一人旅でも大丈夫?バンコクの治安について知っておきたいこと

年間を通して訪れる観光客が多い人気の国タイ。そんなタイの中でもバンコクはほとんどの人が一度は足を踏み入れる場所です。

首都であるバンコクは日本をはじめとし、ビジネスで駐在している外国人駐在員も多いので外国人も快適に暮らせるような高級住宅街や高級ショッピングセンターなども多くあります。
その反面、まだまだ混沌としたアジアの雰囲気が味わえる場所もあるので、バンコクにいると「海外にいるんだ!」という実感も沸いてくるかもしれません。

バンコクの魅力は実際行ってみて体験してみるのが一番ですが、一人旅の方や個人旅行の方など、出発前に知っておきたいこととして「バンコクの治安」があげられますね。

タイは治安は比較的良好と言えます。実際、世界中から観光客も多く訪れますし、治安がいいので女性一人旅であっても基本的には問題はありません。

しかし治安はいいとは言え、外国人を狙った軽犯罪などもあるので注意が必要になってきます。
バンコクでは一体どのような犯罪が発生しているのか、治安はどうなのか、犯罪に巻き込まれないようにするためにも、バンコクの治安を知っていきましょう。



バンコクの治安状況。日本人が気を付けるべきことは?

バンコクで日本人が巻き込まれる犯罪はスリやぼったくりなどの軽犯罪がほとんどです。比較的治安がいいと言われているタイですが、油断した時に事件に巻き込まれることもあります。どのような犯罪手口があるのかをまとめてみました。

スリ

治安がいいバンコクですが、少し目を離したり油断していると遭遇してしまうのが「スリ」です。ふとした瞬間に狙ってくるので注意が必要です。

スリや置き引きの多くは、歩行者が多い人混みです。バンコクの混雑しているマーケットや人通りが多い通りなどで多発しています。財布がスラれていたりなんてことがあるので、リュックなどにはできるだけ入れないようにし、自分の身体の前や目の届くところに貴重品は入れるようにしましょう。

また、バンコクでは「抱きつきスリ」というものも広く知れ渡っています。ニューハーフの男性が男性を狙ったスリで、日本人男性などに突然抱きついてきます。抱きつかれ驚いている間に別の仲間が財布を抜き取るというスリの手口です。
スリは1人ではなく集団が多く、中には子供の集団もいます。もちろん親切心で話しかけてくる人もいますが、集団で気を引いている間に他の仲間がスリを働くなどということもあるので注意しましょう。財布の他にはスマホなども狙われるターゲットです。

置き引き

スリ同様に頻繁に発生しているのが置き引き。レストランや公共の場で、荷物を椅子の横に置いたりした一瞬に置き引きされてしまうことがあります。日本ではフードコートやファストフード店で荷物を置いて場所を確保したままオーダーに行ったりしますが、バンコクで同じことをしたら一瞬で置き引きされてしまうので、海外にいるということをしっかり意識し、荷物を置きっぱなしにしないようにしましょう。



タクシーのぼったくり

タイ、バンコクではタクシーに乗る機会もあるでしょう。バンコクでタクシーのぼったくり被害が出ています。メーターを使わずドライバーが走行し、後に法外な値段をぶっかけてくるというぼったくりが発生しています。タクシーに乗車する際はメーターを使っているかを必ず確認しましょう。

また、遠回りをしようとするドライバーもいます。地形がわからない旅行中で遠回りをされても気づかないこともありますが、明らかにおかしいこともあるので、そうならないようにするためにも事前に何となく地図を見ておき、目的地までの地理感覚を事前に頭に入れておくのがおすすめです。

バイク強盗

日本人が遭遇してしまう軽犯罪の中でもバイク強盗は被害が多く出ているものの一つです。バンコクは治安がいいのですが、日本人が多く住んでいるエリアや外国人が多く訪れるエリアではよく耳にすることがあります。

後ろからバイクに乗った2人組が、狙いを定めた歩行者を追い越すタイミングで、バックをひったくる手口です。

日本人や外国人はお金を持っているというイメージが強いことから狙われやすいと言われています。バッグは斜め掛けにし、道路側ではなく建物側に持つようにしましょう。

また、バックを盗られる際に転倒してケガをしてしまうこともあります。歩行する場合にも、後ろから狙われないようなバックの持ち方をするなど注意が必要です。



いかさま賭博

1人や2人などの少人数で旅行していると巻き込まれやすいのが「いかさま賭博」。旅行中に少し親しくなったタイ人に誘われて家に遊びに行ったりすると、いかさま賭博に巻き込まれる可能性があります。

家ではカードゲームが始まり、初めのうちは勝っていても、最後には負けるといういかさま賭博です。

実際、興味本位でタイ人の家に遊びに行ったりして巻き込まれる日本人も多くいます。もちろん、親切心で誘ってくれる人もいますが、いかさま賭博だった場合はいつの間にか大金を失ってしまいます。見極めは難しいですが、やたらとむやみに親しげに話しかけてくるようなタイ人には注意し、家に行かないようにしましょう。

睡眠薬強盗

バンコクに限りませんが、タイやその他の国でも発生しているのが睡眠薬強盗です。男性旅行者の場合は、特に女性に声をかけられ、一緒にお酒を飲んだりした際などに発生しています。すすめられた飲食物に薬物が入っており、意識を失っている間に現金や貴重品などが奪われるという犯罪です。

バンコクのアソーク地区やバックパッカー旅行者の間では有名なカオサン通りなどでもこのような事件は発生しています。酷い場合には意識不明の重体になるということもあるので、他人から勧められた飲食物は口にしないよう注意が必要です。

バンコクの治安の最新情報を得る

バンコクは治安が比較的いい場所ですが、軽犯罪以外に起こりうる事件もあります。そのため、外務省や大使館からの最新情報を得ることも大切です。最新の情報を入手し、自分の身は自分で守りましょう。

外務省情報や在タイ日本国大使館で治安情報を得る

外務省の海外安全情報のホームページで2019年3月末時点で出されていた内容によると、タイでは「反政府系集会に注意」の情報が出ています。

タイではこのような反政府系による集会が開催されることがありますが、その場合は周辺や会場には行かないよう注意をしてください。
集会などの日程等は外務省のホームページや在タイ日本国大使館のホームページなどで事前に公表されるので、最新の情報を入手するようにしましょう。



治安がいいバンコクでもあると便利なもの

バンコクは軽犯罪はあるものの、自分で注意して防げることも多くあります。治安は比較的いいのですが、バンコク旅行中にあると便利なものをご紹介します。

クレジットカード

クレジットカードは海外旅行には必須と言えるアイテムです。バンコクでもクレジットカードはもちろん普及しているので、レストランやホテルなどで利用できます。

また、海外旅行に行く場合は海外旅行保険に加入する方がほとんどでしょう。タイは治安はいいとは言え、万が一病気になってしまったり、けがをしたことを考えると海外旅行保険の加入は必須です。
実はそこで役立つアイテムもクレジットカード。クレジットカードには、海外旅行保険が付帯しているものもあります。海外旅行保険が付帯しているクレジットカードを持参すると安心感もあるというわけですね。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/

 

まとめ

バンコクの治安についてご紹介しました。日本ではあまり聞いたことのないような犯罪手口がバンコクでは行われていますが、しっかりと気を付けていれば防げることがほとんどです。旅行前には最新の治安情報を入手して、バンコクでは楽しい時間を過ごしてくださいね。