ハワイ旅行で損しないために伝えたいハワイ旅行の費用のほんとの話

ハワイ旅行に行きたいけどハワイ旅行の旅費としていくらくらいかかるのか知っておきたいという人も多いのではないでしょうか。

今回はハワイ旅行にかかる費用の相場と、ハワイ旅行を安く抑えるための方法について解説していきます。

項目費用備考
航空券5~10万円最安航空券を探すならエアトリがおすすめ
食費1万円/日
宿泊費1万5千円/日
観光代2万円
現地交通費1万円
お土産代1万円
海外旅行保険代5千円エポスカードを作れば年会費無料で海外旅行保険が自動で毎旅行付いてくる
通信費3千円/日
両替手数料両替金額の3~10%エポスカードでのカード決済の方が両替手数料がかなり安い

 

ハワイ旅行の費用の相場とその内訳は?

ハワイ旅行にかかる費用は旅行のスタイルや日数、シーズンによって大きく異なりますが、概算金額は上の表のとおりです。

ローシーズンは閑散期かつ月曜日や火曜日などサラリーマンが選択しづらい平日に出発した場合の金額で、レギューラーシーズンは閑散期の週末や繁忙期の平日に出発した場合の金額です。ハイシーズンはゴールデンウィークやお盆、年末年始など一般的にまとまった連休を取りやすい時期を指しています。

上の表はハワイ旅行の航空券代、ホテル代、食費、観光代を平均したもので、いいホテルに止まったりショッピングを楽しんだりすると上ブレる可能性があります。

また、パスポートを持っていなかったり、エポスカードのような海外旅行保険付きのクレジットカードを持っていない場合は追加で費用がかかります。

もう少し細かくハワイ旅行の費用の見積もりができるように各項目の内訳を見ていきましょう。


ハワイ旅行の基本的な費用

ハワイ旅行の基本的な費用として航空券代、食費、宿泊費、観光代、交通費、お土産代が挙げられます。それぞれの項目についての費用と節約する方法について項目別に見ていきます。

航空券代

航空券代はハワイ旅行の費用のうち大きなウェイトを占めますので、航空券が高くなってしまうと他の項目をいくら節約しても、全体のハワイ旅行の費用はどうしても上がってしまいます。

Skyscannerなどの航空券比較サイトを使うと出発日・帰国日別に最安の航空券を探すことができるので、旅行代理店で航空券を探すのではなくご自身で航空券を探してみることをおすすめします。

引用元:Skyscanner

食費

ハワイ旅行で美味しい料理を楽しみたいという人も多いと思います。日本であれば1食500円で済ませる事もできると思いますが、ハワイ旅行中は、観光地だからレストランの金額が高かったり、途中でコーヒーを飲んだりなどなんだかんだで食費がかかるので1日あたり1人5000円と見積もっていたほうがいいと思います。

宿泊費

ハワイの宿泊費はホテルのグレードとシーズンによりますが、安いホテルで旅費を抑える場合は1人1泊あたり5000円でも探すことはできますが、少しお金がかかっても場所や清潔感のあるホテルがいいという場合が多いと思いますので1人1泊あたり10000円として計算することをおすすめします。

航空券同様にSkyscannerなどの比較サイトを使うと、ハワイの3つ星ホテルの平均価格を調べることができるので、自分が予約しようとしているホテルが高いのかやすいのか見分けることができます。

観光代

ハワイでツアーに参加される方も多いと思います。ツアー代は内容によって大きく異なりますので、事前にどんなツアーがいくら位かかるものなのかツアー比較サイトで見積もっておきましょう。

概算で計算する場合は1ツアー1万円程度で見積もっておくといいと思います。

交通費

少し移動するための電車賃とかはハワイ旅行全体の費用からみると微々たるもので無視しても問題ないですが、長距離移動する場合は事前に見積もって起きましょう。

お土産代

ハワイ旅行のお土産を買って帰るかたが多いと思います。5000円程度を見積もっておきましょう。

ハワイ旅行のその他の費用

ハワイ旅行のための費用として下記費用がかかる場合とかからない場合があります。今すぐに海外旅行に行くことはできないけど1,2年以内に行きたいという場合は今は準備期間と位置づけて準備を始めておくことをおすすめします。

パスポート発行費

ハワイ旅行のためにパスポートを作成される方は10年有効なパスポートであれば16000円パスポートの作成に費用がかかります。パスポートを申請してすぐ受け取れるわけではなく申請から1〜2週間受け取りまでかかるので早めに準備しましょう。

海外旅行保険代

海外では日本の保険は適応できず、病院に行くことになった場合は高額の医療費を請求される場合があるので海外旅行保険の加入は必ず入りましょう。

旅行好きの人はマルイが発行しているエポスカードなど年会費無料の海外旅行保険付きのクレジットカードを持っている人も多いので、そのような場合は新規で海外旅行保険に加入する必要はありませんが、もしそのようなクレジットカードを持っていない場合はハワイ旅行の日数にもよりますが5000〜10000円かかりますが別途海外旅行保険に加入しましょう。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作ると得するのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際お世話になることはないと思いながら海外旅行保険代として渋々5,000円程度払っていませんか?

