ホノルルと日本は時差19時間!飛行時間や時差ボケ対策

ホノルルは、ワイキキビーチなどがあるハワイでも有名な観光地で、日本からも毎日直行便が運航しています。日付変更線をまたぐため、時差が大きく到着してから時差ボケで苦労する人も多いのです。

今回は、ホノルルと日本の時差や、飛行時間、時差ボケをしにくくする対策などを紹介します。紹介する内容を参考にして、時差ボケの心配なく旅行を楽しんでいきましょう。

ホノルルとの時差は19時間!

ホノルルは地図で見てみると距離が近いようにも見えますが、日付変更線をまたぐため時差がとても大きいのです。日本との時差は19時間で、日本の方が時間は進んでおり、日本が1月1日の0時だとすると、ホノルルは12月31日の朝7時となります。

 

ホノルルは今何時?時差の出し方

ホノルルとは19時間の時差があるので、日本の時間から19時間前を考えれば、ホノルルの時間が出ます。しかし、19時間というとほぼ1日ずれることになりますし、計算も分かりにくくなることもあります。

「日本の時間プラス5時間」をして、日付を1日遅らせるとホノルルの時間を出すことができます。例えば、日本の時間が1月2日の10時00分だとしたら、ホノルルは1月1日の15時00分となります。

日本は今何時?時差の出し方

逆に「ホノルルの時間マイナス5時間」をして日付を1日進めると日本の時間が出せます。例えば、ホノルルの時間が1月1日の12時00分だとしたら、日本の時間は1月2日の7時00分となります。滞在中に、日本にいる人へ連絡を取りたいときはぜひこちらの方法をお試しください。

 

ホノルル・日本の飛行時間

日本発ホノルル着の便は7時間

日本からホノルルへは、約7時間かかります。日本時間の夜21時以降に出発する便に乗り、ホノルル時間の朝に到着する便がほとんどです。日付は変わらず、同じ日をもう一度繰り返す形となります。夜に出発するので、そのまま眠れれば時差ボケの心配もなく到着してすぐに活動できます。

ホノルル発日本着の便は8時間

一方で、ホノルルから日本へは約8時間かかります。帰りは偏西風の影響で向かい風になるため、行きよりも少し時間がかかります。ホノルルの日中10時~12時頃に出発し、日本の昼過ぎに到着する便が多いです。

体感としては夕方なのに、帰国してからも昼間の時間が長くあるため、変な感覚になる人も多くいます。

 

時差19時間!ホノルル行きでの時差ボケ対策

19時間もの時差があると、多くの人が時差ボケを体験します。特にホノルルに向かう便では、普段寝ている時間に眠れなかったり、周囲の音で目が覚めてしまったりなど、思うような睡眠が取れない人も多いのです。

出発前からできる時差ボケ対策

旅行会社のツアーやパッケージプランで予約をしている場合は、到着日にスケジュールを詰め込み過ぎないようにしましょう。到着してしばらくの間は、時差ボケで頭がボーっとしてしまうこともありますし、アクティビティなどで怪我をしてしまう危険もあります。

ホテルで少し仮眠を取ってから行動すると、時差ボケが解消されやすくなりますので、オプショナルツアーなどは翌日から入れると良いでしょう。

飛行中にできる時差ボケ対策

時差ボケを防ぐには、飛行中の睡眠が欠かせません。飛行機に搭乗したら、まずは腕時計などをホノルルの時間に合わせましょう。こうすることで、ホノルルの時間を意識しながら体内時計を調整できます。

アルコールやコーヒーなどは控えておくと、入眠しやすくなります。また、耳栓やアイマスク、ネックピローなども持参するのもおすすめです。航空会社によっては耳栓やアイマスクなどが配られる場合もあるので、事前に調べておくと良いでしょう。

到着後にできる時差ボケ対策

instagram-image

shenwuxuandao

到着してからできる時差ボケ対策として、日光を浴びるという方法があります。人の体は、日光を浴びることで体内時計をコントロールしています。ホノルルで早めに動きだしたい人は、日光を浴びるように心がけると良いでしょう。

ビーチで横になる、ホテルの窓を開けて横になるだけでも効果があります。

 

あえて寝てしまうのも1つの方法

眠いと感じるときに眠るのも時差ボケをなくす1つの方法と言えます。ホノルルの時間に無理矢理合わせるのではなく、日本時間の夜にあたる時間にまとまった睡眠を取るのも良いでしょう。

日本時間の0時から6時間眠るとしたら、ホノルル時間では明け方5時から11時となります。午後から十分活動できますし、時差ボケの状態でいるよりは体も動きやすいです。

 

 

19時間も時差があると、時差ボケを避けるのは難しいと言えます。しかし、出発前から対策をしておくことで、現地での不調を減らすこともできます。時差ボケは頭がボーっとするだけでなく、疲労感や頭痛、腹痛などを引き起こすこともあるので、心配な人は常備薬を持ち歩いておくと良いでしょう。事前にしっかりとした準備をしておいて、時差ボケ知らずの旅行を楽しみましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。