韓国に入国する時に必要なビザは?ビザの種類を解説

韓国は日本から近い国として、多くの人が海外旅行先として訪れている国です。最近では韓流ブームもあり、韓国語を学びに韓国に行く人も多くなってきています。
そんな韓国ですが、入国するにはどんなビザが必要なのでしょうか。韓国にあるビザの種類を紹介していきます!

韓国旅行にはビザは必要?

多くの方は韓国に旅行で訪れると思いますが、旅行で韓国を訪れる際にはビザが必要なのでしょうか。

韓国の場合、観光目的の場合90日以内であればビザなしで入国することができます。ビザなしで入国する場合は、韓国から出国するための飛行機の予約済みチケットがあり、出国日までパスポートの残存期間が3ヶ月以上残っているのことが必要です。

パスポートの期限についてはパスポートに記載されているので問題ありませんが、場合によっては入国審査の際に、帰りのチケットの予約情報の提示を求められる場合があります。なので、韓国に入国する前に予約情報をプリントしておくか、予約確認メールをすぐに出せるようにしておきましょう。

韓国を一度出国して、また観光で再入国する場合はまた再入国した日から90日間になるので、年に何度韓国を訪れても1回の滞在が90日間の場合はビザが必要ありません。



韓国にはどんなビザの種類があるの?

韓国に観光以外の目的で訪れる際には、ビザを取得しないといけません。目的別にビザの種類を見ていきましょう。

留学

韓国に留学する場合には2種類のビザがあります。一般研修ビザと留学ビザの2種類です。

一般研修ビザは、語学学校や国公立の教育機関などで学ぶ目的で91日以上韓国に滞在予定の場合に必要なビザになります。最長で2年間まで延長することができます。

一般研修ビザの申請には、

  1. 申請書
  2. パスポート
  3. 写真1枚
  4. 入学許可書
  5. 教育機関の事業者登録証の写し
  6. 銀行の残高証明書
  7. 在学証明書or最終学歴証明書

の7種類が必要になります。基本的に特別難しい書類を準備しないといけない必要は無いので、ほとんどの場合ビザが拒否されることはありません。

留学ビザは、韓国の大学や大学院・専門学校に通う場合に必要なビザになります。交換留学生として韓国を訪れる時にもこのビザが必要になります。留学ビザも最長は2年間です。

留学ビザの申請にも一般研修ビザと同じ書類が必要になります。

ワーキングホリデー

韓国にはワーキングホリデービザがあります。ワーキングホリデービザは18~30才の間に原則1度だけ取得できるビザで、このビザを取得すると韓国に入国後1年間滞在することができます。その期間中は語学学校に通ったり、滞在資金を補うために就労することができるビザです。

ワーキングホリデービザを取得するためには、

  1. 申請書
  2. パスポート
  3. 写真1枚
  4. 残高証明書
  5. 往復航空券
  6. 在学証明書or最終学歴証明書
  7. 活動計画書

が必要になります。

ワーキングホリデービザは、ビザ発給日から1年間有効で、韓国に入国してから1年間滞在することができます。

韓国で就業

韓国で仕事をする場合には、業種や職種によって違う種類のビザを申請する必要があります。
日本の方が多く取得するのは、駐在ビザです。駐在ビザは日本から派遣されて韓国国内で働く場合に必要なビザです。そのほかに多く取得する人が多いのは会話指導ビザだと思います。会話指導ビザはその名の通り、日本語学校などで働く場合に必要なビザです。

そのほか、韓国の企業に直接就職する場合にもビザが必要で、その場合には特定活動ビザが必要です。ただ、これらの就労ビザの発給はかなり難しく、中々ビザの取得は厳しいです。

就労ビザに関しては、基本的に企業側が手続きをすることがほとんどなので、必要書類などは割愛します。

就業ビザで1年以上滞在すると居住ビザに変更可能なことも

就業ビザで1年以上韓国に滞在している場合、就業ビザから居住ビザに変更することができる場合があります。

居住ビザに変更できるビザの種類は、教授・会話指導・研究・技術指導・專門職業・特定活動の6種類です。この6種類のビザで1年以上韓国に滞在しており、年齢・学力・韓国語能力・所得などの項目を点数化し、120点満点中80点以上の場合に居住ビザを取得できます。