また、持っているカードに海外旅行保険について記載があったとしても、旅費をそのカードで決済した場合に限るといったややこしい条件がついていて、海外旅行保険が適応されているのか不安に思う場合もありますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無条件・無料で付帯しているのでカードを作ってしまえば、カードを使う使わないに関わらず、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯しているものはほぼなく、下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

通信費

ドコモが2021年に新しく提供を開始したahamoプランであれば日本で月20GB通信できるのと同じように海外でも追加費用なく20GBを使うことができるので、気にする必要はありませんが、ahamo以外のキャリアプランは基本的に海外での通信は一日3000円程度の費用を払う必要があります。

1日3000円はあまりにも高額なので、ahamoに切り替えておくか、レンタル料がかかりますがハワイ旅行用のポケットWiFiをレンタルしましょう。

引用元:ahamo公式HP

両替費

あまり意識しない部分ではありますが、日本円をハワイの通貨に両替すると、その金額に応じて手数料を取られます。

この手数料が意外に大きく、両替する場所にもよりますが、3〜10%程度取られます。

クレジットカードをもっておらず20万使うかもしれないので20万円分両替してしまうと最悪2万円くらい手数料でとられてしまいます。また、逆に20万円使わなかったという場合はハワイの通貨を日本円に戻すと思うのですがその際にも同様の手数料率がかかります。

クレジットカードであれば手数料は両替に比べると格安ですし、多すぎる金額を両替するということもないので、クレジットカードを持っていない人は先程説明したエポスカードなど海外旅行保険付きのクレジットカードを作っておくことをおすすめします。

ハワイ旅行の費用のまとめ

ハワイ旅行の費用として航空券代、食費、宿泊費、観光代、交通費、お土産代は基本的にかかります。それに加えて、パスポート発行代、海外旅行保険代、通信費、両替費は人によってはかかります。

海外旅行保険代、両替費はエポスカードなどの海外旅行保険付きの年会費無料のクレジットカードを作ることで削減できますし、ハワイ旅行まで時間がある方は、先延ばしにせずハワイ旅行について興味を持っている今準備をしてみてはいかがですか?

項目費用備考
航空券 5~10万円最安航空券を探すならエアトリがおすすめ
食費1万円/日
宿泊費1万5千円/日
観光代2万円
現地交通費1万円
お土産代1万円
海外旅行保険代5千円エポスカードを作れば年会費無料で海外旅行保険が自動で毎旅行付いてくる
通信費3千円/日
両替手数料両替金額の3~10%エポスカードでのカード決済の方が両替手数料がかなり安い

 

コラム:ハワイの物価

ハワイは太平洋のほぼ中心に位置している島なので、各種物資に輸送コストが必要となっているため物価は高めの印象です。

更に、基本が観光地であるため元々の値段が高めの設定である上に、近年の円安ドル高の影響もあり、日本人にとっては一層高く感じられます。

ハワイを含めてアメリカ全体は現在インフレ経済が進行している状態で、不動産価格が高騰を続けている影響から、特に家賃やホテルの宿泊料金などが年々価格上昇しています。

但し、全てが高い訳では無く、ものによっては日本よりも安く購入できるものもあります。

例えば、アメリカやハワイが産地となっている農産物や加工品は日本よりもはるかに安価で購入することが可能であったり、アメリカ発祥のブランド品なども日本の価格の半額以下で購入できます。

なお、アメリカ国内の中でも高い部類に入っているハワイのガソリンの価格ですが、日本に比べれば安い傾向にあります。

一方、日本と比較して高価なものは、日本からの輸入品や生活用品の文房具、日用品などが挙げられます。

また、外食もかなり割高で、食事そのものの価格設定が高いことに加えて、食事代金の20パーセント前後が基本となっているチップも無視できない金額となっています。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作ると得するのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際お世話になることはないと思いながら海外旅行保険代として渋々5,000円程度払っていませんか?

また、持っているカードに海外旅行保険について記載があったとしても、旅費をそのカードで決済した場合に限るといったややこしい条件がついていて、海外旅行保険が適応されているのか不安に思う場合もありますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無条件・無料で付帯しているのでカードを作ってしまえば、カードを使う使わないに関わらず、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯しているものはほぼなく、下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/


カテゴリー