セブ島への留学準備 持ち物リストとして活用しよう

フィリピンの中央にあるセブ島への留学には、どのような持ち物が必要でしょうか。気候は温暖で、常に常夏の状態ですが、夏服だけでいいのでしょうか?

今回はセブ島へ留学するにあたって用意しておきたい持ち物を貴重品とそれ以外に分けてご紹介します。

セブ島への留学 どんな持ち物が必要?

instagram-image

agurikawashima

東南アジアのセブ島は、近くて、学校の留学料金も安いということで昨今とても人気があります。語学留学、ホテルなどの研修のために留学あるいは大学など理由はそれぞれです。

今回は、どんなスタイルの留学なのかは問わずにセブ島へ留学する際に使える持ち物です。ここではまずは留学先で確実に必要な貴重品についてご紹介します。

貴重品

instagram-image

lafabriquecrevon

●パスポート

●留学先の学校の書類

●滞在許可書

●航空券

●クレジットカード

●現金

●海外旅行保険

●筆記用具

貴重品は貴重品をいれるサブのバッグを用意してまとめて入れておくと便利です。荷物をどこかに預けるにしていもメインのバッグとは別に、サブバッグに貴重品をまとめて入れ、肌から離さずに持っておきましょう。

入国する際、出国する際に貴重品をまとめておくと便利です。パスポート、クレジットカード№、航空券、および留学先の学校の名前を書いた書類などは、コピーを取って持っておくと万が一紛失したときに便利です。

セブ島への留学する際に、気を付けないといけないのは、ビザ関連です。パスポートは、「6ヶ月間+滞在予定日数以上の残存期間があるパスポート」が要求されます。

また、見開き2ページ以上のパスポートの未使用査証欄がないと入国ができませんので、気を付けましょう。

クレジットカードには海外で傷病したときの保険が付帯したものがありますので、できるだけそのようなのが付いたカードを作成し持参するようにしましょう。

クレジットカードについている保険は日数が90日の場合が多いので、それ以上留学滞在する場合は、他のものに加入するようにしましょう。

海外でも筆記用具を調達するのは簡単です。しかし、粗悪なものが多く、日本製品が販売されていることもあります。日頃使う筆記用具は、日本で揃えて持っていくと便利です。

セブ島留学にあると便利な持ち物編

近いとはいえ、外国なので日本で暮らすのとは勝手がちがいます。ここでは現地でも調達できないわけでもないけれど、あると便利なものを簡単に項目別にご紹介します。

アメニティ、コスメ

皮膚などが特に強くない人は、セブ島の気候に慣れるまでは、日本の美容用品を持っていくのがいいでしょう。また、セブ島についてすぐに必要となる洗顔用具、生理用品の類も忘れずに持っていくと便利です。

持病を持っている人はもちろん、そうでなくても飲みなれている薬は安心です。気候の変化に弱く、頭痛をひきおこしてしまうなどもあります。とっさの時に、飲みなれた日本の薬があると安心感もありますし、とても便利です。

電化製品

●変換プラグ、変圧器

●防水カメラ

●Simフリー携帯

電化製品は、なくても困らない類になるでしょう。現地ですでに留学生がいるからと用意されている場合もあります。カメラは防水にできるカバーが販売されています。

セブ島では、勉強に合間に海に行って遊ぶことが多いでしょう。そんな時に防水や水中の内を撮影することができるカメラがあると便利です。

シムフリーの携帯がある人は、それを持っていくと現地でシムを購入して利用できます。また、シムがなくても寮、滞在先の家庭でWifiが使えることがあります。スマートフォンがあるとインターネットが気軽に使えるので、電子辞書の類を別途持つ必要がなく便利です。

衣類

●水着

●サンダル

現地でも購入はできますが、日本から購入して持って行っても、荷物になるわけではありません。セブ島は、海に囲まれた暑い国です。そのため、留学先で滞在するアパートや、寮などによっては滞在者が利用できるプールが付いている可能性は大きく、暇な時間にいつでも水着に着替えて泳ぐことができます。

もちろん近隣のビーチに行くにしても水着があると便利でしょう。

暑い国ですので、スニーカーだけでなく、サンダル、ビーチサンダルがあるととても便利です。

食事

●日本食やお菓子

アジア圏なので、食事は日本食に近いものがあり、食べやすいのであまり困ることはないでしょう。それでもやはり日本食が懐かしく感じることはあるでしょう。現地のアジアショップなどで日本食を購入すると大変高くつきます。

日持ちがするインスタントやレトルトなら、持参しても邪魔にならないでしょう。気軽にぱっと食べることができとても便利です。

まとめ

instagram-image

popura782

安近短と呼ばれて、バブル時代にも人気があった東南アジア諸国ですが、最近は学費が安いということでも見直されています。

治安が悪い面もささやかれるセブ島ですが、リゾート地として発展しているあたりは、治安もよくセキュリティもしっかりです。

ぜひ、今回紹介した持ち物をリスト化してセブ島留学にむけてしっかりと準備をしましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/