【2018年版】ノルウェーの季節・シーン別服装|ノルウェーの服装

●ノルウェー旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●ノルウェー旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

ノルウェーの季節別服装

ノルウェーの気候


ノルウェーは同じ北欧のスウェーデンのように高緯度に位置していますが、暖流のメキシコ湾流の影響により、北極圏を除いた地域ではイメージよりも温暖な気候です。


ノルウェーは日本と同じように四季は明確に分かれていますが、年間を通じて湿度が低くて梅雨というものが存在しません。


旅行のベストシーズンは夏季の6~8月で、7月からが特におすすめと言われています。

この時期は最高気温が30℃前後にある日も珍しくありませんが、日本と違って湿度が低いので爽やかな夏の時間を過ごせるでしょう。


ノルウェーの春の服装(3月,4月,5月)


3月の終わり頃から次第に春の訪れを感じるものの、まだまだ肌寒く感じ天気も安定しません。

また、4月からノルウェーは春という認識のようでも、日本の冬のイメージの服装で出かける方が望ましいです。


首都オスロの5月の平均気温が10℃で、6月になるまで寒い日が続きますので、コートやセーターを用意し、しっかり寒さに備えてください。


ノルウェーの夏の服装(6月,7月,8月)


5月からだんだんと日も長くなり、6月~8月には一度は体験してみたい人が多いといわれる百夜の季節到来です。


オスロの7月の平均最高気温は21.5℃で、日中は半袖のシャツやブラウスで過ごすことができます。

最低気温は日中より10℃近く下がりますので、セーターが必要となり、日本の夏の感覚とは全く異なります。

8月半ば過ぎのノルウェーは涼しいどころか風が冷たく感じますが、季節的には観光で最もいい時期が夏と言えます。


ノルウェーの秋の服装(9月,10月,11月)


9月ぐらいから紅葉が各地ではじまり写真撮影が楽しみで、10月末には雪を観測しますので、2ヶ月ちょっと日本より季節が早く進んでいる感覚です。

実際オスロの9月の時期の平均気温が約9℃、10月には5℃前後なので、寒さ対策が必要となります。


ノルウェーの秋は春と同じく気温の変化が激しいこともあって、体温調整ができるセーターやシャツを準備してください。


ノルウェーの冬の服装(12月,1月,2月)


ノルウェーは12月から本格的に寒くなり曇りの日も多くなり、しっかりとした防寒対策が必要です。

厚手のコートはもちろんのこと、マフラーに手袋や帽子などに加え使い捨てカイロを持参していると助かります。


オスロの12月の平均気温は氷点下5℃ほどになりますが、湿度が低く体感温度では数字ほど寒く感じません。

気温的に見ると日本の北海道の札幌と同じぐらいですが、暖冬の年もありますので、あくまで目安にしてください。



ノルウェーで注意すべき服装

ノルウェーのオペラ鑑賞やコンサートでは正装が基本となりますので、男性はスーツにネクタイ、それに準ずる女性はドレスなどが望ましいとされます。

高級レストランではドレスコードは求められませんが、TPOを考えてジャケットやワンピースが無難で、サンダルやジーンズでは無理があります。

教会では肌の露出が高い服は避けると同時に、フラッシュ撮影も禁止されていますので、ルールを守りながら時間を過ごしましょう。


英語ではミッドナイト・サン、日本では白夜で知られていますが、ノルウェーでは大まかにいえば5月~7月がその時期にあたります。年や地域によって期間が若干異なりますので、行き先に応じて旅行会社に尋ねる、あるいはネットで調べてみましょう。

ちなみに、世界最北の町のひとつでノルウェー北部に位置するハンメルフェストは5月中旬から7月が白夜の季節なので、就寝の際に必要な人はアイマスクを準備してみてください。


ノルウェーのオーロラのベストシーズンは、9月~3月になりますので、楽しみです。

ただ、オーロラ観賞の観光は夜になることが多く、長い時間待つことになるので、しっかりとした防寒対策が必要です。

確率的に毎日見られるわけではないですが、運が良ければ2日連続、そうでなければ3日間に1日ということもあります。



ノルウェーの服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

ノルウェーの季節に応じて服装を調節しましょう。

ノルウェーで宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

ノルウェー滞在日数分あることが望ましいです。
ノルウェーに長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

ノルウェーの場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

ノルウェーでマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

ノルウェーまでの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。



ノルウェーに必要な持ち物

クレジットカード

ノルウェー旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 8,000円分ポイントがもらえる(7/31まで期間限定)
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える8,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\7/31まで期間限定で8,000円分ポイント獲得できます!/