ハワイの気温に最も適した服装と日焼け対策

ハワイは行くと90%以上の人が、リピートしたいと思わせる魅力がある島々。

その魅力は、きれいなワイキキビーチ、治安が良く日本語で安心してショッピングが楽しめるだけでなく、なんと言ってもその温暖な気候が、ストレス発散や元気をくれる源になっています。

ハワイの夕日は、この場所でしかない気候が生み出した最高のプレゼント。

一年中ベストシーズンで快適なハワイですが、季節も雨季と乾季があり、年間で4~5度の平均温度の差が出ます。

この記事では、海外旅行がはじめての方にも安心してハワイが楽しめるように、ハワイの気温、服装、日焼け対策などについて深掘りしてご紹介しています。今後の旅の参考にしてください。

 

ハワイの気候、気温

ギラつく太陽とカラッとした空気、山と海の大自然に囲まれ、きれいなサンセットをまったりと楽しむ夕暮れ、最高のバカンスが楽しめるハワイは一年中がベストシーズンです。

熱帯気候独特の季節は、乾季と雨季に分かれていますが、雨季でも雨は少なく、一年中海水浴も楽しめます。気温も年間を通して安定しており湿度も高くならないので快適

季節期間最低気温~最高気温
乾季5月~10月23℃~31℃       
雨季11月~4月20℃~27℃

 

乾季の気温

乾季はとても安定した気温で、とても過ごしやすいです。最高気温も日中に30℃を少し超える程度なので、日本のような気温が40℃ぐらいになる猛暑日はありません

 

4月~5月の気温

平均気温は24℃~25℃ぐらいで、季節の変わり目の4月などは日が沈むと肌寒く感じます。

 

5月~9月の気温

平均気温は25℃~28℃ぐらいで、一番のベストシーズン。日本のベットリとした暑さと違い、湿度が低いので過ごしやすいです。カラッとした空気を体いっぱい浴びると、一瞬でハワイの虜になってしまうでしょう。旅人に元気を与えてくれて、またリピートしたいと思う魅力の一つでもあります。

 

雨季

ハワイの雨季は、朝夕にスコールが降る程度なので、天気によって旅の計画を変更する必要も少なく、降水量もそれほど高くありません。もし天候不良でも、室内で遊べる施設はたくさんあるので、飽きることはありません

日中はビーチで海水浴が楽しめるが、乾季に対して3~4℃平均気温が低いので海水が冷たく感じることもあります。

 

10月~11月の気温

雨季に入り、スコールが降る回数が増えるが、平均気温は24℃~25℃ぐらいなので過しやすいです。季節の変わり目は昼と夜の寒暖差が激しいので、夜は寒気を感じます。

 

11月~4月の気温

ハワイの降水量は12月頃がピークとなり、もっともスコールが降ります。晴れ渡る青空が、あっという間に雨雲に変わり大雨が降って来たと思えば、またすぐに太陽が出ます。



常夏の島のハワイでの服装

待ちに待った休暇、ハワイへの旅行。だけど海外旅行は未経験だし、常夏の島ってどんな服装をしていったらいいのか?単純に日本の夏をイメージするだで大丈夫でしょうか……

熱帯気候の国に旅行したことがない方は、どういった服装がハワイに適しているかは、分かりずらいこともあるでしょう。年間の平均気温を通しても、25℃を切らないぐらいなので、日本で言えば真夏というより、夏の終わり頃という気温です。

昼間は半袖で十分ですが、夜は風も少し強くなり上着を羽織るぐるいまで気温が下がることもあります。その他に、室内の施設は冷房がよく効いてるので、薄着だと寒いです。

 

基本的な男性の服装

ハワイのワイキキビーチの映像などは、テレビとかでもよく紹介されてイメージしやすいかと思いますが、開放的な雰囲気があるので、現地の人達、観光者とわずラフな格好の人が目立ちます。

男性はTシャツ、ポロシャツにジーンズか短パンを合せて、カジュアルで動きやすいスタイルがオススメ。徒歩での移動が多い場合は、ビーチサンダルだと疲れるので、スニーカーなどもあれば役立つでしょう。

 

基本的な女性の服装

肌の露出度が高い服装でも、人目が気にならないので思いっきりファッションが楽しめます。カジュアルでラフな格好がベスト、日中でも時おり風が強く、肌寒く感じるときもあるので、上に羽織るものが必要

