海外旅行に必要な全持ち物リスト【2022年版】

海外旅行に行くことになって気持ちがワクワクしているけどなんだか忘れ物をしてしまいそうで不安という方もいらっしゃるのではないでしょうか。

今回は海外旅行に必要なものを表形式でまとめていますので、ご自身の旅のスタイルに合わせて必要なものを探して忘れずに持っていくようにしてください。

また、最近はコロナウイルスの影響で渡航に制限がかかっている国がありますので、海外旅行に行かれる前に最新の渡航制限の状況を外務省のHPをみて確認しておきましょう。

海外旅行旅行の持ち物【必需品編】

海外旅行の必需品としてパスポートとビザが挙げられます。

パスポートもただ有効であればいいだけではなく、パスポートが残り何ヶ月有効である必要があるなど国によって要件がことなりますので1年以内にパスポートの有効期限が切れる方は詳細な条件を事前に調べておきましょう。

また、ビザに関しては殆どの国で短期の観光目的であれば不要ですがアメリカはビザの代わりにESTAが必要であったりするのでこちらも旅行に行かれる国に応じて詳細を調べておくと安心です。

クレジットカードも海外旅行の持ち物の中でとても重要なものです。クレジットカードがあることで現金がなくなってしまったという状況を避けられますし、クレジットカードによっては海外旅行保険付きのクレジットカードがあるのでそのようなクレジットカードを持っていくと海外旅行保険代金を節約することができます。

また、クレジットカードで決済をするほうが日本円を現地通貨に両替するよりも圧倒的に手数料が安いので、クレジットカードは1枚は必ず持っていきたい持ち物です。

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
パスポート
(5.0 / 5.0)
ビザ
クレジットカード
(5.0 / 5.0)
日本円
(5.0 / 5.0)
現地通貨
(5.0 / 5.0)
スマートフォン
(5.0 / 5.0)
ポケットWiFi
(5.0 / 5.0)
海外旅行保険
(5.0 / 5.0)
航空券
(5.0 / 5.0)
常備薬
(5.0 / 5.0)

海外旅行の持ち物【荷造り編】

海外旅行にはバックパッカーで行かれる方やスーツケースでいかれる方など様々いらっしゃると思います。

出発時からバックパックやスーツケースがいっぱいだと帰りのお土産が入らない事になりますのである程度余裕のあるサイズのバックっパックやスーツケースをご用意される方がいいと思います。

もし最適なサイズのスーツケースがないということであればスーツケースをレンタルすることも可能ですのでご検討ください。

また、衣類のボリュームを減らすために使えるアイテムとして圧縮袋が挙げられます。圧縮袋を使うことで衣類のボリュームを抑えることはできるのですが掃除機を利用して吸引するタイプのものは現地で帰り利用できないので、手巻きタイプの圧縮袋を使うことをおすすめします。

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
スーツケース
(3.0 / 5.0)
ネームタグ
(2.0 / 5.0)
南京錠
(2.0 / 5.0)
トラベルポーチ
(2.0 / 5.0)
圧縮袋
(2.0 / 5.0)

海外旅行の持ち物【衣類編】

海外旅行先では写真を沢山撮ることになるのでおしゃれな服を持っていって観光を楽しみたいですよね。

ただ、海外旅行の日数が多い場合は日数分の衣類を用意することが困難な場合もあるかもしれません。そのようなときは旅行先で選択することを検討してみてもいいでしょう。

洗濯洗剤は液体で機内持ち込みできる量に限りがあることと、万が一こぼれた際の被害が大きいので、現地で買うかトラベル用の個包装の洗剤を持っていかれることをおすすめします。

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
トップス
(5.0 / 5.0)
ボトムス
(5.0 / 5.0)
下着
(5.0 / 5.0)
靴下
(5.0 / 5.0)
パジャマ
(2.0 / 5.0)
タオル
(2.0 / 5.0)
帽子
(3.0 / 5.0)
雨具
(3.0 / 5.0)
水着
(3.0 / 5.0)
サンダル
(3.0 / 5.0)
サングラス
(2.0 / 5.0)

海外旅行の持ち物【生活用品編】

海外旅行先のホテルによって歯ブラシやシャンプーなど基本的なアイテムが置いていないことがありますので、必要に応じて持っていくようにしましょう。

仮にシャンプーが置いてある場合でも海外のシャンプーが自分に合うかどうかはわからないので、100円ショップなどに売っているトラベル用の小さなボトルに詰め替えて持っていくことをおすすめします。

コンタクトレンズやコンタクトレンズの洗浄液は案外忘れやすく、かつ、忘れた際にリカバリーが効きづらい持ち物なので注意が必要です。

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
歯ブラシ
(3.0 / 5.0)
歯磨き粉
(3.0 / 5.0)
量による
シャンプー
(3.0 / 5.0)
量による
リンス
(3.0 / 5.0)
量による
ボディーソープ
(3.0 / 5.0)
量による
洗顔
(3.0 / 5.0)
量による
メイク落とし
(4.0 / 5.0)
量による
化粧水
(3.0 / 5.0)
量による
乳液
(3.0 / 5.0)
量による
コンタクトレンズ
(5.0 / 5.0)
洗浄液
(5.0 / 5.0)
量による
ひげそり
(3.0 / 5.0)
整髪料
(3.0 / 5.0)
量による
化粧品
(5.0 / 5.0)
生理用品
(3.0 / 5.0)
日焼け止め
(3.0 / 5.0)
量による
虫除け
(3.0 / 5.0)
ウエットティッシュ
(3.0 / 5.0)
洗濯用洗剤
(2.0 / 5.0)
量による
インスタント食品
(2.0 / 5.0)
ハンガー
(2.0 / 5.0)
オペラグラス
(2.0 / 5.0)
ガイドブック
(3.0 / 5.0)

海外旅行の持ち物【機内編】

海外旅行に行く際は必然的にフライトの時間が長くなりがちです。ですのでフライト中いかに快適に過ごせるかが旅行先での体力に大きく影響します。

代表的な首枕などのアイテムに加えて、睡眠を取ることを想定されているのであれば耳栓やアイマスクがあるとよいでしょう。

また、長時間のフライトの場合は靴を脱ぎたくなるので使い捨てのスリッパがあると快適に過ごすことができます。

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
首枕
(4.0 / 5.0)
アイマスク
(2.0 / 5.0)
耳栓
(3.0 / 5.0)
使い捨てスリッパ
(2.0 / 5.0)
筆記用具
(3.0 / 5.0)

海外旅行の持ち物【電子機器編】

海外にはカメラやスマートフォンなど電子機器を持っていくことになると思うのですが、気をつけないといけないことが海外のコンセントの形状や電圧が日本のものと異なる場合があるということです。

電圧に関してはヘアアイロンやドライヤーなど熱を発するものを除き、多くの電子機器が海外の電圧にも対応しているので問題ない場合が多いですが、コンセントの形状に関してはそもそも刺さらないことがあるので注意が必要です。

もし行かれる国の電圧やコンセントの形状が日本と異なり、電子機器の電圧が海外の電圧に対応していない場合は、変換プラグと変圧器を持っていきましょう。

持ち物持ち物重要度機内持ち込み詳細情報
カメラ
(4.0 / 5.0)
Gopro
(2.0 / 5.0)
SDカード
(3.0 / 5.0)
スマホ充電器
(5.0 / 5.0)
モバイルバッテリー
(4.0 / 5.0)
延長コード
(3.0 / 5.0)
ドライヤー
(3.0 / 5.0)
ヘアアイロン
(3.0 / 5.0)
変換プラグ
変圧器

カテゴリー