パラオ旅行に必要な持ち物2018年版|パラオの持ち物

パラオ旅行の持ち物【必需品編】

パスポート

パスポートを忘れたらパラオに行くことができませんので必ず必要な持ち物です。

観光・ビジネス・留学など目的や滞在日数によってビザが必要かどうかは変わってくるので事前に確認しましょう。

クレジットカード

パラオ旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品というのがほぼ常識になってきています。

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

 

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

MileagePlus JCBカード

MileagePlus JCBカードは海外旅行用のカードとして人気が急上昇しているカードです。

  1. 海外旅行保険が自動付帯で最高2000万円とかなり手厚い
  2. 作るだけで1000マイルもらえる 
  3. 買い物時に200円につき0.5マイル貯まる
  4. 20%キャッシュバックキャンペーンを実施

MileagePlus JCBカードはカードの名前の通り、マイルがどんどん貯まっていくカードです。

作った時点で1000マイルもらえて、HPにあるように後は日常利用すれば1年で東京⇔札幌や東京⇔大阪の往復航空券分(往復10,000マイル)と余裕で交換できます

日常利用でも得するように今流行りの20%還元キャンペーンも行っており、メインカードとして利用できる優秀なカードです。

年会費が1250円かかりますが、年会費無料のクレジットカードと比べると海外旅行保険の保証が圧倒的に手厚いところも人気の理由です。

 

スマートフォン

スマホをパラオで使う場合は正しく設定をしていないと、海外通信モードになって高額の費用が発生するので注意してください。

携帯翻訳機(ポケトーク)

ボタンを押すだけで、言語を相互翻訳してくれるすぐれもの。ポケトークあればほとんどの国で現地の人々と簡単な会話をすることができるので、どうしても要件を相手に伝える必要があるときにすごく便利と話題です。

ポケトークは本格的な翻訳機であるため、1台あたりWi-Fi専用モデルでも24,800円しまがレンタルであればかなり安く収まりますのでおすすめです。

海外旅行保険

パラオに行くなら海外旅行保険には必ず加入してください。

とはいいつつも、私はなるかどうかわからない病気のために旅行のたびに数千円掛け捨てではらってたのですごく損した気分になっていました。

そんな人は海外旅行保険つきのカードがおすすめ。

マルイが発行しているエポスカード年会費無料・海外旅行無料・自動付帯(特に条件なく海外旅行保険が付く)という旅行者にかなり有利なカードとなっているので、他サイトや雑誌などで旅行者人気のカードとしてよく取り上げられています。

変換プラグ・変圧器

海外必須の持ち物として変換プラグが挙げられますが、パラオの場合はコンセントの形状が日本と同じAタイプなので変換プラグは不要です。

しかし、パラオの電圧は日本の電圧より少し高い177Vなのでパラオの電圧に対応していない電化製品を使う予定であれば安全のために変圧器を持っていくことを おすすめします。

航空券

印刷しなくても行きと帰りのチケットがメールで確認できる状態であれば問題なくチェックインができることが多いです。

最安の航空券を探すならスカイスキャナーがおすすめです。
かなりの数の航空券を同時に比較するので、信じられない安さの航空券が見つかることもよくあります。



パラオ旅行の持ち物【衣類編】

トップス・ボトムス

パラオの季節に応じて服装を調節しましょう。

パラオで宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

パラオに長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

パラオの場合、宿によって用意されているがあります。

雨具

天気予報を見て雨がふることが事前にわかっている場合は持っていっても良いですがかさばる持ち物なのでパラオで買ってもいいです。

水着

パラオで海やプールに行く場合は持っていきましょう。

コンタクトレンズ・洗浄液

※機内持ち込みできない持ち物

コンタクトレンズ利用者は必須の持ち物です。



パラオ旅行の持ち物【便利グッズ編】

GoPro

GoProがあると旅行の際に思い出のムービーを作るのにはかどります。

最新のGoPro Hero7は手ぶれ補正がすごいのでスマホで撮影するのよりもかなり見やすくきれいな動画が撮影できるのでおすすめです。

携帯ウォシュレット

パラオでもウォシュレットを利用したい方は持っていきましょう。

首枕・腰枕

パラオまでの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。

アイマスク・耳栓

パラオ⇔日本のフライトで寝たいかたはあると重宝する持ち物です。

常備薬

パラオでの食事は日本と異なることに加えて、疲れなどから風邪を引いてしまう場合があります。

パラオの食事は日本と異なり、栄養不足で口内炎ができやすいですのでビタミン剤は意外と重宝する持ち物です。

ガイドブック

ガイドブックかさばる持ち物なのでkindle等電子版の購入をおすすめします。



パラオ旅行の持ち物【バックパッカー編】

 

バックパック

バックパッカーの代名詞とも言える持ち物です。

洗面用品

パラオのゲストハウスには歯ブラシやひげそり等洗面用品が置いていない場合が多いので日本から持参しましょう。

バス用品

※機内持ち込みできない持ち物

パラオのゲストハウスには基本シャンプー・リンス・ボディーソープ・洗顔等おいてありませんので日本からトラベル用のシャンプーセットを持っていきましょう。
液体なので機内持ち込み不可な持ち物です。