居住ビザになると最長で3年間韓国に滞在ができるようになり、自由に就業活動ができるようになります。

国際結婚

もしかしたら、韓国人と結婚をすることがあるかもしれません。そんな時に韓国に住むことになったら申請するのが結婚移民ビザです。

結婚移民ビザの場合、他のビザとは比べ物にならないくらい多くの書類を準備しないといけません。その中で大切になってくるのが偽造結婚では無いことを証明するための書類です。

近年、偽装結婚が多いため審査が厳しくなっています。なので、もし将来的に韓国人と結婚して韓国に住みたいと思う方は、しっかりとした交際を経て結婚に至ったことを証明できるようにしておきましょう。

結婚移民ビザの場合、最長で3年となりますが、申請時にどれくらい長くビザがもらえるかわかりません。ですが、このビザに関してはちゃんと更新をすることができます。また、韓国に滞在して2年を過ぎると永住権を取得することができます。



韓国入国に必要なビザの申請の仕方は

韓国で勉強したりする時には、ビザが必要になりますが、ビザの申請には様々な方法があります。

自分で申請する

基本的にビザは自分で申請をすることができます。全部自分で行うので、費用は安く抑えることができます。

その代わりに、申請書や必要書類を自分で準備しないといけません。申請書類に不備などがあるとビザがおりないことがあるので、十分に注意してビザ申請をしなければなりません。

もし、過去にビザ申請をしたことがある友達がいたり、自分自身が韓国語を理解できる場合などには自分で申請しても問題ないでしょう。

ビザ申請を代理で行ってくれる業者に頼む

韓国のビザ申請を専門に扱っている会社も多くあり、その業者に頼みビザ申請を行ってもらう方法もあります。

自分で申請するよりも手数料はかかってしまいますが、ビザ申請時に何が必要かなどを熟知している人たちが代理で申請してくれるのでオススメです。
特にワーキングホリデーのように一度しか取得できないビザの申請時には、申請ミスをしてしまったら、もうそのビザに対して申請ができないので、業者に頼むのが良いでしょう。

会社に申請してもらう

就労ビザや事業ビザを申請する方のほとんどはこの方法になるかと思います。これらのビザを取得する場合には、会社側からの手続きが必要なので、基本的には個人で申請をすることはありません。

もし、個人でこれらのビザ申請をしなければならない場合は、ビザ申請を行ってくれる業者に相談することをオススメします。



まとめ

観光で行く場合にはビザはいりませんが、韓国で勉強したい方や、仕事をしたいという方はビザを取得しなければなりません。
ビザの種類によって、発行までに長い時間がかかったりするものもあります。自分が韓国に訪れる目的にあったビザを探し、早めにビザ申請を行うようにしましょう!

海外旅行用最強クレジットカード

海外クレカ1位:三井住友VISAクラシックAカード

メディアで海外用クレジットカードとしてほぼ必ず名前がでてくるのが三井住友VISAクラシックAカードです。
三井住友VISAクラシックAカードの特徴は下記の通りです。

  1. 年会費が初年度無料(2年目以降1500円)
  2. 国内旅行保険・海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. キャッシュレスで海外で治療がうけられる
  4. 海外旅行保険適応時に日本語でサポートが受けられる

三井住友VISAクラシックAカードのいいところは圧倒的な安心感です。

年会費無料のクレジットカードで海外旅行保険がついてくると記載されているものもありますが、適応のために条件があったり、現地で治療費を建て替える必要があったり(高額で払えないことが多い)、英語で会話する必要があったりと実際使って見ると使い物にならないことも多いですが、その点は三井住友VISAクラシックAカードは一切て抜きしていないので安心して利用することができます。

海外クレカ2位:REXカード

よくメディアで海外用最強クレジットカードとして三井住友VISAクラシックAカードと合わせて名前がでてくるのがREXカードです。
REXカードの特徴は、下記の通りです。

  1. 年会費が無料
  2. 年会費無料で海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 利用金額に応じた還元率が1.25%と超高還元
  4. 最大5000円分ポイントプレゼント

年会費無料のカードでありながら、海外旅行保険の補償額がしっかりしており、海外旅行保険の適応条件も特にないため非常に海外旅行者にとってお得なカードになっております。

また、REXカードがすごいところは還元率が0.5%のクレカが多い中、還元率1.25%という、相当すごい還元率なので、海外旅行関係なくメインカードとして利用すべきカードと断言できます。