タイを旅行する場合の旅費はいくら?航空費や宿泊費など詳しくご紹介!

タイには世界遺産に登録されているアユタヤやバーンチエン遺跡のような観光名所がたくさんあり、物価も安いため日本から毎年多くの人が旅行に訪れます。親日国としても知られているため人気の旅行先ですが旅費はどれくらいかかるのでしょうか。タイに行く場合の一般的な旅費についてご紹介します。

タイの旅費の相場はいくら?

instagram-image

abe__hiroyuki

旅費は滞在する日数によって金額が異なります。しかしどの国を訪れるとしても旅費のうち大部分を占めるのは宿泊費と航空費なので、旅行代を安く済ませたいのならこの2つの金額を下げるしかありません。タイを訪れる場合のそれぞれの相場を見ていきましょう。

タイへの旅費:航空費

日本からタイの首都バンコクまでは直行便が出ていて、フライト時間は7時間ほどです。どの航空会社を使うかによって航空費は変わるため日本の航空会社・タイの航空会社・LCCの一般的な値段をご紹介します。

・日本の航空会社:約7万円
・タイの航空会社:約6万円
・LCC:約3万円

日本の航空会社はサービスが良いため値段は高くなります。LCCはチケット代は安いですがトラブルが起きる可能性がゼロではなく、快適なフライトを過ごせるかは保証できません。ただし安く済ませたいのであればLCCが圧倒的におすすめです。時期によっては割引を行っていて往復1万円で行けることもあります。

サービスや信頼を優先するのなら日本かタイの航空会社を利用した方が良いでしょう。大手の航空会社でも早めに予約をすれば割引されることがあるため確認が必要です。

タイへの旅費:宿泊費

宿泊費はどれくらいのランクのホテルに滞在するかで変わります。一般的なホテルは一泊1万円以下ですがホテルのランクが上がったり立地の良い場所だったりすると3万円ほどまで金額は跳ね上がるのです。寝られるベッドがあるだけで良ければ格安のホテルが良いですし、広い部屋でゆっくり過ごしたいのなら値段の張るホテルの方がおすすめになります。

ホテルを選ぶ基準は人それぞれなので予算に応じて宿泊する場所を決めましょう。最近ではゲストハウスの数が増えているため、宿泊費を抑えたい人はゲストハウスが最適といえます。格安ホテルよりさらに安く、1000円ほどで宿泊できます。

ただし不特定多数の人が出入りするため盗難の被害に遭う可能性がないとは言えません。安さは大きな魅力ですが自分の持ち物についてはしっかり管理する必要があります。

タイは物価が安いので旅費は安く済ませられる

instagram-image

casi_no_kk

タイを旅行する場合、旅費のほとんどは航空費と宿泊費で食費やお土産代はあまりかかりません。理由はタイの物価が安いからです。例えば観光客が行くような飲食店では一食500円ほどかければ満足のいく食事ができます。

屋台を利用すればもっと安く食事ができるので食費はあまりかからないですが、現地の人が行くようなお店では日本語や英語が通じないこともあるので注意が必要です。観光客が訪れるようなお店の方が注文などには困りません。

お土産代は何を選ぶかにもよりますがタイビールは約120円、Tシャツは約400円なので日本でお土産を買う場合の半分以下の金額で十分事足りるでしょう。

タイへの旅費を一番安く設定した場合の金額

instagram-image

painallier

一番安く見積もった場合にタイへの旅費はいくらかかるのか計算してみましょう。滞在するのは2泊4日として計算してみます。

・航空費:LCCを利用して往復30000円
・宿泊費:ゲストハウスを利用して2日分2000円
・食費:1食500円を6食分で3000円
・お土産代:400円のTシャツを5人分で2000円

航空費、宿泊費、食費、お土産代だけを計上すると合計は37000円となります。しかし実際には他にも交通費や飲み物代などさまざまな雑費が必要なため37000円より支払う額は増えるでしょう。正確にいくらかかるのかは実際に旅行してみないとわかりません。

タイの旅費を見積もるのは難しい

2泊4日をした場合の例えをご紹介しましたがあくまでも例であり、見積もり通りにいくことはありません。有名なレストランで食事をすれば食費は高くなりますし、お土産をたくさん購入すればお土産代は増えます。旅費を正確に見積もるのは難しいので、クレジットカードの利用をおすすめします。

タイは観光客が訪れるような場所ではクレジットカードを使える場合がほとんどです。特にホテルやデパートでは各クレジットカードに対応しているので買い物の際に困ることはないでしょう。カードをうまく利用して見積もり不要の旅行を楽しんでください。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


まとめ

旅費は航空費と宿泊費が多くを占めるため、旅行にお金をかけたくなければこの2つを節約することが重要になります。タイ国内では物価が安いので現地でお金をたくさん使うことは少なくて済みます。せっかくの旅行ですから我慢をせず有意義な時間を過ごしましょう。旅費の見積もりは難しいのでクレジットカードを上手に活用することが大切です。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー