ハワイ旅行で損しないために伝えたいハワイ旅行の費用のほんとの話

・ハワイ旅行の費用はどれくらいかかるの?

・ハワイ旅行では何にお金がかかるの?

こういった疑問にお答えします。

ハワイ旅行の費用の目安は?

日本旅行業協会の調査によると、平均旅行日数は9.4日で費用は平均15.0万円だそうです。

自分も今まで20カ国程度海外旅行に行きましたが、概ね10日間で15万円というのは妥当な金額だと感じます。

 

ただこの金額はあくまで平均でどんなところに泊まって、何を食べて、何をするのかに大きく左右されます。

自分の場合は食費と宿泊費は抑えて、やりたいことは全部やる!という感じで旅行したらさっき言った10日で15万という金額になってます。



ハワイ旅行の費用の計算方法

ハワイ旅行の費用がだいたいいくらになるかは次の式で見積もれます。

●旅行の費用=準備費+航空券代金+生活費+予備費

これだけでは「準備費って何?」「生活費って何?」となると思うので1項目ずつ細かく見ていきます。

 

ハワイ旅行の準備費用

ハワイ旅行のための費用は出発する前の日本にいるタイミングから発生してきます。

変換プラグの費用とか首枕の費用とか細かいものを考えるときりがないですが、大きく費用としてのってくるのはパスポートと海外旅行保険です。

パスポート

パスポートを持っている場合は特にお金はかかりませんが、ハワイ旅行のためにパスポートをとる!という人は残念ながら無料ではなく1万6千円もかかります。(10年タイプ)

海外旅行保険

ほぼ全員海外旅行保険に加入しますが、たまに海外旅行保険に加入せずに海外に行く人がいます。

5000〜10000円節約するためによくそんなリスクとれるなぁと思います。

 

というのも海外では日本の保険が適応されないので病気になったときの請求がやばいことになります。(100万単位で請求されたとかいう話もあるらしい)

 

自分も一度海外旅行保険に入らず海外旅行に行ったことがあるのですが、夜遅くまで遊ぶのもご飯を食べるのも「寝ないと風邪引くかも」「これ食ったら病気になるんじゃね?」という不安な気持ちにになって全然楽しめませんでした。

 

ケチらず加入をおすすめします。

5000円〜10000円程度なので

ハワイ旅行の航空券費用

航空券代はハワイ旅行の費用のうち大きなウェイトを占めるはずです。

ただこの航空券代も時期によって大きく変動しますし、LCCを使うかJAL/ANAを使うかでも大きく変わります。

 

自分の感覚だとハワイ往復であれば円くらいかなと思います。



ハワイ旅行の生活費用

生活費は食費と宿泊費と交通費、あと忘れがちですが通信費などが該当します。

 

食費

節約しようとしてもおいしそうなものがたくさんあって何だかんだ高くなってしまうのが食費。

 

