラインでチェックインし、eチケットをスマホに保存すると便利です。

常備薬

タイ旅行では、気候や食事の変化による体調不良に備えて、常備薬を持参しましょう。特に、タイでは気温が30度を超える日が多く、湿度も高いため、熱中症対策として経口補水液の準備が重要です。また、辛い料理が多いため、胃薬や整腸剤を携帯すると安心です。蚊による感染症予防のため、虫除けスプレーや蚊取り線香も忘れずに。日焼け止めやアフターサンケア用品も紫外線対策として必須です。常備薬は日本語表記があると安心なので、準備を忘れずに。


タイ旅行の持ち物 – その他貴重品

プライオリティ・パス

タイ旅行では空港での快適さを求めるなら「プライオリティ・パス」が便利です。このパスは、世界1300以上の空港ラウンジを利用できる会員制サービスで、タイの主要空港でも使えます。例えば、バンコクのスワンナプーム国際空港には複数のラウンジがあり、待ち時間にリラックスしたり、軽食をとったりできます。年会費はプランによって異なりますが、頻繁に旅行する方にはコストパフォーマンスが良いと言えるでしょう。初めてのタイ旅行でも、このパスがあれば空港での滞在がぐっと快適になりますよ。

マイルカード

タイ旅行ではマイルカードが大変便利です。航空券の購入や現地でのショッピングでマイルが貯まり、次回の旅行での航空券割引やアップグレードに使えます。タイの主要空港はバンコクのスワンナプーム国際空港で、年間約6300万人が利用。多くの航空会社がマイル提携をしているため、事前にカードを作っておくと、タイへのフライトで効率的にマイルを貯めることができます。また、クレジット機能付きなら為替手数料も節約可能です。

タイ旅行の持ち物 – 荷造り関連

キャリーケース

タイ旅行では、気候に合わせたキャリーケースの選び方が大切です。タイは年間を通して暑いため、軽量で通気性の良い衣類が必要です。例えば、バンコクの平均気温は約30℃。そのため、衣類はコンパクトに収納できるものを選び、キャリーケースのサイズは航空会社の規定内(一般的には総三辺が158cm以内)で、動きやすい4輪タイプが便利です。また、タイでは突然の雨が降ることもあるので、防水機能のあるケースが推奨されます。

衣類仕分けケース

タイ旅行では気温が高く湿度もあるため、衣類仕分けケースが便利です。平均気温は約30℃、湿度は70%以上と高いので、汗をかきやすいです。複数のケースに分けて、清潔な服と使用済みの服を分けましょう。また、タイでは突然の雨が降ることもあるため、防水機能のあるケースを選ぶと良いでしょう。軽量で通気性の良い素材のものを選び、衣類の臭いや湿気を防ぎましょう。

洗える衣類ケース

タイ旅行では、気温が高く湿度も高いため、汗をかきやすいです。そのため、洗える衣類ケースが便利です。このケースを使えば、汚れた衣服を清潔に保管し、旅行中に洗濯する際も分けて管理できます。タイでは、平均気温が約30度、湿度は70%以上と高いため、軽くて速乾性のある衣類がおすすめです。洗えるケースは、これらの衣類を衛生的に扱うのに役立ちます。また、衣類ケースは様々なサイズがあり、小さなものは日帰りの小旅行にも使えます。

圧縮袋

タイ旅行では、圧縮袋が大変便利です。特にタイの気候は熱帯性で、年間平均気温は約28℃。湿度も高く、衣類がかさばりがちです。圧縮袋を使えば、衣類をコンパクトにし、スーツケースのスペースを有効活用できます。また、帰りには洗濯済みの衣類と未洗濯の衣類を分けて収納できるため、衛生的です。タイは突然の雨も多いため、防水機能付きの圧縮袋があれば、衣類を濡れから守れます。

洗面用具ケース

タイ旅行では気候が暑く湿気が多いため、洗面用具ケースは必須です。特に、日焼け止め(SPF50+)、虫除けスプレー、抗菌ハンドジェルは環境に合わせた選択が大切。タイでは歯ブラシや小さな石鹸はホテルで提供されることが多いですが、個人の肌に合った洗顔料やシャンプー、リンスは自分で持参しましょう。また、タイでは水道水の飲用は避けるべきなので、歯磨きの際もミネラルウォーターを使用することをお勧めします。常に清潔を保つためにも、洗面用具の準備は念入りに。

