ミャンマー旅行に必要な持ち物2018年版|ミャンマーの持ち物

ミャンマー旅行の持ち物【必需品編】

パスポート

パスポートを忘れたらミャンマーに行くことができませんので必ず必要な持ち物です。

観光・ビジネス・留学など目的や滞在日数によってビザが必要かどうかは変わってくるので事前に確認しましょう。

クレジットカード

ミャンマー旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品というのがほぼ常識になってきています。

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

 

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/

 

ポケットWiFi

  1. スマホで地図を見ながら移動する。
  2. 調べ物をする。
  3. SNSに写真をアップする

ミャンマーでこれらをするなら、(移動しながら)通信ができるようにする必要があります。

日本の携帯をそのまま使うとえげつない請求がくるので絶対にやめましょう。

ミャンマー旅行が1人長期旅であれば、現地のSIMを契約、2人以上のであればポケットWi-Fiをレンタルするのが基本最安になります。

ミャンマーであればポケットWi-Fiは複数人使えて1,000円/日程度しか費用がかからないので旅行に慣れている人はポケットWi-Fiをレンタルしています。

イモトのWi-Fi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWi-Fiです。

イモトのWi-Fiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

ミャンマーであれば、一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。

日本円・現地通貨

クレジットカードの欄でも述べましたが、ミャンマーでの買い物は基本カードでしましょう。

ミャンマー中ではお金を使う場面も多いので現金払いだと両替手数料だけでもトータルでみてかなり損しています。

スマートフォン

スマホをミャンマーで使う場合は正しく設定をしていないと、海外通信モードになって高額の費用が発生するので注意してください。

海外旅行保険

ミャンマーに行くなら海外旅行保険には必ず加入してください。

とはいいつつも、私はなるかどうかわからない病気のために旅行のたびに数千円掛け捨てではらってたのですごく損した気分になっていました。

そんな人は海外旅行保険つきのカードがおすすめ。

マルイが発行しているエポスカード年会費無料・海外旅行無料・自動付帯(特に条件なく海外旅行保険が付く)という旅行者にかなり有利なカードとなっているので、他サイトや雑誌などで旅行者人気のカードとしてよく取り上げられています。

変換プラグ・変圧器

海外必須の持ち物として変換プラグが挙げられますが、ミャンマーの場合はコンセントの形状が日本と同じAタイプなので変換プラグは不要です。

しかし、ミャンマーの電圧は日本の電圧より少し高い208Vなのでミャンマーの電圧に対応していない電化製品を使う予定であれば安全のために変圧器を持っていくことを おすすめします。

ツアー関連書類

ミャンマー旅行でツアーを申し込んでいるのであれば、ツアーの予約番号や日程が確認できるようにツアー関連の書類は印刷しておきましょう。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者におすすめです。



ミャンマー旅行の持ち物【衣類編】

トップス・ボトムス

ミャンマーの季節に応じて服装を調節しましょう。

ミャンマーで宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

ミャンマーに長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

ミャンマーの場合、宿によって用意されているがあります。

雨具

天気予報を見て雨がふることが事前にわかっている場合は持っていっても良いですがかさばる持ち物なのでミャンマーで買ってもいいです。

水着

ミャンマーで海やプールに行く場合は持っていきましょう。

コンタクトレンズ・洗浄液

※機内持ち込みできない持ち物

コンタクトレンズ利用者は必須の持ち物です。

 



 

ミャンマー旅行の持ち物【便利グッズ編】

カメラ

自撮り棒や三脚を持っていけばミャンマーの人におねがいしなくても写真を撮ることができます。

携帯ウォシュレット

ミャンマーでもウォシュレットを利用したい方は持っていきましょう。

首枕・腰枕

ミャンマーまでの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。

アイマスク・耳栓

ミャンマー⇔日本のフライトで寝たいかたはあると重宝する持ち物です。

常備薬

ミャンマーでの食事は日本と異なることに加えて、疲れなどから風邪を引いてしまう場合があります。

ミャンマーの食事は日本と異なり、栄養不足で口内炎ができやすいですのでビタミン剤は意外と重宝する持ち物です。

ガイドブック

ガイドブックかさばる持ち物なのでkindle等電子版の購入をおすすめします。

 



