ホノルルでスマホを使うためにやるべき4つの設定2020年版

ホノルルに旅行に行った際は、スマートフォンで地図を見ながら移動したり、レストランや電車の時刻表等調べ物をしたり、旅行中の写真をSNSに投稿したりとスマートフォンを利用する場面はたくさんありますよね。

日本でスマートフォンを使っている場合は基本的にはdocomoやau、Softbankといった日本の通信キャリアと契約して、通信をしている場合がほとんどだと思います。

日本の通信キャリアと契約している場合は、ホノルルを含め、海外でもスマートフォンを使ってインターネットを利用することができるのですが、通信方法が日本にいるときと少し異なり、国際ローミングという機能を使って通信をします。

この国際ローミングという機能は簡単に利用することができるのですが、1日あたりの通信量が1台あたり3,000円程度と高いです。

ですので、海外旅行中は国際ローミングを使わず、WiFiを利用することがとても一般的です。

この記事では、ホノルルでWiFiを利用する方法及び、WiFiを利用するために行うべきスマートフォン側の設定について解説します。

ホノルルで利用できるスマホ用WiFi

ホノルルでWiFiを利用する方法として様々な方法があると思いますが、海外旅行者にとって一般的なWiFi利用方法を2つご紹介します。

ホノルルでフリーWiFiを利用する

ホノルルのフリーWifiの普及状況は、旅行に関しては日本より可なり便利に感じると言われています。
ホノルル国際空港として親しまれている空の玄関口のダニエル・K・イノウエ国際空港では、専用の航空会社のラウンジ以外はWifiが有料となっています。
空港でのWifi使用料は2時間で6.95ドルなので、決して高いわけではありません。

ワイキキのフリーWifiスポットで最もメジャーなのがスタバですが、ヒルトンハワイアンビレッジ内にある2つのお店以外の6店舗で利用できます。
また、ワイキキ以外でもスタバやマクドナルド、コーヒービーン&ティーリーフで無料Wifiが利用できるので、滞在中にフリースポットを見つけるのに悩むことはなさそうです。

日本人観光客にはお馴染みのTギャラリア by DFSやワイキキショッピングプラザに加えインターナショナルマーケットプレイスなどが有名なフリーWifiスポットです。
そのほかデパートだけでなくホテルのロビーでも無料でWifiが使えるところが少なくはないので、インフォメーションセンターやレセプションに気軽に尋ねてみましょう。

ホノルルのホテルは有料と無料のところがあり、中には1日30ドルのWifi使用料が掛かるところもあります。
大型のホテルでは日本対応のビジネスルームを併設しているところもあり、プリントアウトが無料だったりしますので、内容が宿泊施設によって全く異なります。
有料の場合もありますが、思わぬサービスを受けることも出来るので、気になる人は詳細を確認してみましょう。

公共の交通機関ではワイキキとアラモアナセンター間を結ぶ、バスのピンクトロリーの車内で無料Wifiが利用できます。

ホノルルでフリーWifiを使う場合の注意点ですが、SNSの利用が多い人には滞在先によって必要になってくるでしょう。
ホテルのWifiが有料の場合は、レンタルプランを通じて日本出発前にポケットWifiを手配しておいた方がコスト的にも抑えられるかもしれません。

ホノルルでポケットWiFiを利用する

  1. スマートフォンで地図を見ながら移動する
  2. レストランや電車の時刻表等調べ物をする
  3. 旅行中の写真をタイムリーにSNSに投稿する

海外に行く場合は日本にいるとき以上にスマートフォンを利用する場面が多くなります。

しかし、日本で契約しているスマートフォンを海外に持っていくと、国際ローミングと言って、海外用の通信に切り替わり、1日あたり3,000円程度追加の通信料金が発生します。

1日スマートフォン1台あたり通信量のために3,000円も追加で払っていたらとてももったいなく感じてしまいますよね。

そんな高額になりがちな通信料金を大幅に節約できる海外旅行の必須の持ち物が海外用ポケットWiFiです。

国やプランによっても多少変動しますが、1日あたり1,000円前後でレンタルすることができ、かつ、グローバルWiFiの場合は一度に最大5台のスマートフォンを1つのポケットWiFiに接続することができるので、旅行に行く人数が多い場合は更に通信費節約効果があります。

