セブ旅行に行くなら5月をおすすめする5つの理由【2019年版】

成田・羽田・関空・中部セントレアから直行便も就航しており、約5時間ちょっとで行けるのフィリピンのセブ島はまさにおすすめのリゾート地。

近年、LCC(格安航空会社)が多く就航したことから日本人観光客が手ごろな旅費で行けると人気の海外旅行先としてメディアで多く取り上げられています。

日本との時差も1時間なので小さなお子さん連れのファミリーやあまり海外旅行が慣れていない方にも無理なくおすすめできるといえます。

最近注目のフィリピンのセブ島ですが、旅行するなら時期はいつがベストシーズンなのか分からないという方も多いのでは?

そこで今回はセブ島旅行おすすめの時期やおすすめ観光スポット、まだまだ知られていない穴場のビーチなどご紹介します。

セブ旅行ベストシーズンは?

 

セブ島は一年中温暖な常夏の島です。

気候は「熱帯モンスーン気候」に属しているので、一年を通して約26~30度前後と薄着で過ごせます。

年中高温多湿なので、風通しの良い服装が好ましいです。

またホテルやショッピングセンターなどではエアコンがかなり強いので、薄手のは織物があると便利です。

セブ島は雨季と乾季に分かれており、ベストシーズンは乾季といわれています。乾季は12月から5月、雨季6月から11月です。

しかしフィリピンの他の島々に比べてセブの雨季はそれほど一日を通して雨続きということもなく、一時的なスコールがあったとしてもすぐにカラッと晴れるのでそれほど神経質にならなくても大丈夫といわれています。

しかし、雨季の9月から11月は海が乾期の時よりも若干濁り、南の島特有の台風発生などの影響はあります。

特に6月から10月辺りは台風に注意が必要な時期ですので旅行を計画した場合は天気予報やフライトのスケジュールをチェックしましょう。

天候を気にせずにビーチでたっぷり満喫されたい方はベストシーズンの12月から5月がおすすめです。

特に2月下旬から5月はほとんど天気が崩れず、毎日晴天続きになり、気温も26度から30度前後と非常に過ごしやすく、海も大変穏やかです。

雑誌やメディアで取り上げられるような美しい蒼い海に白い砂浜を見ることができます。

セブ旅行の旅行費用はどのくらい

セブ島への旅費はハワイやグアム、サイパンに比べると安いといわれています。

乾季のベストシーズンの旅費でも8万円から10万円ほど。

日本からセブへの渡航は以前はフィリピン航空が主でしたが、最近はLCC格安航空会社のバニラエアやセブパシフィック航空も就航したことで今まで以上に安い旅費で済むようになりました。

LCCではバーゲン価格を度々行い、1万円以内のフライト代金の時もあります。

また日本から韓国の仁川空港を経由してセブへ向かう便を利用しても比較的安価に済むと人気があります。

セブのマクタン島はリゾート開発が盛んで、ラグジュアリーホテルが多く点在しています。

それぞれのホテルも趣向を凝らし、プライベートビーチを所有しているホテルやファミリー向けのキッズクラブが充実しているホテルなど様々です。

セブ島はダイビングなどを楽しむ旅行者も多く、ゲストハウスや格安で宿泊できるホテル、アパートメントタイプのホテルなどを選べば、1泊の宿泊料金も3000円ほどに抑えることもできます。

滞在スタイルも色々選べるのもセブの楽しみ方の一つですね。

セブ旅行おすすめ理由①インスタ映えすること間違いなしのビーチ

・マクタンニュービーチ

 

View this post on Instagram

 

Junさん(@junty0218)がシェアした投稿

マクタンニュービーチは、マクタンニュータウンから徒歩10分で到着できます。

コテージも利用でき、ビーチ沿いにはパラソル付きのテーブルもあります。

カフェバーや飲食ブースもありますので、ローカルと一緒に一日中透明度の高い海で遊べること間違いなしです。

ビーチアクティビティは観光客に人気のジェットスキーやパラセイリングがなどバナナボートとは15分300ペソで格安です。

またなビーチそばではバギーや乗馬も有料で楽しめます。

ここではバードマンもいますので安心して海水浴が楽しめますね。

ここはローカルにも人気のビーチで周辺にはスターバックスやマクドナルド、セブンイレブンもありますのであらかじめ購入してからビーチに行くのもおすすめです。

飲料食べ物は持ち込み料金が掛かるので注意が必要です。

モアルボアルのホワイトビーチ

セブ島西部のリゾートエリアに位置するモアルボアルは素朴でのんびりとした雰囲気のビーチです。

セブ市内からバスで片道3時間で到着できるのでアクセスの良さから人気があります。

またセブ島内には美しいビーチが多くある中、モアルボアルのには2つのビーチがあり、ホワイトビーチは海水浴メインのビーチ、パナグサマビーチはボートで30分で行けるダイビングも楽しめるビーチで年々日本人ダイバーが増加傾向にあります。

