タイの物価は安い?高い?タイの物価を徹底検証

日本からも観光やビジネスで多くの人が訪れるタイ。日本と比較すると一般的には物価が安いことで知られています。また、タイには観光名所も多いことから、昔から日本人には人気の高い国の一つでもあります。

一昔前は物価がとても安いタイでしたが、近年は少しずつ物価が上がってきています。その理由として、タイは経済発展が著しく、タイ人の給料水準も上がりつつあることがあげられます。それに伴いタイの物価は以前より少しずつ上がってきています。

今回ここではタイの物価についてご紹介していきます。

タイの物価は地域によって異なる

タイの物価は地域によって大きく異なっています。タイの首都はバンコクですが、バンコクは物価が高い都市です。その他、有名なリゾート地であるプーケット、パタヤ、ピピなどは外国人ツーリストが多いこともあり物価が高いことで知られています。

その反面、観光客があまり行かないような地域は物価が安いところも多くあります。また、地元の人が通うような屋台はまだまだ安く食事が楽しめるので、そのような場所に行く場合は物価が安いと感じることでしょう。経済発展していたり外国人が多いような地域は物価が高めということですね。



タイの物価の目安は?

タイの通貨はバーツ。2019年3月時点で、1バーツ=約4円です。ここでは、タイの物価の目安を分類してご紹介していきます。

タイの食品、食事系の物価目安

まずは食品、食事に関する物価の目安からみてみましょう。タイの食品をスーパーで購入する場合などは、比較的安価なので日本の3分の1程度です。

旅行中に屋台で現地の人に交じって食事をする場合は物価は安く感じますが、ファストフード系で食事する場合や日本食を味わう場合は、日本と同等、もしくは日本より高く感じることでしょう。

品名物価目安
ペットボトルの水 500ml8バーツ~
ペットボトルのお茶30バーツ~
コーラ500ml12バーツ~
チャンビール 中瓶52バーツ~
チャンビール 缶50バーツ~
カップラーメン13バーツ~
インスタントラーメン8バーツ~
コンビニのおにぎり27バーツ~
スナック菓子20バーツ~
菓子パン10バーツ~
屋台のフルーツ1袋20バーツ~
コンビニの弁当35バーツ~60バーツ
KFCのランチボックス135バーツ
マクドナルド・ビッグマックセット172バーツ
マクドナルド・ハンバーガー29バーツ
スターバックス・コーヒー125バーツ~
スターバックス・アメリカーノ80バーツ
スターバックス・チョコレートクリーム104バーツ~
屋台料理・パッタイ40バーツ~
屋台料理・カオマンガイ45バーツ~
屋台料理・ガパオライス45バーツ~
屋台料理・チャーハン35バーツ~
屋台料理・ヌードル40バーツ
屋台料理・焼き鳥10バーツ
屋台料理・コムヤーン40バーツ~
屋台料理・ソムタム40バーツ~
屋台料理・トムヤムクン60バーツ~
フードコート・タイ料理40~120バーツ
レストラン・トムヤムクン200バーツ~
レストラン・タイスキ300バーツ~
レストラン・ソムタム100バーツ~
日本食・大戸屋(しまほっけの炭火焼き定食)372バーツ
日本食・大戸屋(鶏と野菜の黒酢あん定食)299バーツ
日本食・吉野家(牛丼並)79バーツ~
日本食・吉野家(醤油ラーメン)68バーツ~
ホテルなどでランチやブッフェ300バーツ~600バーツ

