2019年最新版|トルコで使えるおすすめのSIMと料金プランの目安

海外旅行でも日本同様ネットにアクセスして、ネットライフを楽しむには様々な方法があります。
その中でもコスパがいいといわれているのが、現地のプリペイド式のSIMを使うことです。

そこでこの記事ではトルコのプリペイド/ツーリストSIMについて詳しく、これから初めて海外SIMを使う人にも分かるようにお伝えします。

トルコのSIMとSIMフリーのスマホ

instagram-image

wagaya.youandi

トルコには旅行者向けのプリペイドSIMが販売されているので、SIMフリーのスマホがあれば現地のSIMを使うことができます。

もしも日本のキャリアのスマホをお使いで、SIMロック解除をまだしていない場合は渡航前に、SIMロック解除をしておきましょう。

無料でネットで簡単に手続きができますし、難しい場合は店頭で約3,000円の手数料でSIMロック解除してもらえます。

トルコ旅行前にしておきたいスマホの設定

海外に出発する際に現地で国際ローミングを使わない場合には、データローミングを設定及び、クラウドサービスの同期設定、アプリの自動更新などをOFFにしておきましょう。

国際ローミングは、高額なデータ通信料がかかるので注意しましょう。

・モバイルデータの通信をOFFにする方法
Androidの場合
ネットワークとインターネットに入る。
モバイルネットワークをクリックする。
データ通信を有効にするをOFFにする。
iphoneの場合
設定に入る。
モバイルデータ通信を選択。
モバイルデータ通信をOFFにする。

トルコのSIMの有効期限とIMEIの登録

一般的なツーリスト向けに販売しているSIMの有効期限は、約3~4ヵ月となっています。これはトルコでは海外から持ち込んだ携帯電話は120日以上使用する場合は、政府に使用している携帯電話のIMEI(端末のシリアル番号)を登録する義務があります。

一般的な旅行者の場合はそこまで長く滞在することがないので心配することがありませんが、もしも長期滞在する場合は留意しておきましょう。

・IMEI登録料:618TL(約11,700円)

指定の銀行で支払い、SIMカードのキャリアの店舗で登録することができます。

トルコのおすすめのキャリアのSIM

空港や街中の直営店で、旅行者向けのSIMカードは購入することができます。

トルコ国内の主要都市や空港内、ショッピングセンター内にTurkcell、Vodafone、Turk Telekomのブース/店舗があります。

トルコのキャリアを理解して、旅に最適な料金プランをみつけてみましょう。
トルコも日本同様キャリアによって、様々なサービスを展開しています。
(料金プランやサービス内容は最新のものを載せていますが、頻繁に変わるので目安にしておいてください。1TL=18.94円 2019年11月現在)

・TURKCELL

1994年にトルコで最初にGSMネットワークを開始して、2012年にはシェア率で50%以上ありました。
トルコの最大手のキャリアで、カバーエリアも広くほぼトルコ全土で繋がります。

どのキャリアにしていいか迷ったときには、TRUKCELLがおすすめです。

料金プラン:Turkcell’s Tourist Welcome Pack
料金:149TL(約2,820円)
通信:4G
容量:20GB
有効期間:30日
その他:200分の国内通話、via BiPとwhatsappのチャットメッセージ無制限

・Vodafone

料金プラン:Vodafone Tourist Line
料金:105TL(約1,980円)
通信:4G
容量:10GB
有効期間:90日
その他:300分の国内通話、30分の国際電話

・TURK TELEKOM

料金プラン:-不明-
料金:150TL(約2,840円)
通信:4G
容量:11GB
有効期間:30日
その他:-

トルコでよく使われる海外SIM

トルコではアマゾンなので手軽に購入できる、周遊海外SIMを使うこともできます。
有名なSIMでは、タイのキャリアのAISが販売している周遊SIMで「SIM 2Fly」があります。

料金プラン:SIM 2Fly(ヨーロッパ周遊 アジア周遊)
料金:3380円
通信:3G/4G
容量:4GB
有効期間:15日
その他:300分の国内通話、30分の国際電話

SIM 2Flyの特徴は日本でも使えるSIMなので、出国前にSIMを交換して設定を済ますことができます。トルコの空港到着後にすぐに使えるので、初めて海外SIMを使う人には安心して使うことができます。

料金プランはデータ通信容量に合わせて選べるので、安く抑えることも可能になります。
またトルコからヨーロッパ大陸やアジア大陸の国々を旅する人には、周遊SIMを活用すれば、現地のSIMを購入する手間もありません。

また地域によって最適のキャリアを選択することもできるので、快適にネットにアクセスすることができます。

トルコのSIMとポケットWiFiの料金比較

instagram-image

andi.kun7314

トルコでネットにアクセスする方法は5つあります。

・ツーリストSIMを使う(現地のSIM)
・海外SIMを使う(Amazonで購入可能な海外SIM)
・日本のキャリアの国際ローミングを使う
・ポケットWiFiをレンタルする
・現地ホテル、カフェなどのフリーWifiを使う

日本のキャリアの国際ローミングは、高額な料金の為おすすめできません。そこでトルコでネット環境を確保するには、現地でツーリストSIMを購入するか、アマゾンでも購入可能なタイの通信会社が販売しているアジアで使える「SIM 2Fly」のデータ通信プリペイドSIMを使うか、ポケットWiFiをレンタルするのがお得です。

トルコで3泊4日滞在する場合の料金比較

・ツーリストSIM 3G 4G:1980円前後(10GB/90日)
・海外SIM 3G 4G:約3380円(4GB/15日 )
・ポケットWiFi 3G:6820円(1580円/日~+受渡手数料500円)(約400MB/3日)
・ポケットWiFi 4G/LET:6,820円(1,580円/日~+受渡手数料500円)(約500MB/日)
・フリーWifi:無料

ポケットWiFiのご利用もおすすめ

海外でネット環境を利用できるポケットWiFiルーターのレンタルは、人気のサービスです。
国際ローミングより断然コスパがよくて、現地のツーリストSIMに比べて細かな設定なども必要とせず定額なので使いすぎる心配もありません。

またポケットWiFiをレンタルすれば、シェアをして複数の人で使うことができます。
「大人数で使ったらすぐに容量オーバーするのでは…」と感じかも知れませんが、海外では使うサービスといえばGoogleマップやSNSなどある程度限られています。

例えばLINEのメッセージなら250MBあれば、約125,000回以上送信できて、Googleマップの地図検索も約70回以上は可能です。

イモトのWi-Fi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWi-Fiです。

イモトのWi-Fiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

であれば、一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。

まとめ

海外でスマホをネット接続する方法は、日本のキャリアの国際ローミングだけでなく、SIMフリーのスマホがあれば現地でプリペイド式のSIMを購入することで、24時間快適なインターネットライフが送れます。

「常にネットを使いたい人」「ときどきネットにアクセスできればいい人」「緊急時のためにネット環境を確保したい人」など、自分のネット利用のスタイルに合わせておすすめのサービスが異なりますので、この記事を参考に最適な方法が見つかれば幸いです。