ホワイトビーチはローカルの若者やファミリーに人気があり、パナグサマビーチは周辺のゲストハウスに宿泊する欧米のダイバーが多く訪れています。

どちらもビーチも透明度が高く美しいことから多くのメディアや雑誌に取り上げられている有名なビーチです。

ナルスアン島のビーチ

ナルスアン島は無人島でマクタン島から船で片道45分で到着します。

非日常を味わうことができると人気の高いリゾートアイランドです。

長い桟橋があり、アイランドホッピングの島々の中でも豊かな自然と透明度の高い目の前に広がる青い海は見ているだけで心を穏やかに癒してくれます。

ナルスアン島はコンパクトな島なので島内は30分程で一周できてしまいます。

無人島ですが、レストランやカフェもあり、ハンモックやビーチチェアも用意されているのでリゾート感を味わいながら食事もでき一日ゆったりと楽しめると好評です。

セブ旅行おすすめ理由②極上スパで美を追求

インペリアル スパ

 

View this post on Instagram

 

セブ留学アカデミー(AnotherStory,Inc.)さん(@cebu55)がシェアした投稿

インペリアルスパは、セブで人気のスパです。

サッロサホテルの前にあるスパなのでタクシーでもアクセスしやすいです。

店内もおしゃれで清潔でスタッフもとても丁寧に接客してくれると評判で、マッサージメニューも日本語で表記されているので言葉が心配な方にも安心です。

 

このお店では1時間450ペソでアロマセラピーマッサージを受けることができるのですが、日本円でなんと1000円ほどと非常に安いですが、質が高いと評判です。

カップルで施術可能なメニューもありますよ。

ミンタイスパ

 

View this post on Instagram

 

FOLLETTAさん(@folletta_japan)がシェアした投稿

こちらのスパはアジアンリゾートテイストの内装がオシャレで、著名人も来店していることで知られる人気スパです。

このスパも日本語メニューがありますので、日本人観光客にも人気です。

スウェーデン式オイルマッサージはココナッツオイルを使ったマッサージが一番人気で1時間330ぺソと1000円以内で非常にリーズナブルです。

 

施術後はドリンクサービスもあり至れり尽くせりです。

セブ旅行おすすめ理由③ローカルにも人気のマンゴースウィーツ 

ローカルにも大人気 「アイスキャッスル」

アイスキャッスルは、セブ市内の大型ショッピングモールアヤラモール内にあるスウィーツを豊富に提供するお店です。

軽めの軽食もいくつか取り揃えており、ショッピングモールでのお買い物に疲れた時にもおすすめ。

こちらのお店ではフィリピンの名物スウィーツ、ハロハロ(パフェのようなデザート)をはじめ、アイスクリームやバナナスプリットなどのかき氷がおいしいとセブのローカルの若者にも人気です。

マンゴーのアイスクリームが濃厚でおいしいと評判です。

その名も「マンゴーファーム」

マンゴーファームは2015年にオープンしたSMシーサイドモール内にあるデザート専門店です。

大きな可愛いマンゴーが目印のお店ですが、こちらのマンゴーシェイクはとてもユニークで絶品と評判。

店頭に写真付きのメニューがあるので言葉に不安のある方もイメージしやすく、指差しで注文できるので安心ですね。

どのメニューもマンゴーシェイクがベースになっており、その中にサゴと呼ばれている寒天やピーチ、白玉やゴロっと入ったマンゴーの果肉などが入っています。

Sサイズで49ペソと日本円で117円ほどとリーズナブルです。

たっぷりのマンゴーかき氷 「Snow shack」

Snow shackはセブ島で有名な老舗コリアンスタイルのかき氷店。

こちらの看板メニューがゴロゴロと盛りだくさんのセブ名産のマンゴーを堪能できるマンゴーかき氷です。

かき氷の氷はふわふわで、マンゴーは口の中にトロリと広がる濃厚な甘さがクセになると観光客にも大人気。

またこちらのかき氷は、複数でシェアして食べられるほどの量の多さに驚きです。

セブ旅行おすすめ理由④リーズナブルでおしゃれなショッピングを楽しもう

・アヤラモール

アヤラモールはセブ島内で巨大高級ショッピングモールとして知られています。

広大なモールには日本でも人気のH&MやVANなどのアパレルショップがあります。

自分へのご褒美探しに行ってみるのもいいですね。

・SMシーサイドシティモール

 