小分けボトル

タイ旅行では、液体の持ち込みに制限があります。空港のセキュリティチェックでは、100mlを超える容器に入った液体は機内持ち込み禁止です。そのため、シャンプーやコンディショナー、化粧水などの必需品を小分けボトルに詰め替えて携帯しましょう。小分けボトルは透明な袋に入れ、一人あたり通常は合計で1リットルまでとなっています。タイの気候は湿度が高く、日焼け止めや虫除けスプレーも小分けにして持参すると便利です。これらを事前に準備することで、スムーズな空港手続きと快適な滞在が可能になります。

スーツケースベルト

タイ旅行ではスーツケースベルトが便利です。空港での荷物の識別がしやすくなり、万が一の荷物の紛失や間違いを防ぎます。タイの空港は年間約4,000万人が利用するバンコクのスワンナプーム国際空港をはじめ、とても混雑しておりスーツケースの取り間違えもあり得ます。ベルトはカラフルで目立つものを選ぶと良いでしょう。また、スーツケースの不正開封を防ぐ効果も期待できます。安心して旅行を楽しむためにも、スーツケースベルトの使用をお勧めします。

南京錠・ワイヤーロック

タイ旅行では、荷物の安全対策が重要です。特に、バンコクのカオサンロードやチャトゥチャック市場など人が多い観光地では、スリや置き引きのリスクがあります。南京錠やワイヤーロックを使用することで、バックパックやスーツケースを固定し、盗難を防ぐことができます。2019年のタイ観光警察のデータによると、盗難被害の約30%が観光地で発生しています。南京錠は小さくても頑丈なものを選び、ワイヤーロックは長めのものが便利です。これらを使い、荷物を椅子やテーブルに固定しましょう。安全対策をしっかりと行うことで、タイ旅行をより安心して楽しむことができます。


タイ旅行の持ち物 – 衣類

トップス・ボトムス

タイ旅行では気候に合わせた服装が大切です。年間を通して暑いため、薄手で通気性の良いトップスがおすすめ。綿やリネン素材が快適です。日中は30度を超えることも珍しくないので、半袖やタンクトップが活躍します。ただし、宗教的な場所では肩や膝を覆う服装が求められるため、長袖のシャツや膝丈以上のボトムスを1枚は持参しましょう。また、冷房が効いている場所では肌寒く感じることもあるので、薄手のカーディガンやショールもあると便利です。

下着・靴下

タイ旅行では気候が暑く湿気が多いため、下着や靴下は通気性と速乾性に優れたものを選びましょう。特に、タイの平均気温は約30度以上で、湿度も70%を超えることが多いです。汗をかきやすいので、日数分プラス1〜2枚の予備を持参すると安心です。また、歩きやすい靴を選び、靴下も蒸れにくい素材のものを準備してください。衛生面を考慮し、使い捨てのものを選ぶのも一つの手です。快適な旅行のためにも、これらの準備は大切です。

パジャマ

タイ旅行では、気候に合わせたパジャマの準備が大切です。タイは年間平均気温が約28℃と暑く、特に3月から5月は最高気温が35℃を超えることも。蒸し暑い夜に快適に過ごすため、通気性の良い綿やリネン素材の薄手のパジャマがおすすめです。また、エアコンの効いた部屋では冷えを感じることもあるため、長袖の薄手のものを1枚持っていくと安心です。快適な睡眠は旅の疲れを癒す鍵となりますので、適切なパジャマ選びを忘れずに。

雨具

タイは熱帯気候で、特に5月から10月の雨季には突然の豪雨に見舞われることがあります。平均降水量は月に200mmを超えることも。そこで、折りたたみ傘や軽量のレインコートは必携です。また、水たまりができやすいので、防水性のある快適な歩きやすい靴も重宝します。雨具は現地で購入可能ですが、品質やサイズが合わない可能性もあるため、事前に準備しておくと安心です。

