ホノルルでスマホを使うためにやるべき4つの設定2018年版

●ホノルル旅行ででスマホはどうやって使えばいいの?

●ホノルル旅行用にスマホでなにか設定をしなきゃいけないの?

こういった疑問にお答えします。

ホノルルでスマホを使う場合はWiFi設定必須!

日本でスマホを使っているとドコモだったりau、ソフトバンクといったキャリアと契約して、キャリアの電波を使っているはずです。

しかしホノルルを含め、海外ではキャリアの電波は基本飛んでいないので、日本のスマホを使おうとするとキャリアがホノルルの電波を借りてきて、それを使えるようにしてくれます。

これを国際ローミングといって、設定いらずですごく便利なのですが、自社の電波を使うわけではないので料金がかなり高くなります。(1日あたり3000円くらい

ですので、海外旅行の際はスマホが国際ローミングをしないようにしつつ、ホノルル用ポケットWiFiをレンタルしてそれを経由してスマホをインターネットに接続するのが安くて(1日あたり複数人で使えて1000円程度)一般的です。

ではどうやって国際ローミングをOFFにするのか等スマホ側の設定を説明します。

ホノルル旅行スマホの設定①:モバイルデータ通信をOFFにする

モバイルデータ通信がオンになっている場合ホノルルの通信会社のネットワークを使って通信を行うため、料金が高額請求になりがちです。

日本発の飛行機に乗る前にモバイルデータ通信の設定をオフにしましょう。

【設定】Androidの場合

「設定」>「接続」>「モバイルネットワーク」>「モバイルデータ通信」をオフ設定

 

【設定】iphoneの場合

設定」>「モバイルデータ通信」オフ

 

ホノルル旅行スマホの設定②:アプリの自動更新をOFFにする

ポケットWiFiをレンタルする場合でも通信量に制限があります。

ネットで検索したり地図をみるだけではポケットWiFiの通信量制限にはかかりませんが、アプリの更新が多数入るとすぐに通信量制限がかかってしまうのでアプリの自動更新はオフ設定が無難です。

ホノルルのフリーWiFiを使う場合も通信速度が遅いため、スマホのアプリ更新が終わらないということになりがちです。

【設定】Androidの場合

「playストア」>「設定」>「アプリの自動更新」>「アプリを自動更新しない」

 

【設定】iphoneの場合

「設定」>「iTunes&App Store」>「アップデート」オフ

 

ホノルル旅行スマホの設定③:クラウドサービスの同期設定をOFFにする

クラウドサービスを利用しているとスマホで撮影した写真が自動でネット上にバックアップされるため非常に便利ですが、アプリの更新と同様、パケット通信を行うため、ポケットWiFi等の通信量制限にかかってしまう可能性があります。

ホノルルのフリーWiFiを使ってバックアップを取る場合も通信速度が遅く時間がかかるため、電池消費が早くなります。

【設定】Androidの場合

googleフォトアプリ>左上メニュアイコン>「設定」>「バックアプと同期」オフ

 

【設定】iphoneの場合

googleフォトアプリ>左上メニュアイコン>「設定」>「バックアプと同期」オフ

 

ホノルルでスマホのWiFi設定をする

ホノルルでフリーWiFiを利用する

ホノルルのフリーWifiの普及状況は、旅行に関しては日本より可なり便利に感じると言われています。

ホノルル国際空港として親しまれている空の玄関口のダニエル・K・イノウエ国際空港では、専用の航空会社のラウンジ以外はWifiが有料となっています。

空港でのWifi使用料は2時間で6.95ドルなので、決して高いわけではありません。


ワイキキのフリーWifiスポットで最もメジャーなのがスタバですが、ヒルトンハワイアンビレッジ内にある2つのお店以外の6店舗で利用できます。

また、ワイキキ以外でもスタバやマクドナルド、コーヒービーン&ティーリーフで無料Wifiが利用できるので、滞在中にフリースポットを見つけるのに悩むことはなさそうです。


日本人観光客にはお馴染みのTギャラリア by DFSやワイキキショッピングプラザに加えインターナショナルマーケットプレイスなどが有名なフリーWifiスポットです。

そのほかデパートだけでなくホテルのロビーでも無料でWifiが使えるところが少なくはないので、インフォメーションセンターやレセプションに気軽に尋ねてみましょう。


ホノルルのホテルは有料と無料のところがあり、中には1日30ドルのWifi使用料が掛かるところもあります。

大型のホテルでは日本対応のビジネスルームを併設しているところもあり、プリントアウトが無料だったりしますので、内容が宿泊施設によって全く異なります。

有料の場合もありますが、思わぬサービスを受けることも出来るので、気になる人は詳細を確認してみましょう。


公共の交通機関ではワイキキとアラモアナセンター間を結ぶ、バスのピンクトロリーの車内で無料Wifiが利用できます。


ホノルルでフリーWifiを使う場合の注意点ですが、SNSの利用が多い人には滞在先によって必要になってくるでしょう。

ホテルのWifiが有料の場合は、レンタルプランを通じて日本出発前にポケットWifiを手配しておいた方がコスト的にも抑えられるかもしれません。

ホノルルでポケットWiFiを利用する

  1. スマホで地図を見ながら移動する。
  2. 調べ物をする。
  3. SNSに写真をアップする

ホノルルでこれらをするなら、(移動しながら)通信ができるようにする必要があります。

日本の携帯をそのまま使うとえげつない請求がくるので絶対にやめましょう。

ホノルル旅行が1人長期旅であれば、現地のSIMを契約、2人以上のであればポケットWi-Fiをレンタルするのが基本最安になります。

ホノルルであればポケットWi-Fiは複数人使えて1,000円/日程度しか費用がかからないので旅行に慣れている人はポケットWi-Fiをレンタルしています。

イモトのWi-Fi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWi-Fiです。

イモトのWi-Fiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

ホノルルであれば、一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。

番外編:海外旅行に本当に必要な持ち物

ホノルル旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。