【カンボジア旅行】SIMカード選択・購入のためのガイド

カンボジア旅行をご計画ですか?素晴らしいビーチ、シーフード、プノンペンの美しい植民地時代の建築、アンコールワットの寺院群…などなど、旅行者にとって、カンボジアの魅力はたくさんありますね。

観光客が地元のSIMを購入することさえできなかったのはそれほど昔のことではありませんが、最近は事情がすっかり変わりました。価格も手ごろで、速度、カバレッジともに求めやすいものとなっています。

カンボジアでSIMが買える4つの主な携帯ネットワーク

過去には、カンボジア国内に9つの異なる企業が通信サービスを提供していましたが、現在では全国に5つの企業が営業しています。 中でも、 Metfone、Smart、Cellcardの三つが主要となっています。

これらの3社のカバレッジレベルは異なりますが、価格は手頃で、地元の人や旅行者に、世界中200を超える目的地にプリペイドSIMカードを提供しています。

主要な観光スポットのみを訪れる場合は、これら3つのプロバイダーのいずれかがあなたのニーズを満たしてくれるでしょう。特にCellcardはお勧めですが、遠隔地に向かう場合は、Metfoneを検討してください。カンボジアには6つのセルネットワークがありますが、いくつかは大都市以外ではかなり制限されているからです。 その点、Metfoneは最高のカバレッジを持っています。

Metfone

instagram-image

nowisdomteeth

Metfoneは、カンボジア最大のネットワークオペレーターで、現在、この会社は全国に、全顧客のおよそ半分を占める、900万のクライアントを持ち、最良のオプションと価格を提供しています。

プリペイドSIMカードは、「ショールーム」と呼ばれるショップで1〜2ドルで購入できます。スターターキットにはEcoTariff、4ever Tariff、MetTravel Tariffがあり、MetTravel Tariffは、観光客向けですが、すべて同じデータパッケージです。 4G / LTEの場合、新しい4G対応のSIMカードが必要です。古い3G SIMカードは、店舗で無料で変更できます。

Metfoneのサイトを訪れる

Smart

instagram-image

kenken8883

全国で800万人の加入者がいるSmartは、2番目に優れた通信会社と考えられています。 Hello AxiataおよびSmart Mobileとも呼ばれます。 このネットワークオペレーターは2Gおよび3Gサービスを提供し、2014年に国内で4G / LTEサービスを開始した最初のサービスです。
スマートSIMカードは、全国の「スマート」ストアで購入できます。

「スーパー60」は1日あたり60国内分を無料で提供し、すべての追加料金には「パワー+」ボーナス、「エクストラロング!」 有効期間は6か月です。 4Gの場合、必ず新しい4G対応SIMカードを入手してください。 データについては、選択するスタータープランは関係ありません。すべて同じパッケージで追加できるためです。

Smartのサイトを訪れる

 

Cellcard

instagram-image

tharit_mocha

Cellcardは、Mobitelとしても知られています。 この会社には現在250万人の顧客がいて、国内で3番目のモバイルネットワークオペレーターと見なされています。

2015年、Cellcardは7つの町で4G / LTEサービスの提供を開始しましたが、ほとんどの農村部には4G / LTEがありません。 一般に、Cellcardはカンボジア周辺でよくカバーされています。

このタイプには、通常のSIMカードと、Cellcardがカンボジアの主要都市を訪れる観光客向けに作成した特別な旅行SIMがあり、優れたカバレッジとインターネット速度を誇っています。

Cellcardのサイトを訪れる

SimOptions

instagram-image

valerietansl

SimOptions WebサイトでSIMカードを購入する場合、SIMを受け取るために配送先住所を提供するだけ。この会社は、最高のモバイルネットワークオペレーターと協力し、世界中の最高の運送会社とも協力しています。

●SIMトラベラー–(19.90ドル)6GB
データ:6 GB
通話:不可
SMS:不可
有効期限:8日

●SIM Traveler X –(22.90ドル)4GB
データ:4 GB
通話:不可
SMS:不可
有効期限:12日

これら2種類のプリペイドSIMカードを使用すると、シェムリアップなどの場所を旅行している間、他の地域で接続したままにできます。

SimOptionsのサイトを訪れる

カンボジアでSIMプリペイドカードを購入する方法

カンボジアでSIMを購入するのは簡単です。 プノンペン空港に到着する場合、手荷物受取所を出ると右側のターミナルにCellcard ブースがあります。店員は英語を話すので、簡単な英語ができれば大丈夫です。

サインが表示されているところなら、小さな店でも購入できますが、各会社の公式店ではより良いサービスが得られます。

カンボジアSIMカードの料金

instagram-image

tatsumi_kick

カンボジアは二重通貨システムを運用していますが、価格はすべて米ドルで見積もられています。カード、データパッケージともにリーズナブルな価格です。

例えば、「iNet」データパッケージでは、250MBで0.50ドル、2ドル7日間/ 1 GB、1か月有効な15GBで20ドルです。 旅行が8日間とすると、1週間のオプション+一日分の0.50ドルで、合計価格はわずか2.50ドルです。

カンボジアでSIMカードを利用する際の注意点

SIMカードは、このように安価でとても便利という利点がありますが、利用の際にはいつかの注意点を押さえておく必要があります。

電話ごとに1つの番号しか取得できない

電話のマルチライン機能を利用することはできません。つまり、新しいデバイスを使用するたびに、そのデバイスのソフトウェアを介してSIMカードを有効にする必要があります。 SIMを引き出して別のデバイスに入れて、すぐに使用できる状態にすることはできません。

これは、例えば携帯電話のバッテリーが不足していて、SIMカードを友人の携帯電話に挿入して利用する時にも同じです。

Simカードが故障する場合がある

SIMカードは携帯本体に挿入したら、たびたび出し入れすることはないのですが、何らかの原因で故障してしまうと、通常、交換には約10ドルかかり、しかも保証の対象外です。

安全上の問題

携帯電話またはSIMカードをロックするのを忘れた場合、GSM携帯電話を持っている人なら誰でも、SIMカードを携帯電話に入れて「電話にすべてコピー」を選択するだけで連絡先を盗むことができてしまいます。もっと厄介なのは、盗まれてもあなたには盗まれたことがわからないという点です。

カンボジア旅行にはSIMの他にポケットWi-Fiのレンタルもオプションに

instagram-image

cyatheknight

ポケットWi-Fiなら、すぐに使える状態でレンタルされ、あらゆるデバイスのスイッチをオンにするだけで接続することができます。携帯のロック、またはロック解除を心配する必要は全くありません。

プロバイダーは、1日あたり最大1GBのデータを提供しています。同じ場所にいれば、1台で複数人が世界中のさまざまな国で使用することができ、みんなで割り勘にすれば、レンタル料もセーブできます。

イモトのWi-Fi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWi-Fiです。

イモトのWi-Fiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

であれば、一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。

まとめ

カンボジアのSIMカードを利用する際は、Cellcardがお勧めです。郊外への旅行もプランしている人は、Metfoneを検討してください。

異国での購入に不安がある人や、携帯のロック/ロック解除の手続きは面倒だという方は、日本でポケットWi-Fiをレンタルすることをお勧めします。