【2018年版】シンガポールの季節・シーン別服装|シンガポールの服装

●シンガポール旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●シンガポール旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

シンガポールの季節別服装

シンガポールの気候


赤道直下のシンガポールは日本とは違って四季が存在しない常夏の国で、熱帯性モンスーン気候に属します。年間の平均気温は27℃前後で、一年を通じて気温の変化が少なく高温多湿です。


シンガポールの建国の父で没後も国民的英雄と親しまれている初代首相のリー・クアンユーの緑化政策により、英語ではガーデンシティと称賛されています。中国語では「花園城市」と言い、人口の約4分の3を華人が占めるシンガポールは同胞の誇りとして、中国人にとって人気の観光地のひとつでもあります。


11月~2月が雨季でスコールに見舞われることも多く、3月~10月が乾季となりますが街の中心部には大型のショップングモールがあるので、冷房が効いている環境の中で過ごせます。

緑化政策による街路樹の木陰では暑さを凌ぐことができるので、日中が30℃を超える日でも気温ほど暑さを感じません。


夜間も気温がそれほど下がらないので、長袖を用意する必要なないですが、寒さが苦手な人は雨の日や高級ホテルなどでは上に羽織るものがあると安心です。


シンガポールの乾季の服装(3月~10月)


シンガポールの乾季は雨が少なくなりますが、突然スコールに見舞われることもありますので、油断大敵です。雨季に比べると湿気が少なくて幾分過ごしやすいものの日差しが強く、日中は気温も高くなるので紫外線対策や水分補給が必要です。


観光に最適なのが乾季で、シンガポールはどの時期も夏服で構いません。暑さや日焼け対策としては、シンガポールの高島屋や伊勢丹といった日系百貨店だけではなく一般的な薬局でもグッズを購入できます。


商品も日本と比べて価格が高い場合が多く、少量であれば空港で要確認ですが国際線の機内にたいてい持ち込めます。日焼け止めクリームなど普段愛用しているものがあれば、日本出発前に荷物に入れておくとよいでしょう。


熱さまシートはシンガポールでも売っていますが、使用するほど酷暑の日が少ないと言えます。暑さが苦手な人にはもちろん効果的で、頭痛対策にも良いのでビジネス出張に需要があるかもしれません。


シンガポールの雨季の服装(11月~2月)


シンガポールの雨季は常夏の国シンガポールに、ぴったりのスコールが起ります。日本の雨と違って豪快に降ったあとは、晴れ間が見えて働き者が多いシンガポーリアンは何もなかったような感じで仕事に精を出しています。


スコールは南国特有の風物詩なので、観光で雨が激しい時間帯はショッピングや世界各国の料理が集まるシンガポールのグルメを楽しみましょう。


一年を通じて温暖な熱帯モンスーン気候でありながらも、雨季は気温が少し下がりますが蒸し暑く感じます。ビジネスでは地下鉄やタクシーの移動で雨を避け、スコールはそれほど長い時間帯で続くわけではないので食事やお茶の時間をゆっくりかけても悪くはないです。


スケジュールがタイトで時間が限られているツアーではレインコートを準備しておくと便利で、雨で服が濡れて着替えが少ない場合でも現地調達が気軽にできます。


シンガポールは世界有数の貿易港があり、華僑や印僑の物流ネットワークが発達していて、先進国で物価が高いわりに服はリーズナブルな価格で購入できます。


シンガポールの秋の服装(9月,10月,11月)


9月に入ると次第に気温が下がりはじめて肌寒さを感じ、街中も里山も秋めいてきます。

セーターも夏用では厳しくなるので、冬に近付くほど厚手のものが必要となってきます。

11月にはコートに加え、手袋やマフラーといった防寒対策をした方が良いです。

秋は日本と同じ行楽シーズンで、フットパスと言われる小径歩きをしながら行った先の素敵を見つけるのもよいでしょう。


おすすめのシンガポールで最も美しい村と言われるアデアは茅葺き屋根の可愛い家々が並んでいて、レストランやホテル、リーズナブルな料金で宿泊できるホテルがあります。

アクセスは首都ダブリンから電車やバスでリムリック市内まで2時間30分~3時間30分、リムリックでバスに乗り換えてアデアまで約20分です。


シンガポールの冬の服装(12月,1月,2月)


日本の東京より冬の冷え込みは厳しくないといわれているものの最も寒い1月~2月は、0℃を下回ることもあります。

セーターにニットキャップやマフラー、手袋といった完全フル装備でコートも厚手のものを準備しておいてください。

特に寒さに関しての免疫が欧米人と比べると日本人の方がないので、出発前に厚手の肌着や靴下を用意しておくと助かります。


また、シンガポールと言えばダッフルコートなので、日本でお気に入りのものがあればダブリンの街中でお洒落を楽しめます。現地で可愛いものあれば購入してみるのもよく、ショッピングもワクワクします。



シンガポールで注意すべき服装

シンガポールと言えばかつてはオーチャードが有名でしたが、今ではマリーナベイサンズが存在感を増しています。ラスベガスのカジノ運営会社が手掛けていて、屋上には世界一高いプールがあることは日本の各メデイアでも大きく取上げられました。


マリーナベイサンズのカジノや高級レストランでも、タンクトップにショートパンツ、ビーチサンダルでなければたいてい入店できます。ただ、イギリスの統治下だった影響があって格式が高く伝統的なホテルではドレスコードが存在する場合があるので、気になる人は事前に確認をしてみましょう。


イスラム教寺院は、肌の露出が高い服装は基本的にNGで、観光の際にはレンタルはあるものの不足していることも考えられるので、気になる人は上に羽織るものを用意しましょう。



シンガポールの服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

シンガポールの季節に応じて服装を調節しましょう。

シンガポールで宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

シンガポール滞在日数分あることが望ましいです。
シンガポールに長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

シンガポールの場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

シンガポールでマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

シンガポールまでの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



シンガポールに必要な持ち物

クレジットカード

シンガポール旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

 

エポスカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/



海外旅行用最強カード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。