水着

タイ旅行では、美しいビーチやプールでのリラックスが欠かせません。水着は必須アイテムです。男女ともに、ビキニやトランクスなど、自分のスタイルに合ったものを選びましょう。ただし、タイの一部の地域では露出が多い服装が不適切とされることもあるため、地元の文化や習慣を尊重することが大切です。例えば、宗教的な場所を訪れる際は控えめな服装を心がけてください。また、日焼け止めは紫外線指数が高いタイでは必須です。水着選びは、快適さと文化的配慮をバランスよく。


タイ旅行の持ち物 – 機内用品

首枕

タイ旅行では長時間のフライトが予想されます。平均的に日本からタイまでの飛行時間は約6時間。この間、首枕は快適な睡眠をサポートし、首の痛みを軽減します。首枕には様々な種類があり、空気を入れるタイプは持ち運びに便利です。また、タイは気温が高く、冷房が効いたバスや飛行機内での急な温度変化に備えて、首枕が温度調節にも役立ちます。旅の快適性を高めるためにも、首枕の携帯をお勧めします。

アイマスク・耳栓

タイ旅行では、快適な睡眠を確保するためにアイマスクと耳栓があると便利です。特にバンコクでは、夜間の騒音レベルが平均60デシベルを超えることもあり、耳栓が役立ちます。また、長距離のフライトやバス移動では、アイマスクがあると周囲の光から目を守り、睡眠を助けてくれます。これらの小物はコンパクトで持ち運びやすく、旅の疲れを軽減するためにも大変重宝します。

使い捨てスリッパ

タイ旅行では使い捨てスリッパが便利です。多くの宿泊施設では室内用スリッパを提供していますが、衛生面で心配な方や外出先での使用を考えると、個人用の使い捨てスリッパがおすすめです。タイは年間平均気温が約28度と暑く、歩きやすいサンダルを履くことが多いですが、寺院訪問時は足元を覆う必要があるため、スリッパが役立ちます。また、公共の場では足を清潔に保つためにも、使い捨てスリッパが重宝します。携帯性に優れた軽量でコンパクトなものを選びましょう。

マスク

タイ旅行ではマスクの携帯が重要です。都市部では大気汚染があり、PM2.5の数値が高い日も。また、2023年現在、タイはCOVID-19対策として公共の場でのマスク着用を推奨しています。特にバンコクでは、交通渋滞による排気ガスが問題で、一部の地域ではPM2.5の濃度が1立方メートルあたり50μgを超えることも。快適な旅のためにも、予備のマスクを数枚持って行くことをお勧めします。

筆記用具

タイ旅行では筆記用具を持参すると便利です。特に、小さなメモ帳とペンは必須。タイのバンコクでは、タクシーの運転手に行き先を伝える際、言葉の壁を乗り越えるために書き留めることが多いです。また、市場や屋台での買い物では、価格交渉を数字で示すとスムーズ。タイでは、観光地での情報収集や、出会った人との連絡先交換にも筆記用具が役立ちます。日記をつけることで旅の思い出も残せます。重さもほとんどないので、一式をバッグに入れておくと良いでしょう。


タイ旅行の持ち物 – 生活用品 (男女共通)

歯ブラシ・歯磨き粉

タイ旅行では、日本と同様に歯ブラシと歯磨き粉が必需品です。タイの水道水は飲用に適していないため、歯磨きの際にはミネラルウォーターを使用するか、ホテル提供の飲料水を利用しましょう。現地で購入も可能ですが、言葉の壁や品質の違いがあるため、慣れ親しんだ自分の歯磨きセットを持参することをお勧めします。特に、敏感な歯や特別なケアが必要な方は、事前に準備を。衛生面で安心し、快適な旅を楽しみましょう。

シャンプー・リンス・ボディーソープ・洗顔

タイ旅行では、気候が湿度高く汗をかきやすいです。多くのホテルにはシャンプー・リンス・ボディーソープが備え付けられていますが、肌に合わない場合も。また、市販の製品は約20〜100バーツ(約70〜350円)で購入可能です。しかし、特に敏感肌の方やお気に入りのブランドがある場合は、日本から持参することをおすすめします。洗顔料も同様で、旅行の快適さを保つためにも、自分の肌に合ったものを準備しましょう。無印などでトラベル用の小分けされたシャンプーなども売っているのでそれらを購入するのも良いと思います。

化粧水・乳液

タイは気温が高く湿度も高いため、肌の保湿は重要です。化粧水と乳液は、肌の水分を保ちながら、外部環境から肌を守る役割を果たします。また、紫外線が強いので、日焼け止めを併用することを忘れずに。携帯用のミストタイプでこまめに保湿するのもおすすめです。

コンタクトレンズ・洗浄液

タイでの洗浄液の平均価格は約200バーツですが、種類が限られていることも。日本で使い慣れた洗浄液を持参すると安心です。さらに、予備のレンズも忘れずに。緊急時には、バンコク内の大型ショッピングモールにある眼鏡店で対応可能ですが、地方都市では入手困難な場合もあります。

日焼け止め

タイは熱帯気候で日差しが強いです。年間を通じて紫外線指数は平均して5以上で、特に3月から5月は最高値を記録します。肌を守るために、SPF30以上の日焼け止めが必要です。水辺やアウトドアアクティビティでは、水に強いタイプを選びましょう。また、タイでは化粧品の価格が高いことがあるため、十分な量を持参することをお勧めします。肌を健康に保ち、快適な旅行を楽しむためにも、日焼け止めの使用は欠かせません。

整髪料

タイ旅行では湿気が多く、髪型が崩れやすいです。平均湿度は約70%以上で、特に5月から10月の雨季は注意が必要です。タイで整髪料を購入することもできますが、日本製の製品に慣れている方は、馴染みのある商品を持って行くことをお勧めします。容量は100ml以内のものを機内持ち込み用にし、大きな荷物はチェックイン時に預けましょう。

虫除けスプレー

タイ旅行では、熱帯特有の虫に注意が必要です。特に、デング熱やジカ熱を媒介する蚊には警戒しましょう。タイ保健省によると、2022年にはデング熱の患者数が数千人に上りました。そのため、虫除けスプレーの携帯は必須です。日本で購入できる成分「ディート」含有のものが効果的ですが、タイ現地での購入も可能です。使用する際は、肌に直接スプレーするだけでなく、衣服にも吹きかけることをお勧めします。常に携帯し、数時間ごとに塗り直すことで、虫刺されを防ぎましょう。

使い捨て便座シート

タイ旅行では公共のトイレの衛生状態が日本と異なることがあります。特に観光地や市場などでは、トイレットペーパーがない場合も多く、便座の清潔さも保証されません。そこで、使い捨て便座シートの持参をおすすめします。これは薄くて軽いため荷物にならず、衛生面での不安を軽減できます。タイでは、トイレに紙を流す習慣が少なく、ゴミ箱に捨てることが一般的です。使い捨て便座シートはそのままゴミ箱に捨てられるため、衛生的かつ環境にも配慮した選択と言えるでしょう。

携帯ウォシュレット

タイ旅行では、衛生環境が日本と異なるため、携帯ウォシュレットが便利です。多くの公共トイレにはウォシュレットが設置されていないことが多く、トイレットペーパーがない場合もあります。携帯ウォシュレットはコンパクトで、どこでも清潔に過ごせるため、特に暑い時期には快適な旅行の必需品です。バッテリー式や手動ポンプ式など、選択肢も多いので、自分に合ったものを選びましょう。

ウエットティッシュ

タイ旅行ではウエットティッシュが非常に便利です。タイの気温は年間平均約30度と高く、湿度も70%前後で汗をかきやすいです。屋台での食事やトイレの後、手を清潔に保つためにもウエットティッシュが役立ちます。また、公共の場所での水道設備が整っていない場合もあるため、携帯用のウエットティッシュは衛生面で重宝します。アルコール成分入りのものを選ぶと、除菌効果も期待できます。常にバッグに入れておくことをおすすめします。

洗濯用洗剤

タイ旅行では気候が暑く、汗をかきやすいため、衣類の汚れが気になることがあります。ホテルでの洗濯サービスもありますが、コストを抑えるためには、持参した洗濯用洗剤で手洗いするのがおすすめです。市販の小分け洗剤や携帯用洗剤を使えば、荷物も軽減できます。タイでは水道水の品質が一定でない場合があるので、肌が敏感な方は無添加・低刺激の洗剤を選ぶと良いでしょう。また、環境に優しい洗剤を選ぶことで、美しいタイの自然を守ることにも繋がります。

