ニューカレドニアでクレジットカードが必需品と言われる3つの理由|ニューカレドニアのカード2018年版

ニューカレドニア用にクレジットカードを作ろうか迷っている

ニューカレドニアにクレジットカードを持っていきたいけど種類がいっぱいありすぎてどのカードが実際一番得なのかわからない …

という疑問を解決します。

ニューカレドニアにクレジットカードが必需品と言われる理由

ネットで海外旅行と検索すると次のようなクレジットカードが必需品だというコメントが多数みられます。

ただ、初めての海外旅行でニューカレドニアに行く人などはクレジットカードがなぜこれほど必需品と言われるかわからないと思うので非理由を一つづつ解説していきます。

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

 

クレジットカードの強み1:ニューカレドニア通貨に両替するより手数料が格安

ニューカレドニアで現金で支払いをするためには日本円をニューカレドニアの通貨に両替する必要があります。

両替を日本でするかニューカレドニアでするか、日本でするなら銀行で両替するのと空港で両替するのはどっちが手数料が安いか。

など悩んでいるひとは多いのではないでしょうか。

 

 

結論から言うと両替している時点でどこでやろうと手数料は高く損しています。

 

両替の際に必ず手数料が発生します。

両替の際に発生する手数料は完全に場所に依存しますが、3〜10%の手数料がひかれるので

10万円使うから10万円分両替!!みたいなことをすると最悪1万円くらい手数料で損をします。

 

クレジットカードであれば手数料は1.63%なのでこの手数料をだいぶ抑えることができるのでニューカレドニアでは屋台等を除き基本クレジットカードで支払いをするのが常識です。

クレジットカードの強み2:ニューカレドニア旅行中現金を気にしなくて遊べる

ニューカレドニア旅行中にいくら現金が必要か見積もれていますか?

自分の経験上旅行に行くと必ず楽しくなってしまい、急な出費が発生します。

なのでいつも旅行終盤になるとお金がなくなって節約モードになってしまいます。

 

ニューカレドニア旅行にクレジットカードを持っていけば残金と残りの旅程を考慮して、残金が不足していればクレジットカードを使って調整できます。

また、よく現地通貨を余らせてしまっている人がいますが、クレジットカードがあればそんなことにはなりません。

 

たまにニューカレドニア旅行中にいくら使うかわからないからとりあえずいっぱい現金を持っていく人がいますが、盗まれたら終わりなのでやめましょう。

クレジットカードの強み3:海外旅行保険がついているカードがある

ニューカレドニア旅行中に些細な病気にかかって病院に行った場合でも日本の保険は使えないので、高額の請求をされる場合があるので、海外旅行保険に加入するのは必須です。

海外旅行保険に加入していないと変わった食べ物をたべたり、夜更かししたりして病気になることが頭にちらついて思いっきり楽しむことができません。

しかし、この海外旅行保険は数千円〜1万円程度するので、もったいなく感じてしまうのも事実。

しかし、

エポスカードなど一部のクレジットカードには特典として無料で海外旅行保険がついてくるものがあります。

海外旅行保険が高いと感じるひとは年会費無料で海外旅行保険が無料でついてくるクレジットカードがおすすめ

注意

年会費無料&海外旅行保険無料のカードはいくつかありますが、適応条件が細かく条件が書いてあるものがあるので注意(楽天カードなど)

ニューカレドニアに最適なカードはエポスカード!

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/

クレジットカードに関してよくある質問

Q:ニューカレドニア旅行中どこでも使えますか

A:基本どこでも使えますが、タクシーや屋台、市場などでは使えないので現金とカードの併用がベストです。

Q:ニューカレドニアで一番使えるブランドはなんですか?

A:VISAかMasterCardです。JCBは使えないところが多いのでやめたほうがいいです。

補足
エポスカードはVISAなのでブランドに関してもニューカレドニア旅行に適しています。

ニューカレドニアクレジットカード情報まとめ

  • 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  • 現金を気にせず遊べる
  • 海外旅行保険がついているものがある

 

現金少量+クレジットカードメイン決済が最強&常識です!

 

 

ニューカレドニアのお金に関するコラム


【ニューカレドニアの物価は?】


海がきれいでハネムーンにも人気なニューカレドニア。

物価がとても高いという話を聞きますが、一体どれだけ高いのでしょうか?


①レストラン

ランチは2000円~5000円、ディナーは安くて5000円以上と見積もるのがいいです。

チップの習慣はありませんが、旅行中にレストランですべて済ませてしまうとかなり高くついてしまいます。


②食料

本島にはスーパーマーケットがあります。

チーズやチョコなどの輸入品は500円以上しますが、輸入品以外のものは驚くほどではありません。

日本の物価から比べると高いと感じるかもしれないですが、例えば食パン1斤は130円ほどで購入できます。


③宿代

立地や時期にもよりますが、2名1室で約8000円で宿泊することができます。

朝食付きのホテルになると10000円以上のホテルしかありません。


④移動費

市内の路線バスは一律約230円となっています。

タクシーは流しがなく、すべて呼び出さなければ乗ることができません。

呼び出し料として約200円プラスされることになります。


⑤アクティビティ

リゾート地ということもあり、様々なアクティビティで楽しむことができますが、相場は15000円です。

最低でも13000円かかることになります。


日本に比べて物価が高いニューカレドニアですが、食費を除けばあまり変わりません。

もし宿にキッチンが付いているのであれば、自炊をして節約をしてその分をアクティビティなどに回すことができればいいですね。

海外旅行用最強カード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。