洗濯用品

※機内持ち込みできない持ち物

パラオに長期滞在であれば洗濯をする必要がでてきます。
洗剤はかばんのなかでこぼれると他の持ちものも汚れて悲惨なのでチューブ式がおすすめ。

南京錠・ワイヤーロック

バックパッカーは基本持ってる持ち物です。

ゲストハウスにあるロッカーは鍵は持参したのものを使う場合があるのでしっかりしたものを買いましょう。




パラオ旅行の持ち物【女性編】

使い捨て便座シート

パラオのトイレは日本と比べると汚いことが多いので、使い捨て便座シートがあれば安心です。

値段も安いので女性の方は重宝する持ち物です。

ヘアアイロン

ヘアアイロンは基本海外の電圧には対応していないので、変圧器が必要になります。

日焼け止め

※機内持ち込みできない持ち物

夏にパラオへ行かれる際は忘れずに持っていきましょう。

化粧品

※機内持ち込みできない持ち物

女性は必ず必要な持ち物です。

液体の化粧品は機内持ち込みができません。

化粧水・乳液

※機内持ち込みできない持ち物

女性は必要だと思いますが、液体なので機内には持ち込めません。

必ず預入の荷物の中にいれてください。

パラオ旅行の持ち物まとめ

パラオに必要な持ち物はたくさんありますが、パスポート、クレジットカード現金海外旅行保険があればとりあえずなんとかなりますので、絶対に忘れないようにしてください。

 

パラオ旅行の基本情報

世界屈指の親日国家パラオで働く

世界でも屈指の親日国家のパラオは、太平洋の楽園といわれるリゾートアイランドです。
世界中のダイバーを魅了する真っ青に透き通った海は、日本人の観光客にも人気ですが実際に現地で働いている人もいます。
特に人気なのがダイビングのインストラクターで、給与もほかの職種より少し高めです。
また、女性の活躍ではリゾートホテルのゲストリレーションでいずれも日常会話程度の英語力があれば応募できます。
ツアーガイドやお土産販売の仕事もあり、待遇面は給与が少ない場合は、食事に住居や光熱費を負担して貰えますが興味のあるひとは確認をしてみてください。
そのほか自動車免許があれば望ましく、年齢も20歳から40代半ばまで応募可能なケースも多いので、うれしいです。
不定期ですが経験者はホテルの人材派遣会社や専門のサイトで、比較的高いポジションで待遇もまあまあの案件が出ている場合があります。

パラオ最大の都市のコロール

2006(平成18)年までパラオの首都だったコロールは、人口約13,000人で国内最大の都市です。
国民の過半数がコロールに暮らしていて、パラオの経済の中心地です。
中心部にはショッピングセンターや銀行、レストランや商店が局在し、1日10便ほどディナーの時間帯にはコロール中心部の間をBBIシャトルバスが運航しています。
1週間利用できるBBIシャトルバスのチケットがわずか8ドルなので、便利でリーズナブルです。
主な見どころはパラオの歴史について触れることができるエピソン・ミュージアム、近代史ではベラウ・ナショナル・ミュージアムがあります。
日本のODAによって設立された、海洋生物やサンゴ礁の研究所の水族館のパラオ国際サンゴ礁センターにも機会があれば立ち寄ってみてください。

パラオの人種構成と親日度

日系パラオ人は全人口の25%をしめるといわれ、日本統治時代に教育を受けたパラオの年配の人たちは、ほとんど不自由なく日本語が話せます。
今でも扇風機や電話は日常生活の中で使われ、おいしいの「味大丈夫」なども違和感がありません。
ただ、乾杯が「ツカレナオス(疲れ治す)」や「ショウトツ(衝突)」なのは、大阪の人たちがいう「ビールどつきに行こうか」みたいな感じがして面白いです。

2015(平成27)年の天皇と皇后陛下の訪問の際には至るところに日本の国旗が掲げられ、親日度の高さはかなりのものといえるでしょう。
ちなみに三重県伊勢市にルーツを持つクニオ・ナカムラ元大統領の名前を忘れるわけにはいきません。
海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

MileagePlus JCBカード

MileagePlus JCBカードは海外旅行用のカードとして人気が急上昇しているカードです。

  1. 海外旅行保険が自動付帯で最高2000万円とかなり手厚い
  2. 作るだけで1000マイルもらえる 
  3. 買い物時に200円につき0.5マイル貯まる
  4. 20%キャッシュバックキャンペーンを実施

MileagePlus JCBカードはカードの名前の通り、マイルがどんどん貯まっていくカードです。

作った時点で1000マイルもらえて、HPにあるように後は日常利用すれば1年で東京⇔札幌や東京⇔大阪の往復航空券分(往復10,000マイル)と余裕で交換できます

日常利用でも得するように今流行りの20%還元キャンペーンも行っており、メインカードとして利用できる優秀なカードです。

年会費が1250円かかりますが、年会費無料のクレジットカードと比べると海外旅行保険の保証が圧倒的に手厚いところも人気の理由です。