【2018年版】パリの季節・シーン別服装|パリの服装

●パリ旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●パリ旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

パリの季節別服装

パリの気候


パリは日本と同じように四季がありますが、季節によって特徴は違います。

東京と比べると、一年を通してパリのほうが気温は低めですが、空気が乾燥しているため、体感温度はもっと低く感じる時もあるでしょう。

夏は短く、冬は長いのが特徴です。

一年で一番暑い8月になれば30℃を軽々超える猛暑日もありますが、空気が乾燥しているためとても過ごしやすい夏と言えるでしょう。

秋・冬はどんよりした日が多く、北海道のように氷点下まで気温が下がることはあまりありませんが、1月2月になると雪が降る日もあります。

また、雨季や乾季などが存在しませんが、1日を通して天気が変化しやすいのも特徴の一つです。

そのため、どの時期であっても折り畳み傘などの雨対策グッズを持参しておと、いざという時大変便利です。


パリの春の服装(3月,4月,5月)


3月はまだまだ冬の寒さが残っています。

日中は10℃前後までしか気温は上がらず、朝晩は0℃近くまで気温が下がるため冬用のコートは必須です。

帽子・マフラー・手袋などの防寒グッズも朝晩は必要になります。

また、この時期の天気は不安定で雨が降ることも多いため、雨対策も忘れずにしましょう。

4月に入ると少しずつ暖かくなり、日中は15℃前後まであがりますが、朝晩は10℃以下になることもあります。

冬用のコートは必要ありませんがスプリングコートなどのジャケットは必須です。

ストールなどがあれば冷たい風からの冷えを守ることができるでしょう。

5月はぽかぽか日和の日が増えてきます。

夏のような暑さが訪れる日もたまにありますが、朝晩の冷えは残ります。

そのため4月と同じようにスプリングコートなどのジャケットは必要になります。

日中は20℃前後まで気温が上がる日もあるため、脱ぎ着しやすいカーディガンなどの着用が便利です。


パリの夏の服装(6月,7月,8月)


6月は空気が乾燥し、暑すぎず寒すぎない快適なシーズンで、さらに日照時間が長いため観光シーズンにはおすすめです。

日中のピーク時にはTシャツで歩いている人も見かけますが、まだTシャツだけでは寒いので、必ず上から羽織れるカーディガンやパーカーは必須です。

7月、8月からは夏本番です。

Tシャツ短パンで十分過ごせますが、朝晩に備えて1枚薄手のカーディガンなどの羽織れるものを持参しておく必要があります。

また、日差しが大変強くなるため、帽子や日焼け止めクリームを持参して日焼け対策をしましょう。


パリの秋の服装(9月,10月,11月)


9月になると早くも秋に入ります。

日中は20℃前後までしかあがりません。

(その年によっては残暑が続く場合があります)

朝晩も15℃以下に下がることもあるため、長そでの準備は必要です。

また寒さをしのげる厚手のジャケットもあると安心です。

10月・11月は気温がぐっとさがります。


10月はまだ暖かさが残るため冬用のジャケットは必要ありませんが、11月にあると本格的な冬になるため、冬用コートの他に帽子・手袋・マフラーなどの防寒グッズが必要になります。

パリの冬の服装(12月,1月,2月)


最高気温は10℃前後、最低気温は0℃前後です。

1・2月に入ると日中は5℃前後までしか気温があがりません。

セーターや冬用コート、手袋・マフラー・帽子などの防寒グッズは必須です。


足元から冷えるため、ブーツなどの冬用の靴をおすすめします。



パリで注意すべき服装

①お洒落な服装

パステルカラーの服装、リボンやフリル・レースがついた服装などの服装は、観光客だとすぐにバレてしまいます。

またブランドバックなどで観光していれば、スリの標的になりやすいです。

お洒落に観光したいのはみな同じですが、最後まで楽しく観光したい場合は、服装にも細心の注意を払い、ジーンズに長そでジャケットのような比較的地味な服装を持参しましょう。


②靴

パリは石畳の道が大変多いです。そのためヒールよりも動きやすく歩きやすいスニーカーがベストです。


③高級レストラン

ドレスコードが必要なレストランはたくさんあります。

訪れる前に必ず下調べをしましょう。



パリの服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

パリの季節に応じて服装を調節しましょう。

パリで宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

パリ滞在日数分あることが望ましいです。
パリに長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

パリの場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

パリでマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

パリまでの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



パリに必要な持ち物

クレジットカード

パリ旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

 

エポスカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/



海外旅行用最強カード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。