トラベルバックハンガー

タイ旅行ではトラベルバックハンガーが便利です。タイの気温は年平均約30度で、湿度も高いため、衣類が乾きにくいです。特に雨季(5月〜10月)は降水量が多く、洗濯物が室内で乾かなければならないことも。コンパクトに折りたためるバックハンガーは、ホテルの部屋やバルコニーで洗濯物を干すのに役立ちます。また、公共の場所や屋外での使用も想定されているため、衣類を清潔に保つことができます。持ち運びやすく、使い勝手の良いトラベルバックハンガーをぜひ荷物に加えましょう。

ガイドブック

タイ旅行にはガイドブックが必須です。タイは観光地が多く、バンコクの王宮やアユタヤの遺跡など歴史的なスポットが約400ヶ所あります。また、全国に約35,000の寺院が点在しており、文化を深く知るためにも情報が豊富なガイドブックが役立ちます。地図や交通機関、食事の情報も網羅されているため、初心者でも安心して旅行を楽しめます。最新版を選び、現地の祭りやイベント情報もチェックしましょう。

タイ旅行の持ち物 – 生活用品 (女性)

メイク落とし

タイでは日本製のメイク落としを購入することも可能ですが、価格は日本より高めです。肌に合ったものを事前に準備しておくと安心です。

化粧品

タイ旅行では、高温多湿の気候に合わせた化粧品の準備が大切です。日中の平均気温が約30度を超えることも多く、紫外線指数も高いため、日焼け止めは必須。SPF50+、PA++++の強力なものを選びましょう。また、汗をかきやすいので、ウォータープルーフのメイク用品や崩れにくい化粧下地もおすすめです。さらに、エアコンが効いた室内では乾燥しやすいため、保湿力の高い化粧水やクリームを持参すると良いでしょう。

絆創膏

タイ旅行では歩き回ることが多く、靴擦れや小さな怪我が予想されます。熱帯気候のため、傷が化膿しやすい環境です。タイの衛生状態は地域によって異なり、特に地方では薬局が少ない場所も。2019年のデータでは、タイの医療施設は都市部に集中しており、田舎では1万人に対して医師が1.3人しかいない状況です。そのため、絆創膏は必需品。防水タイプを選び、数も十分に持参しましょう。小さな傷でも適切にケアすることが大切です。

生理用品

タイ旅行では、生理用品の準備が大切です。タイではナプキンは広く販売されていますが、タンポンは見つけにくく、特に無香料やオーガニック製品は稀です。また、価格は日本よりやや高めで、ナプキンが1パック約40~100バーツ、タンポンが約80~200バーツです。旅行中の生理が心配な方は、日本から十分な量を持参し、お気に入りのブランドや特定のタイプがあれば特に準備をお勧めします。快適な旅行のためにも、事前の準備を忘れずに。

タイ旅行の持ち物 – 生活用品 (男性)

カミソリ・ひげそり

タイ旅行では、カミソリやひげそりを忘れずに持参しましょう。タイでは、特に地方都市や島々では日本製のような品質の高いカミソリを見つけるのが困難なことがあります。また、現地で購入すると日本よりも割高になることが多いです。例えば、日本で100円程度で購入できるカミソリが、タイでは倍近くすることも。衛生面を考えても、使い慣れた自分のカミソリを持って行くのがおすすめです。ジェルを持っていく場合は液体制限に注意して、機内持ち込みが可能なサイズやタイプを選びましょう。


タイ旅行の持ち物 – 電子機器

カメラ・GoPro

タイ旅行では、美しいビーチや歴史的な寺院など、息をのむような景色が多くあります。そんな風景を残すために、カメラやGoProは必携です。タイは年間約3,900万人の観光客が訪れ、特にプーケットやアユタヤの遺跡は人気です。GoProは防水機能があり、ビーチやシュノーケリング中の水中撮影に最適。一方、カメラは夜市や寺院の細かい装飾を鮮明に捉えられます。旅の記録に、高画質な写真や動画を残しましょう。

