【2018年版】スペインの季節・シーン別服装|スペインの服装

●スペイン旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●スペイン旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

スペインの季節別服装

スペインの気候


スペインはフラメンコが有名で南国の太陽のイメージがしますが、海流や地形などによって地域によって気候が大きく異なるので、旅行前に行き先毎の服装のチェックが必要です。


首都マドリードなどのようにスペインの中心部に位置するエリアは、標高700mほどの高地にあります。

日中と朝晩、夏と冬では気温差が大きく真夏は気温が40℃に近付く一方で冬は氷点下を計測します。


1992(平成4)年に夏季オリンピックが開催されたバルセロナに代表される地中海沿岸地域は、一年を通じて気温が安定していて温暖で過ごしやすいといわれています。


スペインの春の服装(3月,4月,5月)


一般的にスペイン観光のベストシーズンは4月~10月と言われていますが、春は気温の変動が大きい季節でもあります。

バルセロナが典型的なスペインの春の天候で、アウターなどは日中でも手放せません。

また、暑さと寒さの調整ができるように、長袖のシャツやトレーナーなど重ね着できる服装があると便利です。


朝晩は肌寒く感じる事もありますので、比較的厚手のものを準備しておいてください。

マドリードの4月の平均気温は12℃と低めですが、5月半ばになると初夏の装いになります。

6月の平均気温は20℃を超えて、街中もスペインならではの活気が出てきます。


スペインの夏の服装(6月,7月,8月)


白亜の家々が立ち並び青い空の文化的にもスペインらしさが色濃く残るアンダルシア地方の夏は気温が高く酷暑ではありますが、湿度が比較的低いので体感的にはそれほど暑く感じません。

イスラム文化が花開いた世界遺産の街のコルドバは、観光でも注目を浴びているので機会があれば行ってみましょう。


日本の真夏に当たる時期のマドリードの平均気温は約25℃ととても快適で、8月には多くの市民が比較的長めのバカンスへ出かけますので、街は少し静かになります。


バルセロナでは夏が早く訪れ6月に入ると次第に暑くなり、30℃を超す日もあって海水浴を楽しむ人を見かけるようになります。

服装は日本の真夏同様で、日差しが強いので紫外線対策グッズを準備すると良いでしょう。


スペインの秋の服装(9月,10月,11月)


10月は穏やかな日が続くマドリードも月を越えて11月に入ると、気温が下がりはじめ秋が深まります。

また、11月と12月の時期は一年の中でも最も雨が多いので、折りたたみ傘やレインコート準備しておくと助かります。

服装では日本の秋と同じ程度でいいですが、雨が降った日には肌寒く感じるので、10月頃からコートや厚手のセーターがあると安心です。


バルセロナの秋も同じく雨が多い季節になりますので、荷物にならない程度の雨具があるといいでしょう。

服装に関してはマドリードより気温が数℃高めですが、日中でも上に羽織れるものを準備することをおすすめします。


スペインの冬の服装(12月,1月,2月)


マドリードや世界中から巡礼者が訪れるサンティアゴ・デ・コンポステーラなど北部では、ダウンコートがあると良いでしょう。スペインは一年中暑いイメージがしますがマドリードや北部では、冬になると日本とそれほど変わらないので防寒対策が必要となります。


バルセロナはマドリードよりは暖かいですが、日本の12月ぐらいの服装で出かけるとよく、乾燥しますので気になる人はスキンケア製品を準備してみてください。


アンダルシア地方の日中は温暖ですが朝晩や曇りの日は冷えますので、重ね着できる服装を用意しておくと良いでしょう。



スペインで注意すべき服装

テレビでもお馴染みのバルセロナのサグラダ・ファミリアでは服装制限は特に設けていないようですが、夏の期間に暑いからと言って肌の露出が多い服だと目立ちます。

一般的にスペインでは、露出が高いと街中でも注目されるのでノースリーブやショートパンツは避けた方が無難で、教会も入館禁止のところもあります。


また、レストランはイギリスやフランスと違ってドレスコードはそこまで厳しくありません。

スマートカジュアルをベースとして男性はジャケット、女性はワンピースで靴も上着に合わせた感じでいいでしょう。



スペインの服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

スペインの季節に応じて服装を調節しましょう。

スペインで宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

スペイン滞在日数分あることが望ましいです。
スペインに長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

スペインの場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

スペインでマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

スペインまでの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



スペインに必要な持ち物

クレジットカード

スペイン旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

 

エポスカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/



海外旅行用最強カード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。