お酒を飲まないなら最低3000円/日、お酒を飲むなら最低5000円/日は想定したほうがいいです。

宿泊費

ハワイの宿泊費は完全にホテルのグレードによります。

交通費

ちょっと移動するための電車賃とかはハワイ旅行全体の費用からしたら微々たるもので無視してもいいですが、がっつり移動する場合は事前に見積もっといたほうがいいです。

通信費

日本の携帯をそのままハワイに持っていってスマホを使うと3000円/日くらい費用がかかります。

お金に余裕があれば楽なのでそれでもいいですが、日本でハワイ用のポケットWiFiをレンタルして持っていくのが一般的で格安でスマホをみんなで使えます。

  1. スマホで地図を見ながら移動する。
  2. 調べ物をする。
  3. SNSに写真をアップする

ハワイでこれらをするなら、(移動しながら)通信ができるようにする必要があります。

日本の携帯をそのまま使うとえげつない請求がくるので絶対にやめましょう。

ハワイ旅行が1人長期旅であれば、現地のSIMを契約、2人以上のであればポケットWi-Fiをレンタルするのが基本最安になります。

ハワイであればポケットWi-Fiは複数人使えて1,000円/日程度しか費用がかからないので旅行に慣れている人はポケットWi-Fiをレンタルしています。

イモトのWi-Fi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWi-Fiです。

イモトのWi-Fiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

ハワイであれば、一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。



ハワイ旅行の雑費

アクティビティ費

なんらかのイベントやアクティビティに参加するのであればその分費用がかかります。

お土産代

ハワイ旅行のお土産を買うのであれば量とグレードに応じて費用がかかります。

両替費用

あまり意識しない部分ではありますが、日本円をハワイの通貨に両替するとその金額に応じて手数料が結構ガッツリ盗られています。

両替する場所にもよりますが、3〜10%くらい。

なので20万使うから20万円分両替!としてしまうと最悪2万円くらい手数料でもっていかれます。

クレジットカードであれば多めに両替してしまった。。ということにもなりませんし、手数料が1.63%と格安なので旅行になれている人はほぼ全員クレカメインで支払いをしています。

 

海外クレカ1位:三井住友VISAクラシックAカード

メディアで海外用クレジットカードとしてほぼ必ず名前がでてくるのが三井住友VISAクラシックAカードです。
三井住友VISAクラシックAカードの特徴は下記の通りです。

  1. 年会費が初年度無料(2年目以降1500円)
  2. 国内旅行保険・海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. キャッシュレスで海外で治療がうけられる
  4. 海外旅行保険適応時に日本語でサポートが受けられる

三井住友VISAクラシックAカードのいいところは圧倒的な安心感です。

年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険がついてくると記載されているものもありますが、適応のために条件があったり、現地で治療費を建て替える必要があったり(高額で払えないことが多い)、英語で会話する必要があったりと実際使って見ると使い物にならないことも多いですが、その点は三井住友VISAクラシックAカードは一切て抜きしていないので安心して利用することができます。

海外クレカ2位:REXカード

よくメディアで海外用最強クレジットカードとして三井住友VISAクラシックAカードと合わせて名前がでてくるのがREXカードです。
REXカードの特徴は、下記の通りです。

  1. 年会費が無料
  2. 年会費無料で海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 利用金額に応じた還元率が1.25%と超高還元
  4. 最大5000円分ポイントプレゼント

年会費無料のカードでありながら、海外旅行保険の補償額がしっかりしており、海外旅行保険の適応条件も特にないため非常に海外旅行者にとってお得なカードになっております。

また、REXカードがすごいところは還元率が0.5%のクレカが多い中、還元率1.25%という、相当すごい還元率なので、海外旅行関係なくメインカードとして利用すべきカードと断言できます。

まとめ

●旅行の費用=準備費+航空券代金+生活費+予備費

事前に見積もって必要な金額を頑張ってためてハワイ旅行を楽しみましょう。

 

コラム:ハワイの物価

ハワイは太平洋のほぼ中心に位置している島なので、各種物資に輸送コストが必要となっているため物価は高めの印象です。

更に、基本が観光地であるため元々の値段が高めの設定である上に、近年の円安ドル高の影響もあり、日本人にとっては一層高く感じられます。

ハワイを含めてアメリカ全体は現在インフレ経済が進行している状態で、不動産価格が高騰を続けている影響から、特に家賃やホテルの宿泊料金などが年々価格上昇しています。

但し、全てが高い訳では無く、ものによっては日本よりも安く購入できるものもあります。

例えば、アメリカやハワイが産地となっている農産物や加工品は日本よりもはるかに安価で購入することが可能であったり、アメリカ発祥のブランド品なども日本の価格の半額以下で購入できます。

なお、アメリカ国内の中でも高い部類に入っているハワイのガソリンの価格ですが、日本に比べれば安い傾向にあります。

一方、日本と比較して高価なものは、日本からの輸入品や生活用品の文房具、日用品などが挙げられます。

また、外食もかなり割高で、食事そのものの価格設定が高いことに加えて、食事代金の20パーセント前後が基本となっているチップも無視できない金額となっています。



海外旅行用最強カード

海外クレカ1位:三井住友VISAクラシックAカード

  1. 年会費が初年度無料(2年目以降1500円)
  2. 国内旅行保険・海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. キャッシュレスで海外で治療がうけられる
  4. 海外旅行保険適応時に日本語でサポートが受けられる

海外クレカ2位:REXカード

  1. 年会費が無料
  2. 年会費無料で海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 利用金額に応じた還元率が1.25%と超還元
  4. 最大5000円分ポイントプレゼント