イタリアで得をする
クレジットカードの使い方3選

イタリアのクレジットカード事情

イタリアではショップやレストラン,ホテルなど、ほとんどの場所でクレジットカードが利用できます。どこでも利用可能なブランドはVISAですが、MASTERでも意外と大丈夫です。最近は、観光客の多い都市部ならJCBやアメリカンエクスプレスのクレジットカードも利用できます。 イタリアのクレジットカード普及率は30%~40%位で日本より少ないのが特徴。それでもクレジットカードがおススメな理由をご紹介します。 例えば旅行に行くのに日本から現金しか持っていかないとします。足りなくなるかもと心配している旅行では気が気ではなく、楽しくなくなってしまいます。それならクレジットカードを用意して、なるべくクレジットカードで会計をすました方がいい方法です。それでも現金がないと不安な方や、もし急な入用で現金を用意しなければならない場合は、ATMが数多くあちこちに設置してあるので、そのATMを利用すると便利です。持っているクレジットカードでのユーロの現金が調達できたりもします。 さらにできれば二枚は用意しておきたいというところです。二枚あれば、向こうで機会に飲み込まれたり、盗難などにあい、一枚のクレジットカードを止めてしまってももう一枚で対応ができます。二枚持つことで、一枚に何か起きたとしてももう一枚で最低限の旅行の続きが楽しめるので、絶対おススメです。

  

クレジットカードの手数料の方が外貨両替手数料より圧倒的に安い

海外旅行に行く際に日本円を現地通貨に両替すると思いますが、両替の際に思った以上に手数料をとられています。 メジャーな通貨だと手数料3%,マイナー通貨だと手数料10%とられることもあります。 10%も手数料を取られているとかなりの金額になります。そんな高額な両替手数料に対して、クレジットカードを使用した場合は手数料がたったの1.63%しかかかりません。 一括払いにしておけば金利などその他の費用は一切かかりません。 海外旅行に行く際はできる限りクレジットカードで支払いをするのがお得に買い物をするコツです。

  

クレジットカードには海外旅行保険が付帯している

海外でなんらかの治療を受ける際保険が適応されないので100万円単位で治療費を請求されるので、万が一のときにそなえて海外旅行保険に加入することはは海外旅行に行く際必須です。 しかし、この海外旅行保険の金額が意外と高いです。日数や渡航先にもよります3000円から1万円程度はかかります。あまり知られていないことですが、クレジットカードに海外旅行保険が含まれているものがあります。 海外旅行保険付きクレジットカードを持っていれば別途海外旅行保険に加入する必要がなくなります。 クレジットカードの年会費の方が海外旅行保険の料金より安いです。

 

クレジットカードでキャッシングできる

旅行中クレジットカードで支払いできず、現金が必要な場面もでてきます(屋台など)。 また、日本から持ってきた現金が少なくて買いたいものを買えないということもよくあります。 そういったときもクレジットカードが役に立ちます。 海外のATMにクレジットカードを入れるだけで簡単に現地通貨をキャッシングすることができます。 この機能は知らない人が多いです。キャッシングと聞くと悪いイメージを持ちがちですが、翌月に 一括払いすれば結局両替手数料(3~10%)よりやすくなります。 キャッシングをどんどんしたほうがいいというわけではなく、もし現金が足りなくなったときの保険として クレジットカードを持っていくことをおすすめします。

  

海外旅行に便利なクレジットカードの選び方

クレジットカード選びでみるべきポイントは3点。

まず1点目は、海外旅行保険が自動付帯かどうか。 クレジットカードの海外旅行保険は自動付帯と利用付帯の2パターンあります。利用付帯は旅行にかかる費用を そのクレジットカードで払わなければいけない等条件がいろいろあります。自動付帯はそういった条件なしで海外旅行保険がついています。 クレジットカードに詳しい人でなければ自動付帯のものにしておいたほうがよいでしょう。

2点目は還元率。海外旅行飛行機代などはたくさん出費しますので還元率が1%違うだけでも結構な金額差になります。 日本に帰ってきてからも使用することを考えると還元率が高いクレジットカードを選びましょう。

3点目は海外旅行保険の補償金額。

これらの3つの観点から、クレジットカードを選びましょう。

  
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com