意外に使いにくい?カナダのSIMカード事情とは?旅行者のためのガイド

カナダには、美しい山々、絶景の数々、美しい街並みなど、観光客のニーズに応えるだけのスポットがたくさんあります。そんなカナダの風景を写真に収めて、家族や友達、そしてインスタなどで世界中の人たちと共有したいと思っている方、インターネットへの接続については、どのようにお考えでしょうか?

この記事では、カナダのSIMカード事情について情報をお届けします。ポケットWi-Fiについても触れますので、参考にしてください。

カナダのSIMカードを提供している4つの主なプロバイダー

カナダには4つの国内モバイルプロバイダーがあります。

●Rogers Wireless
●Telus Mobility
●Bell Mobility
●Freedom Mobile(以前のWind)

そして、これら4つのプロバイダーの子会社的な存在として、Fido、Virgin Mobile、Koodo、Chatr、Lucky Mobile、7-Eleven Speak Out / Petro-Canada、PhoneBoxなどがあります。原則として、Rogers WirelessとBell Mobilityは東で強く、Telus Mobilityは西で強くなっています。

Public Mobile(TELUS)、Lucky Mobile(Bell)、Chatr(Rogers)は、より安価な「3G」プランを提供することが知られています。

Rogers

instagram-image

jenbarnard86

Rogersはカバレッジがわずかに少なくなりますが、山奥や遠く離れた場所にいる場合を除き、大きな違いはありません。最も安い月額プランは、月額$ 10の「Talk&Textプラン」ですが、オプションとしては次のようなものがあります。

●30ドル:250 MB、50分、カナダ国内の無制限のSMS
●50ドル:500 MB、100分のローカル、無制限の国際通話。 SMS
●65ドル:1 GB、150ローカル分、無制限の国際通話。 SMS

次の月間パックをすべての基本プランに追加できます。
●100 MB (10ドル)
●250 MB (15ドル)
●500 MB (20ドル)
●1 GB )(30ドル)
●2 GB(50ドル)

Telus

instagram-image

4lcommunications

Telusは、サブブランドのKoodoとPublic Mobileとともに、国内で2番目に大きなオペレーターです。 優れた3Gおよび4Gサービスがありますが、2Gは廃止されています。

マイクロ、ミニ、およびナノSIMカードは、公式ストア、認定再販業者、またはオンラインで15ドルで購入できます。プリペイド (前払い)プランを購入すると、10ドルの払い戻しがアカウントに引き落とされます。

また、TELUSは、最初の6か月間に15ドル以上の料金プランまたは追加を購入すると、30日ごとに5ドルのクレジットがもらえます。 追加とは別の標準レートは、MBあたり2ドルです。

Bell Mobility

instagram-image

teaclubgreens

Bell Mobilityはカナダで3番目に大きなオペレーターです。SIMプリペイドカードは、公式ストア、再販業者、またはオンラインで購入できます。Bell Mobilityは、モデムまたはタブレット用のデータSIMカードを提供するカナダで唯一のプロバイダーです。もちろん、携帯電話でも使用できます。

SIMプリペイドカードは9.95ドルで購入できます。データパックは、オンラインまたは店舗で購入およびキャンセルができます。超過使用は、MBあたり0.15ドルで請求されます。

●デイリーパス(20MB)– $ 2、24時間以内に使用
●100MB – $ 10
●500MB – 20ドル
●1GB – 30ドル
●2GB – 50ドル

ほとんどの店舗またはオンラインでクレジットカードで購入できます。追加カードは、30日間有効の15ドル、60日間有効の25ドルと、1年間有効な100ドルなど、いくつかの種類から選択することができます。制限時間に達すると、アカウントは閉鎖されます。

Freedom Mobile

instagram-image

stouffvillefreedommobile

Freedom Mobileはカナダで最小のキャリアであり、ネットワークの範囲は限られています。大都市で使用する予定がない場合は、別のプロバイダーを選択することを強くお勧めします。

Freedom MobileのIMEI番号(識別番号)チェッカーを使用して、お使いの携帯電話がネットワークと合っているかどうかを確認してください。もし合っていれば、Freedom Moblityは、プラン、価格ともにリーズナブルで、お勧めです。

FreedomのSIMカードは、公式ストア、再販業者で10ドルで購入するか、オンラインで購入できます。

カナダSIMカードの問題点

カナダは、全体として人口密度の少ない国です(人口密度の順位は235か国中223番目)。この地理的条件が引き起こす問題点がいくつかあります。

カナダのプロバイダーはプリペイドよりもポストペイドに焦点を当てている

国が大きいのに人口が少ないということは、新しいプロバイダーの参入障壁が非常に大きいことを意味します。そのため、競争が不足しています。一見、多くの選択肢があるように見えますが、残念ながら、 競合は上記の4社間で制限されており、全体的に料金が比較的高めとなっています。

それに国が主にポストペイド(後払い)に焦点を合わせているという事実を加えると、プリペイド(前払い)システムが一般化しません。 後払いSIMのプランは前払いSIMよりも料金が高くなってしまいます。

通信速度が今一つ

カナダのワイヤレスプロバイダーは、飽くまで一般的にですが、速度やアクセスに力を入れていません。使用しているネットワークに関係なく、どこでもサービスを受けることを期待しすぎないようにしてください。 都市部では接続、速度ともにほとんど問題はありませんが、国の地理と人口密度の低さにより、多くの空白のスポットがあります。

カナダでSIMカード以外のオプションは?

instagram-image

mobilesyrup

SIMカードを現地で購入するためには、SIMロックを解除して携帯をSIMフリーにしておく必要があります。また、追加の際には、オンラインでアクティブ化するか、各会社の電話から呼び出してアクティブ化しなくてはならないなどの手間を考えると、他のインターネット接続の方法を考えることもお勧めです。

ポケットWi-Fiをレンタルする

ポケットWi-Fiは、超高速(通常は常に4G / LTE)の十分なデータを提供してくれるので、データの保存について心配する必要が全くありません。日本からレンタルしていけば、現地で使えます。

また、一度に最大10台のデバイスを接続できます。 家族で一緒に旅行する人が複数いる場合、これは大きなプラスになります。

イモトのWi-Fi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWi-Fiです。

イモトのWi-Fiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

であれば、一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。

まとめ

instagram-image

misswonderalice

カナダに旅行に行く時は、携帯をネットに接続するために、ディバイスのロックを解除し、さらに、アクセスポイント名など、電話機のいくつかのコア設定を変更する必要のあるSIMカードよりも、スイッチをオンにしてポケットに入れて持ち歩くだけでインターネットに接続できるポケットWi-Fiの方をお勧めします。

キャリアは、あなたの携帯に、どのタイプのネットワーク接続が使われ、どのタイプのセキュリティが使用されて、どのIPアドレスが割り当てられるかを知る必要があります。そのため、データ通信で必要になる接続先を指定するAPN(Access Point Name)を設定する必要があります。

SIMカードだと、この設定を間違えば、カナダでインターネット接続ができなくなりますが、ポケットWi-Fiだと、そういった面倒な設定は一切必要がなく、安心して使うことができます。