カンボジアの物価は安い?旅行前に知っておきたいカンボジアの物価情報

世界遺産のアンコールワット遺跡群があることで世界的に有名なカンボジア。
東南アジアに位置するカンボジアは、発展途上国というイメージを抱いている方もいるかもしれませんが、近年は日本を含め世界中から観光客が訪れ、人気の観光国にもなってきます。

一昔前は発展途上国とはイコール、物価が安い国とイメージする方が多くいましたが、現在のカンボジアの観光地は、現地人とは異なった観光客用の物価があります。

そこで今回はカンボジアに旅行する場合、ぜひ知っておきたいこの国の「物価」にスポットを当てて話をしていきたいと思います。

カンボジア人の平均年収は200ドル前後

カンボジアはまだまだ発展途上国なので、日本から訪れると比較的物価が安い国です。
実はカンボジア人の平均収入は、100~200ドル程。
英語が話せたり、スキルを持っている人や役職によっては200ドル~1000ドルですが、平均的には100~200ドル程と言われています。

日本と比較すると収入の差があるので、日本から訪れる場合は物価は安く感じますが、現地人と観光客とでは値段の設定が大きく異なってきます。



カンボジアの通貨、物価について

カンボジアの通貨は「リエル」です。カンボジア独自の通貨ではありますが、実際観光客が利用するのは「米ドル(USドル)」がほとんど。というのも、カンボジアは二重通貨の国なのです。
1ドルが4000リエル程度です。

観光客が訪れる都市のシェムリアップやプノンペンなどでは、ホテルも食事もUSドルを使うことがほとんどです。
リエルを使う場面は、村や地元の人が行くような商店、屋台などです。
ドルで払っておつりがリエルになることも多くありますが、リエルはなるべく余らせないよう現地で使うのがいいでしょう。

また、基本的に高額ドル札で支払いしても断られることがほとんどなので、ドルを事前に用意しておく場合は、少額のドル(1ドルや5ドル札)を多めに用意しておくのがおすすめです。

物価に関しては、現地の人とのは別の観光客価格が設定されていることがほとんどです。レストランのメニューでも観光客価格があります。
例えばアンコールワットがあるシェムリアップは首都のプノンペンよりも少々高めですが、それでも日本から訪れると物価は安く感じることでしょう。

カンボジアの宿泊・物価目安

カンボジアに訪れる旅行者にはツアーのグループや個人旅行、あるいはバックパッカーなど様々なスタイルの旅行者が見受けられます。それに伴って宿泊時に利用するホテルにも様々なランクがあるのです。個人旅行やバックパッカーで格安に宿泊したい場合はゲストハウスも多くあります。

物価が安いカンボジアに行くのだから普段なかなか宿泊できないゴージャスなホテルに滞在するのも旅の楽しみ方の1つですですよね。プールがついたリゾートを思わせるような5つ星ホテルもシーズンによっては100ドル程度で宿泊できることもあるのは、やはり大きな魅力です。

アンコールワット遺跡があるシェムリアップや首都のプノンペンはホテルやゲストハウスの数が非常に多いので、自分の好みの旅のスタイルで宿泊先を選ぶことも可能です。

カンボジアの宿泊ホテル、ゲストハウスなどの相場目安は以下になります。

宿泊ホテルランク料金目安
超高級ホテル200ドル~400ドル
高級ホテル100ドル~200ドル
中級ホテル50ドル~100ドル
格安ホテル20ドル~50ドル
ゲストハウス10ドル~20ドル
ゲストハウス(ドミトリー)5ドル

 

カンボジアでの飲食・物価目安

カンボジアには地元の人が通うような屋台もあれば、観光客向けのレストランもあります。
地元の人が通うような屋台ではカンボジアメニューしかないこともあり、少しハードルが上がることもありますが、その分観光客価格でなく地元人価格で味わうことも可能です。

観光客が多いエリアでは、屋台にも英語メニューがあります。観光客価格にはなりますが、それでも日本と比較したらだいぶ物価が安いと感じることでしょう。衛生面などに注意は必要になりますが、一度は試してみるのも旅の思い出になります。