変換プラグ

タイ旅行では変換プラグが必須です。タイの電圧は220V、周波数は50Hz。コンセントの形状は主にタイプA(2ピン平行)、タイプC(2ピン円形)、タイプO(3ピン)です。日本製の電化製品(Aタイプ)を使用するには、コンセントの形状を変える変換プラグが必要になる場合があります。旅行前に変換プラグを準備し、快適な旅を楽しみましょう。

モバイルバッテリー

タイ旅行では、長時間の観光や移動でスマホのバッテリーが心配です。空港や市街地には充電スポットもありますが、観光地では限られています。モバイルバッテリーがあれば安心してタイ旅行を楽しむことができます。

変圧器

タイ旅行では、電子機器を使う際、変圧器が必要な場合があります。タイの電圧は220V、周波数は50Hzです。日本の電圧は100Vで、周波数は50/60Hzですので、電圧の違いに注意が必要です。特に、日本製のヘアドライヤーや電気シェーバーなどの高電力機器を使用する場合は変圧器が必須です。しかし、スマートフォンやノートパソコンなどの充電器は多くが100V-240V対応のため、変圧器なしで使用できることが多いです。プラグ形状はA、B、C、Oタイプが主に使われていますので、変換プラグも忘れずに準備しましょう。

ドライヤー・ヘアアイロン

タイ旅行では、ホテルにドライヤーが備え付けられていることが多いですが、ヘアアイロンはあまり見かけません。タイの電圧は220V、日本は100Vなので、日本製の電化製品を使う際は変圧器が必要です。また、変換プラグも必要な場合があります。


タイ旅行の持ち物 – 子連れ

子供服

タイ旅行では子供服の選び方が重要です。タイは年間平均気温が約30℃と暑く、特に3月から5月は最高気温が40℃に達することも。薄手で通気性の良い綿素材の服がおすすめです。また、日焼け対策として帽子や長袖のラッシュガードも準備しましょう。虫除け対策として、虫よけスプレーを服に吹きかけることも忘れずに。屋内では冷房が効いていることが多いので、薄手のカーディガンも一枚あると便利です。子供の快適な旅行のために、これらの点を考慮して服を準備しましょう。

子供用歯ブラシ

タイ旅行では、子供用の歯ブラシを忘れずに持参しましょう。タイでは日本のような子供向けの歯ブラシが少なく、特に地方都市では入手困難です。タイのスーパーやコンビニでは大人用が主流で、柄のデザインや毛の硬さが子供には不向きなことが多いです。また、タイでは水道水の品質が日本と異なるため、歯磨きの際にはミネラルウォーターを使うことをお勧めします。快適な旅のためにも、お子様の口腔ケア用品は事前に準備を。

除菌グッズ

タイ旅行では衛生管理に注意が必要です。特に、人混みの多い場所や屋台での食事では、手指の除菌が重要です。タイでは、トイレに石鹸がないことも珍しくありません。そのため、携帯用のアルコールジェルやウェットティッシュの携帯が推奨されます。また、タイの気温は年間平均約30度と高く、細菌が繁殖しやすい環境です。外出時は常に除菌グッズを持ち歩き、食前やトイレ後の手洗いに利用しましょう。これにより、食中毒などのリスクを減らすことができます。

子供用スキンケア

タイ旅行では子供の肌ケアが重要です。日差しが強く、平均UV指数は6〜10で「高〜非常に高」レベル。熱帯気候で湿度も高いため、日焼け止めはSPF50+、PA++++を選び、2〜3時間ごとに塗り直しましょう。また、蚊が多いので、子供用の虫除けスプレーも必須です。肌に優しいものを選び、定期的に使用しましょう。保湿クリームも忘れずに。

子供用医薬品

タイ旅行では子供用医薬品の準備が大切です。タイでは日本と同じ医薬品が手に入らないことが多いです。特に、子供の体温が38度を超えた際に使う解熱剤や、腹痛、下痢に対応する整腸剤は必須。また、虫刺され用の薬もタイでは必要です。日焼け止めはSPF50+、PA++++のものを選び、熱中症対策には経口補水塩も携帯しましょう。旅行前に小児科で相談し、適量を持参することをお勧めします。