タイの交通費、公共機関の物価目安

タイは一年を通して暑く、歩いていると暑さで疲れてしまうことも多いので、タクシーやバスなどを利用する人も多くいます。

バンコクではBTSスカイトレインや地下鉄などもあるので移動手段も豊富なのでアクセスは便利。タイ人も利用するので交通費にかかる物価は安く感じることでしょう。

また、地方都市にあるテンソウ、サムローは乗り合いのバスですがこちらは交渉制です。外国人だからと料金をふっかけてくることもあるので、注意が必要です。

ここではタイの交通費や公共機関の物価目安をご紹介します。

乗り物料金目安
タクシー初乗り35バーツ
タクシー8時間チャーター(バンコク市内中心)1500バーツ~
BTSスカイトレイン15バーツ~52バーツ
MRT地下鉄14バーツ~70バーツ
市内路線バス(冷房付き)10バーツ~23バーツ
市内路線バス(冷房なし)6.5バーツ~8バーツ
トゥクトゥク40バーツ~250バーツ
テンソウ・サムロー(地方都市の乗り合いバス)交渉制
ボート(市民の足であるエクスプレス・ボート他)10バーツ~40バーツ
エアポートレールリンク(空港と中心部間を結ぶ鉄道)45バーツ~

タイの観光、娯楽の物価目安

タイには見どころが多く、人気の観光スポットがいくつもあります。タイと言えば一度は受けてみたいマッサージ。マッサージも街角にあるような気軽に入れるようなタイプと、少し本格的にマッサージを受ける場合とでは若干値段も変わってきます。

また、タイには寺院も多くありますが、拝観料が安いところもあれば高いところもありばらつきがあります。ここでは寺院の拝観料やタイで受けてみたいマッサージなどの物価目安をまとめてみました。

名称料金目安
タイ式マッサージ(全身・1時間)250バーツ~
マッサージ(足・1時間)250バーツ~
オイルマッサージ(全身・1時間)450バーツ~
タイのマッサージ(街角で見かける簡易タイプ・1時間)100バーツ~200バーツ
アロママッサージ(全身・1時間)600バーツ
映画220バーツ~
ゴルフ打ちっぱなし50バーツ~
ゴルフコースプレー1000バーツ~
ワット・ポー拝観料200バーツ
ワット・アルン拝観料50バーツ
ワット・プラケオ拝観料500バーツ
ワット・プラ・マハータート拝観料50バーツ
ワット・プラシー・サンペット拝観料50バーツ

タイで宿泊時の物価目安

タイに訪れる場合、必要になってくるのが宿泊先。タイには高級ホテルもあれば、格安で宿泊できるゲストハウスなども多くあるので、旅のスタイルに合わせて宿泊先も異なってきます。

ここでは、タイの宿泊時の物価目安をまとめてみました。

宿泊ホテルランク料金目安
超高級ホテル10000バーツ~15000バーツ
高級ホテル3000バーツ~7000バーツ
中級ホテル1300バーツ~3000バーツ
ゲストハウス100バーツ~600バーツ



タイ旅行に持っていくと便利なもの

初めてタイに行く場合など、持っていくと便利だったり安心できるものがあります。ここではタイ旅行に持っていくと旅行がグッと充実したものになるような便利なものをご紹介します。

ポケットWiFi

タイにももちろんWiFi環境はあります。ホテルやカフェなどフリーWiFiを利用できる場所は多くあります。しかし、少し辺鄙なところに旅行で訪れる場合や、移動中は使えないこともあります。

そんな時に重宝するのがポケットWiFi。移動中でも使えますし、WiFi電波が悪いホテルでも使えるのでイライラすることも減りますよ。また、撮った写真をSNSにすぐアップできるのも、ポケットWiFiの強み。いつでもインターネットにアクセスできるのは慣れない場所でも安心して旅ができる便利なツールです。

クレジットカード

タイの屋台などでは使うことは出来ませんが、近年はタイでもクレジットカードが普及しています。強い味方のクレジットカードはホテル、高級レストランなどでも利用できるので念のために1枚は持っていくのがおすすめ。

クレジットカードには海外旅行保険が自動付帯している種類もあるので、うまく利用すれば旅行中でもとても重宝します。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

 

まとめ

タイの物価についてご紹介しました。タイは日本と比較すると物価が安い国なので、旅行しやすい国です。

今後も少しずつ物価が上昇していくのが想定できますが、旅行のスタイルによっては、まだまだ安く旅行が楽しめる国です。タイに行く際には、ここでご紹介した物価目安をぜひ参考にしてくださいね。