2015年にオープンしたセブ島内でもっとも大きいショッピングモールです。

このショッピングモールは海岸沿いにあり、オシャレなレストランやカフェも多く、セブ島にはここにしかないスケートリンクの他映画館、日本でも人気のキッザニアやプレイグランドにウォーターエリアもありファミリー層にも大人気のモールです。

・ガイサノグランドモール

ガイサノグランドモールはローカルが立ち寄るショッピングモールとして知られており、価格も安く、日用品、コスメなどとにかく取り揃えてある品数が多く、何でも手に入るとあり地元の住民や観光客にも人気です。

ばらまきに便利のお土産がリーズナブルに購入できます。

このモールはマクタン島の住民に愛されているファーストフード店ジョリビーもありますのでおすすめです。

・マリーナモール

このモールは小型ですが、スーパーマーケットやセブ島のお土産物も購入することができおすすめです。

ローカル価格で食事ができるレストランもあり、気軽に立ち寄れるので観光客にも人気です。

セブ旅行おすすめ理由⑤ビーチだけじゃないセブの熱い注目スポット

・オスロブでジンベイザメと泳ぐ

 

View this post on Instagram

 

miyuki.Hさん(@tracks.jp)がシェアした投稿

セブ島へ訪れる観光客に人気NO.1がこのジンベイザメに会えるツアーです。

オスロブは小さな漁村でセブ中心部から車で約5時間に位置します。

ジンベイザメといえば大きな体ととても賢く大人しい性格のつぶらな目が特徴的なサメです。

他のサメとは違い、こちらからいたずらをしたりしなければ穏やかに一緒に泳ぎながら写真撮影をすることができるのです。

ジンベイザメとの遭遇率はなんと100%です。

全長20m越えの巨大なジンベイザメと水中撮影はここでしかできない貴重な体験です。

・神秘的なカワサン滝でアクティブに

 

View this post on Instagram

 

Mai oshiroさん(@miley_osr)がシェアした投稿

カワサン滝は、セブ島南西部の位置する島内最大の滝壺で観光客に大人気の観光地です。

セブ島といえばビーチのイメージが強いですが、このカワサン滝のエメラルドグリーンの透明度と緑の深さのコントラストがより神秘的な輝きを放っていると話題のスポットです。

このスポットではマリンアクティビティとはまた違う迫力満点のアクティビティを楽しむことができます。

バンブーボートに乗り、滝をくぐったり、滝壺へのダイブなどなかなか日本では味わうことのできない体験ができますよ。

・足少し伸ばして「ホボール島」へ

 

View this post on Instagram

 

edelweissさん(@edelweiss128)がシェアした投稿

ホボール島はセブ島から船で2時時間のところに位置する離島です。

この島には世界一小さなメガネザル、ターシャが生息しており間近で見られると観光客に大人気の島です。

ターシャは手のひらサイズの小さなメガネザル。

大きな丸い瞳ととても恥ずかしがり屋で枝にしがみつく小さな手足がたまらなく愛らしいです。

ターシャはホボール島でしか見ることができません。

ターシャ園には生で見られるターシャの他、ここでしか購入することができないターシャのぬいぐるみはお土産にもおすすめです。

ターシャはとてもストレスに弱い繊細な動物なので、カメラのフラッシュやシャッター音には敏感ですので十分注意しましょう。

他にも自然がいっぱいの可愛らしい形の丘「チョコレートヒルズ」などセブ島とはまた違った魅力のあるホボール島に足を延ばすのもおすすめです。

セブ旅行はアクティブに楽しめてリーズナブルにおしゃれも楽しめるアイランド

セブ島は小さなフィリピンの島というイメージがあるかもしれませんが、楽しみ方が無限大に広がるアジアンリゾートで

ハワイのような華やかさはないものの、親しみやすいフィリピンの人々の温かい笑顔とどこまでも続く青い海に癒される旅は日頃の疲れをいやしてくれます。

日本では高額なエステも物価の安いセブでは受け放題、毎日スパに行けちゃいます。

深夜便も日本から利用できる今仕事帰りにセブ旅行へ行ける手軽さもおすすめですね。