北米の人気国・カナダ。カナダの物価はどうなの!?

北米の人気旅行先のカナダ!ナイアガラの滝やオーロラなど自然が好きな人にはたまらない国です。その中で北米の国への旅行となると気になるのが物価だと思います。北米と聞くとアジアよりも物価が高いイメージがあると思います。

実際にカナダを訪れてみると全てが高いわけではなく、むしろ日本より安い物も見つかります。

では、カナダの物価はどうなのでしょうか。旅行する時に気になるジャンルを中心にカナダの物価を見ていきたいと思います!

カナダの通貨は?

カナダの通貨はカナダドルが使われています。1カナダドルはおおよそ85円前後が通常です。現在は1カナダドル=82.56円となっています(3月29日現在)。

流通している紙幣は5種類で5ドル、10ドル、20ドル、50ドル、100ドルです。全種類色が違うので、初めて使う人でもわかりやすいです!

硬貨は6種類で、2ドル、1ドル、50セント、25セント、10セント、5セントです。6種類流通していますが、50セント硬貨はほとんど使われていません。旅行に行っても見る機会がないと思うので、実質5種類と覚えておきましょう。



気になるカナダの物価は?

カナダの物価は基本的に日本と同じくらいですが、物によっては日本の2倍くらいするものもあれば、日本より圧倒的に安い物もあります。

では、旅行で気になる物価をジャンル別にみてみます。

交通機関

交通機関は空港に着いたら必ず使うことになるのでとても気になる部分だと思います。

主にカナダに旅行で訪れる人が向かうのはトロント・バンクーバー・モントリオールの主要3都市が多いと思いますが、3都市の主な交通機関は地下鉄・路面電車・バス・タクシーになります。

まず地下鉄ですが、トロント・モントリオールは料金が一律に、バンクーバーはゾーン制ですが日本よりは断然安いです。(1~2駅くらいの移動なら少し損かも…)

都市基本料金(1回あたり)
トロント大人$3.25(約270円) 子供・65才以上 $2.10(約175円)
モントリオール$3.25(約270円)
バンクーバーZone1 $2.75(約230円)、Zone2 $4.00(約330円)、Zone3 $5.50(約455円)

次に利用することが多いのがバスだと思いますが、カナダの場合はバスも地下鉄も料金が一緒です。路面電車も同一金額です。

さらに地下鉄、バス、路面電車を乗り継ぎする場合はトランスファーチケットというものを入手しておくと、90分以内の乗り継ぎは追加料金がかかりません。たくさんバスや地下鉄を使うという方は1dayパスやウィークリーパスもあるので、それを使うとさらに交通費を安く抑えることができます。

なので公共交通機関に関しては断然カナダの方が安いです。

タクシーの場合ですが結論を言うと料金だけでいうとタクシーもカナダの方や割安です。初乗り料金は$3.25(約270円)と日本の半分以下の値段です。そして走り出すと143m毎に$0.25(約20円)メーターが上がっていきます。実際に乗るとわかるのですが、メーターが日本に比べ速く上がるので高く感じますが、日本より安いのです。

ただ、ここで注意しないといけないのがチップです。チップは大体料金の15%くらい渡すのが普通と言われています。例えば料金が$10だった場合$1.5~$2くらい渡すイメージです。これを加味すると日本と変わらないか、少し高くなってしまいます。

食費

旅行に行く楽しみの1つが食という方も多いと思います。カナダは多国籍国家なので、様々な国の料理がありグルメ好きのひとにとってはたまらないと思います。ただ、カナダで外食する場合はほとんどの場合日本より高いです。

カナダでレストランに行くとファミリーレストランでも1食当たり$15(約1,250円)以上かかってしまいます。ドリンクはソフトドリンクでも$3~(約250円~)と日本と同じくらいになっています。ただ、ほとんどのレストランでソフトドリンクはおかわり自由となっているので日本よりお得感があるかもしれません。アルコールの場合はカナダのビールで$6~(約500円~)となっています。

海外にいってもどうしても日本食が食べたいという人もいると思います。ただ、カナダで食べる日本食はとにかく高いです。カナダでも最近店舗数を増やしているのがラーメン屋ですが、1杯あたり$15(約1,250円)以上とラーメンでも高い料理に部類されてしまいます。

この値段は料金のみで、支払いの際にはこれにプラスして日本と同じように税金、そしてレストランで食事をした場合は食事代+消費税にプラスしてチップを払う文化があります。

カナダには国税と州税の2種類があり、トロントのあるオンタリオ州の場合は国税の5%、州税が8%の合計13%の税金がかかります。それに対し、チップは15~20%が一般的と言われています。

例えば、2人でレストランで食事をした場合$20×2人分=$40(約3,300円)。それに消費税の13%の$5.2(約430円)、チップ分の15%の$6(約500円)。それを合計すると約$52(約4,300円)かかってしまいます。

日本と比べレストランで食事をすると高くなってしまいますが、ファストフードは日本とあまり変わらない値段で購入でき、ピザ屋の場合は1切れ$3(約250円)と日本と比べ安くなっています。なので、安く食事を済ませたい場合はファストフードやピザ屋をオススメします。

また、カナダはコーヒーショップが多く安くコーヒーを買うことができます。特にカナダ発祥のTim Hortonは特に安く、1杯$2で約170円と日本よりもかなり安めです。ドーナツも$1~(約85円~)と日本よりも安いです。ぜひ観光の際見つけたら立ち寄ってもらいたいコーヒーショップです!

予算(1人当たり)
ファミリーレストラン$20~(約1,650円~)
ファストフード$5~(約420円~)
高級レストラン$50~(約4,200円~)
日本食レストラン(ラーメン)$15~(約1,250円~)
フードコート$10~(約830円~)
ピザ屋$3~(約250円~)
コーヒーショップ(ホットコーヒーM)$2~(約170円~)

宿泊費

旅行の中で一番お金がかかってくるのが宿泊費です。カナダの宿泊先としては大きく分けて3種類あります。高級ホテル・中級ホテル・ゲストハウスです。

まず高級ホテルですが、平均として1泊約$300~(約25,000円~)となっていて日本よりも少し高めかなという印象です。

次に中級ホテルの場合は1泊約$100~(約8,300円~)です。日本のビジネスホテルより高くてシティホテルと同じくらいの印象です。

最後にゲストハウスですが、まずゲストハウスとはホステルとも呼ばれており、ドミトリーという相部屋のベットに寝る所です。相部屋の人数はだいたい4人~10人ほどです。女性専用ドミトリーなどもあるので、安く宿泊費を抑えたい人にオススメの宿泊先です。1泊当たりの料金は1部屋の人数が増えるごとに安くなっており約$30~(約2,500円~)とホテルに比べかなり安くなっています。

これだけ聞くとカナダの宿泊費は高く感じるかもしれませんが、このホテルの料金は1人当たりではなく、1部屋当たりの値段です!

なので、もし3人で旅行して同じ部屋に泊まる場合は中級ホテルの場合$100を3人で割るので1人当たり約$33で約2,800円になるのです。そうすると日本より安い値段で宿泊することができます!

カナダのホテルの部屋は基本広いので、男3人で同じ部屋に泊まっても狭さを感じません。部屋をシェアすることができると宿泊費を抑えることができるのです。

1泊当たり
高級ホテル$300~(約25,000円~)
中級ホテル$100~(約8,300円~)
ゲストハウス$30~(約2,500円~)



カナダの物価は思ったより安い!

カナダの物価は日本に比べ高い物もあれば安い物もあります。交通費は基本的にカナダの方が安く、宿泊費は日本より少し安めか同じくらい、外食費は日本より高くなっています。

初めて日本とは違う通貨で違う文化の国に行くと、どうしても金銭感覚がおかしくなってしまいがちです。その時にこのカナダの物価のイメージを頭に入れておくだけで無駄使いを抑えることができます。

カナダは治安が良く安全、自然も豊かで人々も優しい国です。ぜひ、カナダに楽しい旅をしてみてください!

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

エポスカード補足

エポスカードのポイントがもらえるのは期間限定かつWebからの申し込みのみなので、ポイントがもらえるタイミングで申し込みをおすすめします

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/