2019年最新版|韓国で使えるツーリストSIMのメリット・デメリット

「韓国でもスマホが使いたい」
海外旅行に行くときに考えないといけないのが、現地でどうやってインターネットにアクセスするのかです。
韓国はIT大国で日本よりフリーWiFiスポットが充実はしてますが、ホテル・カフェなどのある特定の場所に限ります。

「まあ滞在先のホテルで使えたらいいか…」なんて考えていると、もしかすると観光するとき困るかもしれません。
そこでこの記事では、韓国でネットにアクセスする方法をお伝えします。

韓国でネットアクセスする方法はSIM・Wifi・国際ローミング

instagram-image

yuri_korea1120

韓国旅行でもフレキシブルに行動して、近くにあるおすすめお店を探したり、最新の情報を手に入れたり、迷ったときに地図をみたりと、色んな場面でスマホを使いたくなります。

そこでインターネットにアクセスできないと、「どうしよう…」とかなり不便に感じます。
韓国でも自由にスマホでインターネットとしたいなら次の方法があります。

・海外SIM/現地プリペイドSIMを使う
・WiFiルーターを借りる
・国際ローミングを使う
・フリーWifiを使う

この中では多くの日本人観光客が使っているのが、ポケットWiFiと海外SIMです。日本のキャリアのSIMのまま国際ローミングを使うことができますが、その場合は1日で約2,000~3,000円ほどかかるのでおすすめできません。

イモトのWi-Fi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWi-Fiです。

イモトのWi-Fiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

であれば、一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。

海外SIM/ツーリストSIMのメリット・デメリット

日本でもUQ モバイルなどの登場で日本でも、SIMフリーのスマホを使うことが一般的になってきてます。
SIMフリーのスマホを使えば、海外SIMを使って韓国でも自由にデータ通信することができます。

日本でも購入可能で韓国で使える海外SIMだと、Amazonで売られている「SIM2Fly」「Three」などが購入可能です。

また韓国のキャリアが、販売しているツーリストSIMもあります。

・SIM2Fly:
アジア16ヵ国(日本でも利用可能)で使える海外SIM、容量は4GBで期間は8日間で4G/3Gのデータ通信が可能です。約1,280円

便利な点は日本でも使えること出国前に、SIMを切り替えておけるので安心して使えます。

・Three:
韓国で使える海外SIM、容量は3GBで期間は6日間で4G/LTE/3GBのデータ通信が可能です。

値段でいえば韓国で使える海外SIMとして最安値の約780円で、現地のキャリアの「SKテレコム」データ通信を使うので安定しています。

韓国のおすすめSIM

instagram-image

_07_k_rena_

韓国には、大手3社のキャリアが存在します。

・SK telecom
韓国で最大シェアを誇るSK telecom、韓国で一番カバーエリアが充実していて通信が安定しています。日本でも「Qoo」を使えば、SK telecomのSIMが日本で購入可能です。

料金プラン:SK TELECOM Prepaid Data SIM(データSIM)
(データ通信は無制限です)
Prepaid Data SIM 1日 6,600ワォン (約620円 )
Prepaid Data SIM 3日 18,000ワォン (約1,690円)
Prepaid Data SIM 5日 27,500ワォン (約2,590円 )
Prepaid Data SIM 10日 38,500ワォン (約3,620円 )
Prepaid Data SIM 20日 60,500ワォン (約5,700円)
Prepaid Data SIM 30日 71,500ワォン (約6,.740円)
携帯にSIMを入れられた時点で24時間単位でカウントされてるので使い勝手がよく、データ通信量が無制限なのが長所です。ただ、料金プランは安くはないですが、短期旅行者には最適ではないでしょうか。

・KT(Korea Telecom)
シェア率No2のKT、世界初の5Gサービスを展開したことでも有名になりました。料金はSK telecomとまったく同じで、ライバル関係にあります。
料金プラン:KT Prepaid SIM(通話SIM)
(データ通信は無制限、音声/SMS受信料金無料)
KT Prepaid SIM 1日 6,600ワォン (約620円 )
KT Prepaid SIM 5日 27,500ワォン (約2,590円 )
KT Prepaid SIM 10日 38,500ワォン (約3,620円 )
KT Prepaid SIM 30日 71,500ワォン (約6,.740円)

・LG telecom
LG telecomは安さを売りにしている、日本でいうソフトバンクのようなキャリアです。但し旅行者向けのプリペイドSIMの場合は、他のキャリアと値段が変わらないが、オンライン予約すれば、ディスカウントがあります。
料金プラン:KT Prepaid SIM(データSIM)
(データ通信は無制限)
LG U + Prepaid Data SIM 5日 27,500ワォン (約2,590円 )
LG U + Prepaid Data SIM 10日 38,500ワォン (約3,620円 )
LG U + Prepaid Data SIM 30日 71,500ワォン (約6,.740円)

旅行者向けのプリペイドの料金プランは頻繁にアップデートされるので参考程度にしてください。(2019年11月現在)

ポケットWiFiのご利用もおすすめ

海外でネット環境を利用できるポケットWiFiルーターのレンタルは、人気のサービスです。
国際ローミングより断然コスパがよくて、現地のツーリストSIMに比べて細かな設定なども必要とせず定額なので使いすぎる心配もありません。

またポケットWiFiをレンタルすれば、シェアをして複数の人で使うことができます。
「大人数で使ったらすぐに容量オーバーするのでは…」と感じかも知れませんが、海外では使うサービスといえばGoogleマップや通話アプリ、SNSなどある程度限られています。

例えばLINEのメッセージなら250MBあれば、約125,000回以上送信できて、Googleマップの地図検索も約70回以上は可能です。

移動中以外のホテルのカフェではフリーWiFiが使えるので、容量はあまり消費しないことが多いのです。
大切なのは、手間なく安心して使えることではないでしょうか。

まとめ

この記事では、韓国でもネットを手軽に使いたい場合のおすすめの方法をご紹介しました。
韓国での思い出をSNSで共有したり、現地で美味しいお店をなどをチェックしたり、海外でもネットでアクセスできるのとできないのでは、楽しむ方が大きく変わってきます。

韓国で使えるSIMやポケットWiFiを使えば、お得にネットにアクセスできるのでコスパも悪くありません。
この記事を参考に、自分にピッタリの韓国でのネットライフを過ごしてください。