基本的にTシャツに短パン、ジーンズなどのカジュアルな感じでOK、ワンピースなどで気軽に行ける場所が多いが、高級レストランやビルの屋上などにあるバーに行くときはドレスコードは確かめるようにしましょう。

 

ハワイのドレスコード事情

ハワイでディナーやパーティーを楽しむ場合はドレスコードが気になります。そこでハワイのドレスコードについてポイントをまとめてみました。

オススメNG
男性襟付きシャツ

ジャケット

アロハシャツ

スーツ

長ズボン

タンクトップ

Tシャツ

デニム

ダメージ加工のボトムス

水着

サンダル

女性ワンピース

アロハシャツ

ムームー

サマードレス

エレガントなサンダル

パンプス

タンクトップ

キャミソール

オーバーオール

水着

ショートパンツ

ビーチサンダル

 

ドレスコードは難しく考える必要はありません、正装をするというよりかは、カジュアル過ぎる格好は避けるぐらいの気持ちで大丈夫です。



女性はご注意!ハワイの紫外線対策

ハワイに行くなら日焼け対策は、しっかりとしたいところ。海水浴やサーフィンなどのマリンスポーツを楽しむ絶好の機会なので、遊ぶことばかりに気を取られますが、日差しが強いので「日焼け対策」は重要です。

ハワイは雨季と乾季がありますが、年間で気温の差があまりありません。そのため日中は太陽がカンカンに肌を照らします。

 

紫外線は日本の4~5倍にもなる

簡単な知識として、一般的に紫外線の量は赤道に近いほど増えます。なので赤道近くの熱帯気候の国は自然と紫外線の量が多いです。

紫外線がもたらす肌や人体のへ影響は、肌の老化、DNAの破壊などがあります。女性に限らず紫外線対策は必要になるでしょう。

とくにマリンスポーツを楽しむ場合は、日差しを遮るものが少ないので、紫外線を長時間浴びることになります。そのため、熱中症や体調不良にも注意が必要です。

 

ハワイので日焼け対策

ハワイでは日傘をさす文化がありません。雨は降りますが、スコールが短時間降るだけなので、基本的に傘をさす文化が芽生えないからです。これは熱帯気候の国のあるあるネタです。それでは、どのような日焼け対策を現地の人がしているのか?

 

日焼け止めクリームやローション

ハワイの日差しは強いので、日焼けどめクリームは欠かせません。ただし、海水に入る場合は何度も塗り直しが必要になります。しっかりと日焼けどめをしないと、あとで皮膚が真っ赤に……肌がヒリヒリする苦い経験をすることにもなかねません。

 

ラッシュガード

マリンスポーツを自由に楽しみたいと言う方には、ラッシュガードもオススメ。ラッシュガードはサーファーだけが使うものと勘違いされう場合もありますが、ハワイでは紫外線をカットする目的で着用してる方もたくさんいます。

 

UVパーカー

やっぱり日焼け対策するなら長袖の上着がしっくりきます。すこし薄手のUVパーカーはビーチでも大人気。フードをすっぽりかぶれば、忘れがちな首の後ろ側も守れます。

 

サングラス

ハワイといえばサングラスですね。バイクを乗るときでも、ヘルメットは任意でも、目の保護のためにサングラスは義務化されています。

強い日差しを直接目で受けると、角膜の細胞がダメージを受けるのでサングラスは必需品です。



安全のため最低限の用意

人気の高いリゾート地のハワイ、気分のリフレッシュにも最適ですが、日本とは気候や気温が違うので、急に体調不良になることも…..もしものためには海外保険は必須。

また治安が良いといえど、毎年数多くの日本人が、観光者を狙った盗難などの軽犯罪に巻き込まれます。

そして一番怖いのが、病気や怪我をしたときです、ハワイは世界的にも医療費が高額な地域です。数日間の軽い入院でも保険がないと何百万という医療費がかかることも……

万が一の場合に備えて、海外旅行保険の重要さは忘れてはいけません。旅行中は予期せぬトラブル、怪我、病気は時として避けられないときもあります。

そんな時は強い味方になるのが、クレジットカードに付帯する海外旅行保険。無料で即日発行できる海外旅行の強い味方になります。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

 

まとめ

みなさん、最後まで読んでいただきますありがとうございます。

ハワイの温暖で過しやすい環境は、一度に味わうと忘れることができません……ハワイにある大自然も海もこれらすべてが、この土地の気候が育んだ奇跡です。

一年中常夏の楽園ハワイは、いつでもあなたを暖かく迎えてくれます。