エアコンが効いたようなレストランは、ほぼ観光客向けなので快適に食事は楽しめますが、その分物価も上がります。それでも日本のレストランよりはだいぶ安く食事できます。

カンボジアの食品、レストランなどでの物価の目安を以下にまとめてみました。

カンボジアでの飲食物価目安
水500ml0.5ドル
コーラ500ml1ドル
缶ビール0.5ドル~1ドル
サトウキビのジュース1ドル
屋台・チャーハン1ドル~2ドル
屋台・ヌードル1ドル~2ドル
屋台・串もの0.5ドル~
屋台・お粥1ドル~2ドル
レストラン・ビール2ドル前後
レストラン・チャーハン5ドル~10ドル
レストラン・カンボジア鍋10ドル前後
レストラン・日本食5ドル~15ドル
カフェ・コーヒー1ドル~3ドル

 

カンボジアの交通手段・物価目安

カンボジア国内を移動する場合はバスや飛行機になりますが、一つの都市で移動する時に多くの人が利用するのがトゥクトゥク。遺跡巡りなどでトゥクトゥクを利用する場合、コースや時間を伝えて値段交渉します。
トゥクトゥクは1人で利用するよりも3~4人で利用すれば、人数分で割れば格安なるのでおすすめです。その他、レンタルバイクやレンタル自転車を利用する観光客もいます。

 

交通手段物価目安
トゥクトゥク(短距離)2ドル~
トゥクトゥク(遺跡周遊など)10ドル~20ドル
レンタル自転車(1日当たり)3ドル~10ドル
レンタルバイク(1日当たり)8ドル~15ドル



物価が安いカンボジア!持っていくと助かるアイテムはこれ!

カンボジアに初めて訪れる場合、よほどゴージャスな旅のスタイルでない限りは、カンボジアは物価が安い国と感じることでしょう。そんなカンボジアに持っていくと助かるアイテムをご紹介します。

ポケットWiFi

カンボジアは近年は海外からの観光客も多く、フリーWiFiが利用できる場所も増えています。ホテルやレストラン、カフェなどでも利用できるにはできますが、WiFi状況がいいか悪いかは別の話です。

カンボジアに行く場合、WiFiが拾えないような田舎道や遺跡に行くことも多くあります。そこで役に立つのがポケットWiFiです。道を調べたり位置確認もできますし、地元の人とコミュニケーションを取るために翻訳アプリを使ったりと、ストレスなくネットを使えるのが強みです。持っていると助かる便利なおすすめアイテムです。

クレジットカード

カンボジアはまだまだ発展途上国なので、クレジットカードは使えるの?と思う方もいるかもしれませんが、もちろん使える場所はあります。
観光客が多いホテルやレストランではクレジットカードは利用できますし、ATMも利用できます。

また、クレジットカードをおすすめする理由としては、海外旅行保険が自動付帯になっているカードがあるという理由があります。海外旅行に行く際には、万が一のことを考えて海外旅行保険に加入する方がほとんどですが、その海外旅行保険が付帯になっているクレジットカードがあります。万が一海外旅行保険に加入しそびれても付帯されているカードを持っていれば、何かあった時にも重宝するわけです。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

MileagePlus JCBカード

MileagePlus JCBカードは海外旅行用のカードとして人気が急上昇しているカードです。

  1. 海外旅行保険が自動付帯で最高2000万円とかなり手厚い
  2. 作るだけで1000マイルもらえる 
  3. 買い物時に200円につき0.5マイル貯まる
  4. 20%キャッシュバックキャンペーンを実施

MileagePlus JCBカードはカードの名前の通り、マイルがどんどん貯まっていくカードです。

作った時点で1000マイルもらえて、HPにあるように後は日常利用すれば1年で東京⇔札幌や東京⇔大阪の往復航空券分(往復10,000マイル)と余裕で交換できます

日常利用でも得するように今流行りの20%還元キャンペーンも行っており、メインカードとして利用できる優秀なカードです。

年会費が1250円かかりますが、年会費無料のクレジットカードと比べると海外旅行保険の保証が圧倒的に手厚いところも人気の理由です。

 

まとめ

カンボジアの物価についてご紹介しましたがいかがでしたか?
カンボジアはリエルという通貨があるものの、実際、旅行中に使用するのはUSドルがほとんどです。観光地エリアは観光客価格があるものの、それでもまだまだ日本と比較したら物価は安く感じることでしょう。

いざカンボジアに旅行する時には事前に物価を知っておくと大体の旅行のプランが立てやすくなりますよ!