海外旅行に慣れている人はかなりの確率でポケットWiFiをレンタルしているので、通信方法について迷っている人はぜひポケットWiFiをレンタルしてみてください。

グローバルWiFi

海外用ポケットWiFiで最もおすすめできるのはグローバルWiFiです。
グローバルWiFiのおすすめのポイントは下記のとおりです。

  1. 圧倒的に安い(+定額制で安心)
  2. 最大5台のスマートフォンを接続できる
  3. トラブルや質問があれば24時間LINEでサポートしてもらえる

更にグローバルWiFiは海外WiFiレンタル利用者数5年連続No.1なので、大手の安心感もありますね。(東京商工リサーチ、2017年~2021年各年調査)

懸念点があるとすれば、繁忙期には利用者が多く、直前の予約だと在庫切れになりうるということです。
早めに予約すればこの懸念点は解消できるので、もし海外旅行の予定が決まっているのであれば必需品なので早めに予約されることをおすすめします。


ホノルルでスマホとWiFiを接続する際の設定

ホノルル旅行スマホの設定①:モバイルデータ通信をOFFにする

モバイルデータ通信がオンになっている場合ホノルルの通信会社のネットワークを使って通信を行うため、料金が高額請求になりがちです。

日本発の飛行機に乗る前にモバイルデータ通信の設定をオフにしましょう。

【設定】Androidの場合

「設定」>「接続」>「モバイルネットワーク」>「モバイルデータ通信」をオフ設定

 

【設定】iPhoneの場合

設定」>「モバイルデータ通信」オフ

 



ホノルル旅行スマホの設定②:アプリの自動更新をOFFにする

ポケットWiFiをレンタルする場合でも通信量に制限があります。

ネットで検索したり地図をみるだけではポケットWiFiの通信量制限にはかかりませんが、アプリの更新が多数入るとすぐに通信量制限がかかってしまうのでアプリの自動更新はオフ設定が無難です。

ホノルルのフリーWiFiを使う場合も通信速度が遅いため、スマホのアプリ更新が終わらないということになりがちです。

【設定】Androidの場合

「playストア」>「設定」>「アプリの自動更新」>「アプリを自動更新しない」

 

【設定】iPhoneの場合

「設定」>「iTunes&App Store」>「アップデート」オフ

 



ホノルル旅行スマホの設定③:クラウドサービスの同期設定をOFFにする

クラウドサービスを利用しているとスマホで撮影した写真が自動でネット上にバックアップされるため非常に便利ですが、アプリの更新と同様、パケット通信を行うため、ポケットWiFi等の通信量制限にかかってしまう可能性があります。

ホノルルのフリーWiFiを使ってバックアップを取る場合も通信速度が遅く時間がかかるため、電池消費が早くなります。

【設定】Androidの場合

googleフォトアプリ>左上メニュアイコン>「設定」>「バックアプと同期」オフ

 

【設定】iPhoneの場合

googleフォトアプリ>左上メニュアイコン>「設定」>「バックアプと同期」オフ

 


グローバルWiFi

海外用ポケットWiFiで最もおすすめできるのはグローバルWiFiです。
グローバルWiFiのおすすめのポイントは下記のとおりです。

  1. 圧倒的に安い(+定額制で安心)
  2. 最大5台のスマートフォンを接続できる
  3. トラブルや質問があれば24時間LINEでサポートしてもらえる

更にグローバルWiFiは海外WiFiレンタル利用者数5年連続No.1なので、大手の安心感もありますね。(東京商工リサーチ、2017年~2021年各年調査)

懸念点があるとすれば、繁忙期には利用者が多く、直前の予約だと在庫切れになりうるということです。
早めに予約すればこの懸念点は解消できるので、もし海外旅行の予定が決まっているのであれば必需品なので早めに予約されることをおすすめします。


ポケットWiFi以外のホノルル旅行の必需品

ポケットWiFiと合わせて、ホノルル旅行で特に忘れると困る持ち物はパスポートとクレジットカードです。その他にも必要な持ち物はたくさんあるので、ホノルル の持ち物を旅行前にご確認ください。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作ると得するのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際お世話になることはないと思いながら海外旅行保険代として渋々5,000円程度払っていませんか?

また、持っているカードに海外旅行保険について記載があったとしても、旅費をそのカードで決済した場合に限るといったややこしい条件がついていて、海外旅行保険が適応されているのか不安に思う場合もありますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無条件・無料で付帯しているのでカードを作ってしまえば、カードを使う使わないに関わらず、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯しているものはほぼなく、下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

 

カテゴリー