2019年最新版|ニュージーランドのおすすめプリペイドSIM

海外旅行でもスマホでネットにアクセスする方法はたくさんありますが、できれば安く、それでいて快適に使いたいものです。

そこでこの記事では、ニュージーランドのプリペイド式のSIMや、日本でも購入可能な海外周遊SIM、ポケットWiFiなど比較しながら、ニュージーランドで快適にネットを使う方法をお伝えします。

ニュージーランド旅行するならSIMフリーのスマホがおすすめ

SIMフリーのスマホがあれば、ニュージーランドに限らず海外で現地のプリペイド式のSIMを購入して使うことができるので、コスパがいいです。
最近ではホテルや駅、主要観光スポットなどでもフリーWiFiを使うことができますが、移動中に情報収集したり、Googleマップをみたり、旅の思い出をSNSでシェアしたり、24時間ネットにアクセスできる環境のほうがストレスフリーに旅が楽しめます。

もしも日本のキャリアのスマホをお使いで、SIMロック解除していならなら、旅行前にSIMロック解除をしておくのがおすすめです。

ニュージーランドのおすすめSIM

ニュージーランドには、大手キャリアが3社あります。
それぞれの料金プランを参考にして、最適なSIMをみつけましょう。

・Vodafone
日本人にも馴染みのあるVodafone、ニュージーランドでは最大手のキャリアで、ニュージーランド全土のカバーエリアと安定した通信速度で人気です。
とりあえずどこのSIMにするか迷った場合は、VodafoneのSIMを選べばいいでしょう。
特に、ニュージーランドの地方まで観光する人にはおすすめです。

1週間ぐらいの滞在なら、容量が1.5GBの一番小さい料金プランでも問題ないでしょう、もしもデータ通信容量がなくなっても20ドル/1GBがチャージすることができます。

料金プラン:Vodafone Travel Plans
料金:29ドル(約2,020円)
通信:3G/4G
容量:1.5GB
有効期間:30日
その他:200分の国内通話、テキストメッセージ国内+16国(日本を含む)、ワッツアップは無料

料金プラン:Vodafone Travel Plans
料金:49ドル(約3,400円)
通信:3G/4G
容量:5GB
有効期間:60日
その他:200分の国内通話、テキストメッセージ国内+16国(日本を含む)、ワッツアップ、フェイスブック、インスタ、ツイッターなどのSNSは無料(30日間)

料金プラン:Vodafone Travel Plans
料金:59ドル(約4,100円)
通信:3G/4G
容量:10GB
有効期間:60日
その他:200分の国内通話、テキストメッセージ国内+16国(日本を含む)、ワッツアップ、フェイスブック、インスタ、ツイッターなどのSNSは無料(30日間)

・Spark
Sparkはニュージーランドの大手通信会社であり、固定電話サービス、モバイルネットワーク、インターネットサービスプロバイダーを提供しています。

2014に現在のSparkに変更される前は、Telecom New Zealandと呼ばれていました。
安定した通信で、おすすめできるキャリアです。

特徴は「NZ Travel SIM」を入手するとニュージーランド全土に1,000以上ある無料WiFiゾーンを利用し、1日あたり1GBの無料WiFiを利用できます。

料金プラン:NZ Travel SIM
料金:29ドル(約2,020円)
通信:3G/4G
容量:1GB
有効期間:30日
その他:200分の国内通話、100分の国際電話、200回分の国内テキストメッセージ、50回分の国際テキストメッセージ、1GB FREE SPARK専用WiFispotボックス

料金プラン:NZ Travel SIM
料金:49ドル(約3,400円)
通信:3G/4G
容量:5GB
有効期間:60日
その他:200分の国内通話、200分の国際電話、200回分の国内テキストメッセージ、100回分の国際テキストメッセージ、1GB FREE SPARK専用wifispotボックス

・2degrees
2degreesは、固定電話およびブロードバンドサービスだけでなく、プリペイドおよび月払いの月額モバイルサービスを提供します。
格安料金プランで人気のキャリアで、都心部では強いですが地方ではVodafoneやSparkの方が電波が入りやすいです。

料金プラン:Prepay Monthly Plan SIM
料金:10ドル(約700円)
通信:3G/4G
容量:250MB
有効期間:30日
その他:100分の国内通話、無制限の国内テキストメッセージ

料金プラン:Prepay Monthly Plan SIM
料金:19ドル(約1,320円)
通信:3G/4G
容量:1.25GB
有効期間:30日
その他:200分の国内+オーストラリア通話、無制限の国内+オーストラリアテキストメッセージ

料金プラン:Prepay Monthly Plan SIM
料金:30ドル(約2,080円)
通信:3G/4G
容量:2.5GB
有効期間:30日
その他:300分の国内+オーストラリア通話、無制限の国内+オーストラリアテキストメッセージ

料金プラン:Prepay Monthly Plan SIM
料金:55ドル(約3,820円)
通信:3G/4G
容量:10GB
有効期間:30日
その他:無制限の国内+オーストラリア通話、無制限の国内+オーストラリアテキストメッセージ

ニュージーランドの格安SIMも人気

格安SIM(MVNO)の位置づけの「Skinny Mobile」は、コスパがよく人気が年々高まっています。
Sparkの通信網を使っているので、安定していておすすめです。

料金プラン:NZ’s lowest priced 30-day travel plan
料金:28ドル(約1,940円)
通信:3G/4G
容量:2GB
有効期間:30日
その他:200分のの国内+オーストラリア通話200分+200分の国際電話、200回分の国内+オーストラリアテキストメッセージ

料金プラン:60-day travel plan
料金:48ドル(約3,340円)
通信:3G/4G
容量:6GB
有効期間:60日
その他:200分のの国内+オーストラリア通話200分+200分の国際電話、200回分の国内+オーストラリアテキストメッセージ

料金プラン:60-day data only plan
料金:88ドル(約6,120円)
通信:3G/4G
容量:20GB
有効期間:60日
その他:-

ポケットWiFiのご利用もおすすめ

海外でネット環境を利用できるポケットWiFiルーターのレンタルは、人気のサービスです。
国際ローミングより断然コスパがよくて、現地のツーリストSIMに比べて細かな設定なども必要とせず定額なので使いすぎる心配もありません。

またポケットWiFiをレンタルすれば、シェアをして複数の人で使うことができます。
「大人数で使ったらすぐに容量オーバーするのでは…」と感じかも知れませんが、海外では使うサービスといえばGoogleマップやSNSなどある程度限られています。

例えばLINEのメッセージなら250MBあれば、約125,000回以上送信できて、Googleマップの地図検索も約70回以上は可能です。

イモトのWi-Fi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWi-Fiです。

イモトのWi-Fiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

であれば、一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。

まとめ

海外でスマホをネット接続する方法は、日本のキャリアの国際ローミングだけでなく、SIMフリーのスマホがあれば現地でプリペイド式のSIMを購入することで、24時間の快適なネットライフを送ることができます。

「常にネットを使いたい人」「ときどきネットにアクセスできればいい人」「緊急時のためにネット環境を確保したい人」など、自分のネット利用のスタイルに合わせておすすめのサービスが選んでください。