超お得!?ハワイまでの格安航空券の購入方法について解説

日本からハワイまでは、直通便や経由便を含めて多数運航しています。

就航する航空会社は、日本からだとJALやANAなどが中心です。

しかし、JALやANAなどの航空会社の正規航空券は、平均で20万円ほど。

やっぱり航空券は高い!と思います。

しかし、格安航空券ならばもっと安く購入が出来ます。

今回はハワイに行きたいと思っている方必見!

ハワイ行きの格安航空券について解説していきます。

超人気!ハワイ行きの格安航空券

まず、格安航空券について簡単に解説します。

格安航空券は、航空会社が発行する航空券が売り残ってしまったときに、団体割引用として旅行会社におろします。

そして旅行会社は、正規航空券よりも値段を安く設定して、バラ売りするのが格安航空券です。

航空会社としても、売れ残ると利益が無いので、格安で販売して少しでも収益を上げるのです。

格安航空券のメリットは、正規航空券よりも格安で購入可能なことです。

航空券が高めのハワイでも、閑散期になると値段が安くなる時もあります。

しかし、格安な分席が選べなかったり、マイルポイントも低めに設定されています。

さらに、ハワイ行きの格安航空券は非常に人気が高く、条件の良い格安航空券は、すぐに売り切れてしまうときがあります。

ハワイは、誰もが行きたがる人気スポットがゆえに、競争が非常に激しいのです。

また、キャンセル料は旅行会社が設定した金額になります。

そのため、「キャンセルされる方が会社が儲かる」といわれるほど、キャンセル料が高額になってしまう場合もあるのです。

安く購入できる分、正規航空券とくらべると融通が利かない航空券となっています。

ハワイ行きの格安航空券の購入方法

ハワイに限らず、どの地域でも格安航空券は旅行会社のみ販売をしているため、旅行会社で購入することになります。

格安航空券の購入方法は、いくつか選択肢があります。

例えば、旅行会社店頭での直接購入は、航空券の購入をしたことない方や、慣れていない方にはオススメです。

出発場所と到着場所を伝えれば、あとは条件に一致する航空券の候補を出してくれます。

分からないことがあっても、直接旅行会社の方のその場で聞くことが出来ます。

ただ、店頭での直接購入は手数料が発生するので割高になります。

手数料は航空会社によってまちまちですが、基本は高額な場合が多めです。

そのため、手数料不要で格安航空券の購入したいときは、webサイトを通しての購入が最もオススメです。

webサイトからの購入は比較的になれた方が行う購入方法ですが、最も一般的な購入方法といえます。

料金の比較サイトが多数存在するので、自分好みの航空券を探せるのが魅力です。

ハワイ行きの格安航空券が買える旅行会社

格安航空券は旅行会社で購入することになりますが、その方法はいくつか存在します。

その中でも、ハワイ行きの格安航空券を数多く扱っている、オススメの旅行会社をいくつかご紹介します。

JTB

国内最大手の旅行会社であるJTBは、支店を日本全国に展開していて、そのサービスの良さや手厚い保証などから、信頼のある航空券の購入が出来ます。

格安航空券を購入する際に、分からないことがあれば、窓口や電話ですぐにプロの方に聞くことが出来ます。

格安航空券を初めて買う方、ハワイに初めて行く方などには、ぜひJTBでご相談することをオススメします。

しかし、元々販売されている航空券が高めなので、他の旅行会社と比べると劇的に安いとはいえないかもしれません。

さらに繁忙期などは、ハワイ行きの格安航空券自体ほとんど出回らない可能性もあるのです。

JTBは国内最大手であるがゆえに、人件費や広告費がかかっていて、店舗での直接購入は高額な手数料がかかり、キャンセル料も高額に設定されています。

HIS(スカイチケット)

格安旅行を手掛ける大手旅行代店のHISの格安航空チケットは有名で、スカイチケットという提携会社から販売されています。

HISの格安航空券のメリットは、JTB同様サービスの手厚さだといえます。

トラブルを避けたい方は、窓口で直接説明を受けることが出来るので、初心者にはオススメです。

しかし、その分人件費がかかっているので、店舗での直接購入は非常に高い手数料がかかります。

さらに、大手有名会社だけあってハワイ行きのチケットは人気が高く、すぐに売り切れてしまうケースが多いです。

スカイスキャナー

スカイスキャナーは、月間利用者数は約9000万人、アプリダウンロードは累計8000万回を誇る、世界的にも有名な旅行会社です。

スカイスキャナーの魅力は、扱っている格安航空券が、他の旅行会社と比べると非常に安いことです。

さらに会社自体の規模大きさから、ハワイまでの格安航空券を数多く扱っています。

ハワイ行きの航空券をとにかく安く購入したい方には、スカイスキャナーが一番オススメといえます。

しかし、完全ネットでの購入となるため、窓口はもちろん電話での対応も一切行っていません。

ネットでの購入に自信のない方には、少々ハードルが高いかもしれません。

エアータウン

エアータウンも、数多くの格安航空券を扱っていることで有名な旅行会社です。

中にはハワイ行きの航空チケットが最大76%オフと、超格安航空券を見つけることも可能です。

「得割ワイド」という独自のサービスも行っていて、夏休みシーズンや年末年始などの繁忙期でも格安で航空券を購入することが出来るシステムとなっています。

さらに格安航空券にはあまり見ることの出来ない、便の変更も可能な場合があります。

まとめ

instagram-image

m_hykwaaa0824

今回は、ハワイ行きの格安航空券を扱う旅行会社をご紹介しました。

高額なハワイ行きの航空券は少しでも安く抑えたいですよね。

旅行会社別に特徴を見極めて、自分好みの旅行会社で格安航空券を手に入れましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー