【2018年版】セブ島の季節・シーン別服装|セブ島の服装

●セブ島旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●セブ島旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

セブ島の季節別服装

セブ島の気候


年間に約2百万人の観光客が訪れるセブ島は、フィリピン諸島の中央に位置し、熱帯雨林気候に属します。

日本のように四季はなく、一年は乾季と雨季に分かれていますが、それでもはっきりとした違いはありません。

年間降水量は約1500㎜で、東京都の年間降水量とほぼ同じです。

5月が一年を通して一番暑い月で、平均気温は30度となります。

一番気温が低いと言われる1月でも平均気温は27度まで上がります。

セブ島の気温は一年を通して安定していることが分かります。

太平洋側から吹いてくる風がセブ島の気温をほぼ一定に保つ役割を果たしています。

そのため急に気温が上昇し猛暑になったりすることはありません。

セブ島の湿度を見てみると、雨季でも乾季でも各月の平均湿度は80%前後になります。

雨の日晴れの日に関係なく、多湿で一年中じめじめしたお天気です。

6月から10月が雨季とされ、雨や曇りの日が多く、台風が発生する時期とも言われています。

それに伴い、海岸の波が荒くなることもあります。

ただ雨季と言っても、一日中雨が降ったり、数日降り続いたりするわけではありません。

雨は集中して短時間に降り、そのあとには太陽が顔を出して良いお天気になります。

11月から5月が乾季で、お天気の日が多くなります。

セブ島を観光するならこの時期が最も適してます。

海水温は常に25度以上あり、6月には30度を越えます。

時期を選ばず、一年中海水浴やマリンスポーツが楽しめることがセブ島のホリデーの利点です。


セブ島の雨季の服装(6月~10月)


予告なしにやってくる集中豪雨の対策として、傘、レインポンチョあるいはウインドブレーカーを常に携帯しましょう。

常夏の島セブ島では、通気性のあるコットン、リネン、シルクなどの自然素材でできたカジュアルな服装が適しています。

一年中湿度が高く汗ばむので、体に密着する服装は避けて、軽量で着心地の良いものを選ぶことがコツです。

男性ならTシャツやスポーツシャツにショートパンツやチノパンツを合わせ、女性ならTシャツ、カットソーやブラウスにスカートを合わせれば観光やショッピング用の服装の出来上がりです。

ビーチには水着、水着の上に羽織るシャツやカフタン、サマーハット、ビーチサンダル、サングラスをご用意ください。

また、強い日差しから肌を守るため、日焼け止めを忘れずにご持参ください。

観光の際は、長距離を歩いても疲れない、靴底が薄すぎない、足をしっかりとサポートしてくれる靴を選ぶことが大切な条件です。

冷房の効いているホテル、レストランそしてショッピングモール内は、外気との気温差が大きく、ひんやりとして寒く感じることもあります。


薄いカーデガンや大判スカーフをカバンに入れて持ち歩けば、いざと言う時の冷房対策になります。

セブ島の乾季の服装(11月~5月)


セブ島の乾季の服装は、基本的にセブ島の雨季の服装を参考にしてご用意ください。

キーワードは、「通気性、軽量、ゆったり、自然素材」です。

カジュアルで着やすい服を選ぶことでセブ島の観光やショッピングが快適になります。

12月から2月の夜間の気温は20度を下回ることもあります。


個人差がありますが、肌寒いと感じた時に羽織れるように、薄いカーデガンやパシュミナなど大判スカーフを前もって用意しておくとよいでしょう。



セブ島で注意すべき服装

モスク、修道院、教会や寺院を訪れる際には、肩や足が露出した服装は控えてください。

半袖のブラウスやシャツ、ズボンや丈の長めの丈のスカート等が適しています。

余談ですが、そういった場所での喫煙や飲食も慎みましょう。

水着で過ごす場所はビーチあるいはホテルのプールのみです。

ビーチやホテルのプールへの移動あるいはビーチやホテルのプールからの移動の際は、水着だけで歩かないように注意しましょう。



セブ島の服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

セブ島の季節に応じて服装を調節しましょう。

セブ島で宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

セブ島滞在日数分あることが望ましいです。
セブ島に長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

セブ島の場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

セブ島でマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

セブ島までの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



セブ島に必要な持ち物

クレジットカード

セブ島旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

 

エポスカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

エポスカード補足

エポスカードのポイントがもらえるのは期間限定かつWebからの申し込みのみなので、ポイントがもらえるタイミングで申し込みをおすすめします

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/



海外旅行用最強カード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。