グアム旅行にビザは必要か?免除プログラムの申請方法とビザの申請方法

日本人の観光客に手軽に行けると人気の高いグアムですが、グアム旅行をするときにビザは必要なのでしょうか。グアムに行ったことのある方は気にもかけないでしょうが、初めてグアムに行くときはいろんなことが心配になりますね。

グアム旅行のビザの必要性の有無や、入出国に関するその他の必要な手続きについて、詳しくご紹介します。

グアムにはビザ免除プログラムがある

instagram-image

kazu.kobayashi

まずグアム旅行の際にビザが必要かご説明します。グアムはアメリカの準州です。観光や商用の目的での入国であれば、90日以内の短期滞在のときは、ビザが免除になるプログラムが適用されます

アメリカには「米国ビザ免除プログラム(VWP)」と「グアム・北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラム(Guam-CNMI VWP)」があります。
このビザ免除プログラムの適用を受けることができるのは、以下の条件を満たす場合に限られます。

米国ビザ免除プログラム:下記の条件をすべて満たしていること
・日本国籍保有
・有効なICチップ搭載のパスポートを保有
・往復又はグアムから第三国への航空券か乗船券を所持
・観光・短期商用目的か通過目的
・最長90日間までの滞在

要点を詳しく見ていきましょう。

1. パスポートと航空券所持

ビザ免除プログラムの適用を受けるためには、ICチップが搭載された有効なパスポートを提示する必要があります。また、グアムから出国できる航空券を所持しているなどの条件を満たす必要があります。
免除プログラムの申請はとても簡単ですので、パスポートがない方・旧型のパスポートをお持ちの方はICチップ搭載のパスポートと交換するなど、事前に準備することをおすすめします。

2. 滞在期間が90日以内

グアム国内の滞在日数が90日以内のときは、米国ビザ免除プログラム(VWP)が適用されます。ESTA(エスタ)と呼ばれる電子渡航認証システムで入国審査を行います。航空機搭乗前にオンラインで渡航認証ができますので大変便利です。

ESTAを利用される方は、入国審査時の書類記載などの手間は一切必要ありません。アメリカに渡航歴がある人なら、空港内のAPC(自動入国審査端末)でパスポートチェックも自分でできます。ESTA登録は自分で簡単にできますが、旅行代理店社などに頼むこともできます。

3. 滞在期間が45日以内

グアム滞在期間が45日以内のときは、グアム・北マリアナ諸島連邦ビザ免除プログラムの適用対象になります。この場合は、グアムへの入国時にI-736の書類に記載して提出する必要があります。書類はグアム行きの飛行機内でもらえます。

渡航前にオンライン(英語)でI-736を登録し印刷したものにサインして提出することもできます。ただし、登録したものの印刷は、出発の7日前〜出発日までの間にしなければなりません。それ以前に印刷した書類は無効となりますので、注意が必要です。

ESTAを取得していれば45日以内の滞在の場合ももちろん入国可能です。ですから、グアムだけでなくハワイやアメリカ本土へも頻繁に行く方にはESTAの取得がおすすめです。

グアム旅行にビザが必要な場合

instagram-image

fukulaw_immigrationlaw_office

グアム旅行の際にビザが必要な場合があります。グアムでの滞在日数が91日以上の場合です。また観光や短期の商用目的以外での入国であれば、90日以内の滞在でもビザが必要になります。渡航前にアメリカ大使館でビザの申請が必要です。アメリカのビザの取得方法を具体的に見ておきましょう。

1.ビザの種類の選択

非移民ビザの情報を読み、取得するビザの種類を決定します。ビザの種類ごとに申請条件や必要書類が違います。説明を読んで自分の条件に該当するビザの種類を選択します。

2.ビザ申請書の記載

次はDS-160ビザ申請書を完成します。ガイドラインを読んで、全問に答えを書きます。DS-160申請書は、オンラインで提出できます。DS-160確認ページの10桁のバーコード番号は面接の予約に必要です。
オンライン申請書を印刷して他の書類と共に面接日に大使館・領事館へ持参するか、郵送します。

3.ビザ申請料金の支払い

ビザの種類を確認し、ビザ申請書を完成できたら、ビザ申請料金を支払います。面接の予約のために12桁の受付番号が必要ですのでメモしておきましょう。米国ビザを初めて申請する場合は、プロファイルを作成します。

4.郵送先の確認

申請料金支払いで登録したユーザー情報でプロファイルにログインしシステムにアクセスすると、自分のダッシュボードが表示されます。郵送先を確認します。

5.面接

米国大使館か領事館で面接を受けます。面接の予約をするを参照して、必要書類を確認しておき、面接当日に持参します。

6.ビザ発給

ビザが発給されると面接予約時に指定した書類送付先住所あてにビザが届けられます。

まとめ

グアムへの入国にビザが必要か、ビザなし入国できるESTAなどの情報を見てきました。グアム旅行と言っても目的や滞在期間により必要な書類手続きは異なります。短期の観光目的であれば、文中でも触れましたがESTAが便利です。出入国の煩わしさを軽減して旅を楽しみましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー