ハワイに旅行に行くのにビザは必要?ビザが必要な時は?

ハワイ旅行に行くんだけどビザって必要だっけ?海外に行くのだからパスポートが必要なのはわかりますが、疑問なのが国によってそれぞれ違うビザが必要か必要じゃないかです。今回はそんなハワイのビザ状況についてまとめてみました。

ハワイに旅行にビザは必要?

綺麗な海に青い空、比較的日本語も通じるので人気のあるハワイ!訪れる人も多いですが、ハワイにはビザが必要なのでしょうか?

基本的に少しの旅行ならハワイに観光に行くならビザは不要

ハワイにビザは必要?という話ですが、日本のパスポート(長めに滞在するには、帰国日までパスポートの有効期限が残っているかしっかり確認しましょう)を持っていればアメリカとのビザ免除プログラムによってビザを取らずに1度に最長90日間、1年間にトータルだと180日間はハワイに滞在することができます。

その代わりに必要なESTA(エスタ)

ハワイに行くのにビザなしで行く場合には、エスタと言う2009年から始まった電子渡航認証システムがあるので事前に登録をして渡航証明を取らなくてはいけません。

こちらを申請すると、目的が商用や観光そして通過で米国ビザなしで最長90日間滞在することができます。ESTAの申請は渡航3日前(72時間前)にオンラインで承認申請されていなければなりません。

なので、最遅でも72時間前にエスタ専用のウェブサイトから手続きを行おこなわなくてはいけません。ESTAの申請は専用のウェブサイトから行いますが、日本語の手続きの案内があるのでそれに従って申請者情報、渡航情報、パスポート情報や米国滞在中の住所(滞在先のホテル)などの情報をローマ字で入力していけばいいので、英語ができなくても特に心配はありません。

申請の料金は有料で14ドルとなっています。申請料金はビザカード・マスターカード・アメリカン・エキスプレスなどのクレジットカードで決済できます。ESTAの登録が完了すると2年間有効となります

長期滞在するのにビザがいる:ハワイに住むための米国ビザ

ハワイには最長90日間、1年の合計180日まではビザなしで滞在できますが、ハワイが気にいってもっともっとハワイに滞在したい、ハワイに住みたい、ハワイで勉強をしたいと…言う方も多いかと思います。そんな時にはビザを取らなくてはいけません。そのビザについて詳しく説明します。

90日より長く滞在したい場合のビザ

ビザなしで90日まで滞在できますが、もっと長くいたい!90日以上ハワイに滞在したしたい場合には、ビザの申請が必要になります。

こちらは友人や親戚を訪問して長居する、観光旅行もしくは病気や怪我の治療のために渡米する場合に申請されるものです。アメリカに滞在できるビザのうちでは比較的取得するのが簡単なビザです。

ハワイで勉強したい場合

ハワイに留学したい場合、M-1ビザは、専門学校や美容関連学校などへの留学する場合に発給を受けることができます。

F-1ビザは大学や語学学校などへの留学する時に発給を受けることができます。アメリカの移民局が許可している教育機関のみが発行することができるという制度なので、申請のためには学校責任物のサインのある入学許可証が必要となります。それによってビザの発給に一定の制限がかけられています。

ハワイで働きたい・起業したい人のためのビザ

ハワイで働きたい場合には、ハワイの現地企業に就職するか日系企業で働くという人が多いと思います。アメリカで働きキャリアアップを図りたいと言う人が年々増えています。

そのような時に申請するビザの種類としては、Optional Practical Training(OP)、交流訪問者ビザ(J-1ビザ)、専門職者ビザ(H-1Bビザ)、貿易駐在員ビザ(E-1ビザ)、企業内管理職転勤者ビザ・駐在員ビザ(Lビザ)などがあります。

①交流訪問者ビザ(J-1ビザ)

J-1ビザは、数多くある米国のビザの中でも、取得が比較的簡単なビザのうちのひとつです。これは、USIA・アメリカ情報局が公認している交換プログラムに参加するときに発給されるビザです。

職務経験が1年以上のある人のための、18ヶ月以内のトレーニングプログラムや、日本の専門学校以上の学校を2年以上修了した上、卒業後1年以内の人のための12ヶ月以内のインターンシッププログラムがあります。

②Optional Practical Training(OPT)

OPTとは1年以上学校にフルタイムで通学し、修了後もしくは卒業後に一定の期間、アメリカで合法的に働ける制度なのです。

目的はOPT期間に実務的なトレーニングを行うことで、アメリカ政府の移民局(USCIS)によって認定れている制度です。

③専門職者ビザ(H-1Bビザ)

H-1Bビザはハワイにある会社で日本人が働くための一般的な就労ビザです。EビザやLビザのように地位が管理職以上でなければいけないなどというきまりがないので、新卒者などでも取得することができます。

ただし、条件が難しくないので逆にH-1Bビザの申請は複雑であるといわれ、発給する数に上限がるため近年は審査が厳しくなっています。

④企業内管理職転勤者ビザ・駐在員ビザ(Lビザ)

Lビザはグロバール企業で、企業内の転勤によってハワイに入国する企業の管職に就く人(L-1Aビザ)、や専門的な知識がある人(L-1Bビザ)に発行されるビザです。

⑤貿易駐在員ビザ(E-1ビザ)

E-1ビザは、数あるアメリカの就労ビザの中でも、ハワイ国内で比較的自由に活動ができるビザです。日米間で一定量以上のサービスや貿易含む流通を行っている日系企業に勤務する駐在員や経営者やそしてその家族のためのビザです。

配偶者は許可を受けさえすれば、ハワイで働くこともできます。移民ビザではないものの中でも最も複雑で、膨大な書類を提出する必要があり取得のハードルが高いビザであります。

ハワイで起業するのにもビザが必要

ハワイで雑貨屋さんや起業したり飲食店やサービス業や小売店などをするために、投資を一定金額以上して起業するとき、もしくはもうすでに興しているビジネスに増資をする、またはすでにあるビジネスを買収する場合などには投資駐在員ビザ(E-2)の受給を受けることができます。

①投資駐在員ビザ(E-2ビザ)

投資駐在員ビザは、E-2ビザといわれ、投資家やとその家族のために発給されるビザです。その発給者の配偶者も許可を受ければハワイで働くことができます。

E-2ビザの発給は、ハワイ法人への投資の金額、雇用している従業員の人数などざまざまなデータを調べたうえで発給されるため、取得するには高いハードルのビザです。

ハワイのビザ事情

ハワイに旅行に行くだけならパスポート(帰国予定日までしっかり残存期間のあるもの)と14ドルの費用がかかるESTA申請をすればビザはなしで行けるので、ビザの心配はなく気軽に行くことができます。

もっともっとハワイに滞在したく、連続90日以上にハワイに長期滞在するにはそれぞれの目的に合わせたビザ必要となってきます。通う学校の代表のサインだったり、働く会社の証明だったり、きちんと用意しないとビザは申請できません。

ビザを申請すればハワイで勉強したり働いたりするのは可能です。ハワイで起業するには、起業準備だけではなくビザの準備もなかなか大変でそうです。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作ると得するのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際お世話になることはないと思いながら海外旅行保険代として渋々5,000円程度払っていませんか?

また、持っているカードに海外旅行保険について記載があったとしても、旅費をそのカードで決済した場合に限るといったややこしい条件がついていて、海外旅行保険が適応されているのか不安に思う場合もありますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無条件・無料で付帯しているのでカードを作ってしまえば、カードを使う使わないに関わらず、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯しているものはほぼなく、下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

カテゴリー