ミャンマー旅行の持ち物【バックパッカー編】

 

バックパック

バックパッカーの代名詞とも言える持ち物です。

洗面用品

ミャンマーのゲストハウスには歯ブラシやひげそり等洗面用品が置いていない場合が多いので日本から持参しましょう。

バス用品

※機内持ち込みできない持ち物

ミャンマーのゲストハウスには基本シャンプー・リンス・ボディーソープ・洗顔等おいてありませんので日本からトラベル用のシャンプーセットを持っていきましょう。
液体なので機内持ち込み不可な持ち物です。

洗濯用品

※機内持ち込みできない持ち物

ミャンマーに長期滞在であれば洗濯をする必要がでてきます。
洗剤はかばんのなかでこぼれると他の持ちものも汚れて悲惨なのでチューブ式がおすすめ。

南京錠・ワイヤーロック

バックパッカーは基本持ってる持ち物です。

ゲストハウスにあるロッカーは鍵は持参したのものを使う場合があるのでしっかりしたものを買いましょう。



ミャンマー旅行の持ち物【女性編】

使い捨て便座シート

ミャンマーのトイレは日本と比べると汚いことが多いので、使い捨て便座シートがあれば安心です。

値段も安いので女性の方は重宝する持ち物です。

ヘアアイロン

ヘアアイロンは基本海外の電圧には対応していないので、変圧器が必要になります。

日焼け止め

※機内持ち込みできない持ち物

夏にミャンマーへ行かれる際は忘れずに持っていきましょう。

化粧品

※機内持ち込みできない持ち物

女性は必ず必要な持ち物です。

液体の化粧品は機内持ち込みができません。

化粧水・乳液

※機内持ち込みできない持ち物

女性は必要だと思いますが、液体なので機内には持ち込めません。

必ず預入の荷物の中にいれてください。

ミャンマーの気候

ミャンマーはインドシナ半島西部に位置し、国土の大半が熱帯または亜熱帯に属するためヤンゴンでは月の平均気温が20度を下回ることはありません。
月平均の最低気温に限定してみても12月から2月の3ヶ月だけです。
加えて雨季と乾季がはっきりしており、12月から4月まではほとんど雨が降らないものの5月から11月までは、東京で最も多い月と同様かそれ以上の月が数ヶ月続きます。
ただし地域によっては降水量が少ない場所もあります。
年間を通じて温かいですから服装は薄着でも構いませんが、日中は日差しが強く肌への影響を考慮して長袖が適しているでしょう。
また最低気温が低い季節では日較差が大きいので、上着を準備しておくと対応できます。

ミャンマーの観光地

ミャンマーの観光地では国内初の世界遺産のピュー古代都市群が浮かびます。
ヤンゴンから北へエーヤワディ川に沿って並ぶ都市で、城郭の様子や仏塔などピュー王国の歴史を知ることができます。
ヤンゴンの北東にあるゴールデンロックは今にも落ちそうな岩の上に立つ仏塔が魅力です。
巨大なインレー湖では水上寺院や水上村の光景を見ることができ、湖の近くにはインティン遺跡があり、さらにパオ族の集落で独特の文化に触れられます。
そして世界三大仏教遺跡の一つバガンは、建造物が3000を超えるとされ仏教文化の壮大な歴史に溢れます。
シュエズィーゴン・パゴダは三層箱型の土台に塔が建ち、黄金に彩られた威容は見る者に不思議な力を与えてくれるでしょう。

ミャンマーの物価

ミャンマーの通貨はチャットで、1ドル換算で1000チャット前後で推移しています。
コーヒー1杯は約300チャットですから、日本円で1ドル100円とすれば、30円程度で飲めます。
もちろん地域や店によって違いがあるのは当然です。
ミャンマーの宿泊費は日本の半額程度で、三ツ星ホテルでも1万円を下回ります。
白いパンが500gで約160円ですし、水1.5lで約80円、じゃがいもは1kgで130円ほどで買うことができます。
こうしてみると日本の物価と比較して随分安いのが分かるでしょう。
観光で訪れる際は、当該国の物価はもとより為替レートが重要ですから、動向を注視は怠らないようにしましょう。
移動の際の運賃も安いですから観光に便利です。

海外旅行用最強カード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。