お菓子・おもちゃ

タイ旅行では、熱い気候に備えて、日本のお菓子や飲み物を持参するのも一つの方法です。タイは年間平均気温が約28℃と高く、特に3月から5月の暑季は平均最高気温が34℃に達します。そんな時、慣れ親しんだ味の飲料や塩分補給になるスナックは熱中症対策に役立ちます。また、タイの子供たちへのお土産として、日本のキャラクターが描かれたおもちゃや文房具は喜ばれます。ただし、持ち運びには重量制限があるため、スーツケースの重さを事前にチェックしましょう。

おむつ

タイ旅行に赤ちゃん同伴の場合、おむつは必須です。タイのスーパーやコンビニでも購入可能ですが、サイズやブランドが限られていることがあります。特に新生児用や特定のブランドを好む場合は、十分な量を持参しましょう。タイでは、おむつの平均価格は日本より約10-20%高い傾向にあります。また、おむつ替えスペースが限られている場所もあるため、ポータブルおむつ替えマットもあると便利です。

ベビーフード

タイではベビーフードの種類が限られており、特に日本製品は少ないです。タイのスーパーで見かけるのは主に西洋ブランドで、価格は一つ約50~150バーツです。赤ちゃんの食物アレルギーや好みがある場合、慣れ親しんだ商品を持参することをお勧めします。液体の持ち込み制限があるため、粉末やレトルトパウチが便利です。また、ホテルでの調理を考えて、スプーンなどの食器も忘れずに。

ミルク・哺乳瓶

ミルクは粉ミルクが便利です。現地で購入も可能ですが、ブランドによっては見つからないことも。哺乳瓶は滅菌が必要なため、ポータブルの滅菌器を持参するか、ホテルでお湯を使って消毒しましょう。タイでは平均気温が約30度と高く、湿度も高いため、水分補給はこまめに。哺乳瓶も清潔に保つため、数本持参すると安心です。

子供用食器・スプーン

タイ旅行では、小さなお子様連れの場合、子供用食器やスプーンを持参することをお勧めします。タイのレストランでは、大人用の食器が主流で、子供用の食器を提供していない場所が多いです。また、衛生面で心配な場合も、自分の食器を使用することで安心できます。旅行前に、お子様の年齢や食事の好みに合わせて、必要な食器類を準備しましょう。

まとめ: 必需品を忘れないように入念に確認を

大概のものは忘れてしまっても現地調達ができる場合が多いので、なんとかなる場合が多いです。

しかし必需品を忘れてしまうと旅行ができなかったり損をしてしまったりするので、必需品を持っていくことを忘れていないか出発前に再度入念い確認をしてみてくださいね。

項目備考
パスポート
ビザ
クレジットカード

クレジットカードは海外旅行の必需品。この表に記載した両替手数料、海外旅行保険の観点からエポスカードがおすすめです。

日本円・現地通貨

外貨両替にかかる手数料よりクレジットカードの方が手数料が圧倒的に安く、その中でもエポスカードは手数料が安いです。

ポケットWiFi

日本で使っているスマートフォンをそのまま海外で使えない場合が多く、その場合は海外用ポケットWiFiが必需品です。グローバルWiFiが有名で品質と価格の観点でもおすすめです。

海外旅行保険証

エポスカードは年会費が永年無料であるにも関わらず、空港に向かうための鉄道代金(SuicaやPASUMOなどへのチャージ、定期券利用も含む)などで1円以上カードを利用するだけで海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無料で付いているのでカードを作ってしまえば、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

航空券

最安航空券を探すなら楽天トラベルがおすすめです。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作るとよいのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は、海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際海外旅行保険を使うことはなく、なんだか海外旅行のたびに海外旅行保険代5,000円程度を損した気持ちにもなりますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、空港に向かうための鉄道代金(SuicaやPASUMOなどへのチャージ、定期券利用も含む)などで1円以上カードを利用するだけで海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無料で付いているのでカードを作ってしまえば、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

傷害死亡・後遺障害や賠償責任の補償金額が3,000万円と無料のクレジットカードでは最高レベル手厚い保証内容になっているので、エポスカードの海外旅行保険のみでより安心して海外旅行に行くことができます。

年会費無料で海外旅行保険がついているだけでなく、他にも下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/