【2020年版】バリ島の季節・シーン別服装|バリ島の服装

●バリ島旅行中どんな服装が気候的に快適なのかわからない

●バリ島旅行中は避けたほうがいい服装とかあるの?

こういった疑問にお答えします。

バリ島の季節別服装


バリ島の気候

バリ島はインドネシア諸島に属し、赤道より若干南に位置しています。
熱帯気候なので日本のように四季はなく、一年は雨季と乾季の2つの季節に分かれています。
バリ島の一年の平均気温は31度です。
山岳部から北部にかけての地域のお天気は、南部の首都のあるデンパサール地域のお天気と少々異なります。
バリ島北部は南部に比べて降水量が多く、バリ島南部は北部に比べ気温が多少高くなります。
10月から4月が雨季で、12月をピークに湿度が85%まで上がります。
雨季には毎日のように雨が降りますが、12月から2月の降水量はとりわけ多くなります。
熱帯低気圧の張り出す3月から5月は強風を伴う激しい雨が降り、時には島に災害をもたらすこともあります。
5月から9月が乾季で湿度は60%まで下がります。
これは東京の夏の湿度とほぼ同じで、依然としてじめじめとして汗ばむ季節です。
乾季でも雨が降りますが、雨はほとんどの場合、夜間や早朝に集中しています。
ビーチリゾートでのんびり過ごすなら6月から9月が最も適しています。
海水温は27度から28度になり海水浴には最高です。
晴天でそよ風が心地よく吹く日が続きます。
ただし、この時期の山岳地帯の夜間の気温は、海岸地帯の気温に比べると低く涼しくなります。

7月は特に風の強い日が多くなり、現地の凧愛好家がビーチで凧を飛ばす光景がよく見られます。

バリ島の春の服装(5月~9月)

乾季と言っても湿度が60%以上になるこの時期には「軽い、ふわっと、着心地がいい」をキーワードに通気性の良い服装の準備をしてください。
コットンや麻が素材のTシャツ、ポロシャツ、ズボン、スカート、サマードレスが汗ばむバリの滞在に適しています。
ビーチで時間を費やすなら、水着、サロン、ビーチサンダル、サングラス、帽子をご用意ください。
日焼け止めもお忘れなく。
舗装された歩道が少ない島では砂やほこりで足が汚れることが避けられません。
そのような環境では、ヒールのある靴よりスニーカー、スリップオン・エスパドリーユやバレリーナシューズなどのフラットシューズが歩きやすいでしょう。
高地にハイキングに出かけるなら、スニーカーやウオーキングシューズが適しています。
虫よけスプレーもお忘れなく。

高地では雨が多く気温も低くなるのでウオータープルーフジャケットやウインドブレーカーが活躍してくれます。

バリ島の雨季の服装(10月~4月)

基本的にバリの乾季の服装を参考にしてパッキングをしてください。
集中豪雨も多くなるこの時期には、傘があってもあまり役に立たないこともしばしばあります。
折りたたんで携帯できて、いざという時にカバンごとすっぽり体を包んで雨から身を守ってくれるレインポンチョ等の雨具が適切です。
雨が降り出すと、お客さんを求めて傘や使い捨てレインポンチョを売る商人たちがどこからともなくやって来ます。

バリ島の不意の雨に困ることはないようです。


バリ島で注意すべき服装

イスラム教国であるインドネシアでは肩やひざを露出しない服装を奨励しています。
観光客であればビーチでの肌の露出は問題ないのですが、それ以外の場所ではインドネシア人の文化を尊重することを忘れずに、時と場合によっては彼らの作ったルールを守ることが重要です。
男性なら半袖のTシャツやシャツと長ズボン、女性なら半袖のTシャツやブラウスとマキシスカートやサブリナパンツなどをワンセット用意することが必要です。
バリの寺院を訪れる際には肩と膝が露出した洋服は不適切とされています。
バックに大判スカーフや薄いカーデガンそしてサロンを入れておけば、必要に応じて肩やひざを隠せるので役に立ちます。
寺院によっては寺院の入り口で男性用のひざを隠すためのサロン(カイン・カンベン)、女性用のひざを隠すためのテンプルスカーフを無料あるいは有料で貸してくれるところもあります。
レストランでも肩と膝が隠れる服装を選びましょう。


バリ島の服装に関する持ち物リスト

トップス・ボトムス

バリ島の季節に応じて服装を調節しましょう。

バリ島で宗教施設等を訪れる予定がある場合は露出のない服装を用意しましょう。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を劇的に減らすことができるので、衣類の量が多い方におすすめ。

下着

バリ島滞在日数分あることが望ましいです。
バリ島に長期滞在する場合は宿での洗濯も検討しましょう。

パジャマ

バリ島の場合、宿によって用意されているがあります。

その他ツアーに必要な服装

バリ島でマリンアクティビティ等自然体験型のアクティビティなどをされる方は、アクティビティに必要な服装は別途準備しましょう。

ツアーでアクティビティ参加を検討されている方はタビナカで探すのがおすすめ。

タビナカのツアーは種類が豊富で日本語ガイドもついているので海外旅行初心者でも安心して楽しむことができます。

首枕・腰枕

バリ島までの行き帰りのフライトで寝る場合は首枕があると快適に寝ることができます。


バリ島に必要な持ち物

クレジットカード

バリ島旅行ではパスポートとクレジットカードが2大必需品です。

■ネットの意見

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:07:54

クレカとパスポートあればいい

名無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:11:20

この前おんJに海外旅行にクレカ必要ないって豪語してる奴いて引いたわ

無しさん@おーぷん :2018/03/09(金)10:08:57
最低限はスマホ・クレカ・パスポート・現金やろな。あとはどうにかなる

それほどクレカが必要と言われる理由は

  1. 両替するよりも手数料をかなり低く抑えられる。
  2. 手持ちの現金が減るので盗難の被害を抑えられる。
  3. 金欠になる心配がない。

です。

クレカを持っていくのはほぼ常識なので1枚は用意しましょう。

海外旅行保険代を無料にするコスパ最強カード

エポスカード

クレジットカードは海外旅行の必需品とはいっても、どのクレジットカードを作ると得するのかわからないという人も多いのではないでしょうか。

そんな方に胸を張っておすすめできるのが、百貨店マルイが発行しているエポスカードです。雑誌やトラベルブロガーに海外旅行用コスパ最強カードとして頻繁に取り上げられています。

海外旅行に行く際は海外旅行保険に加入する必要があることは理解しているけど、実際お世話になることはないと思いながら海外旅行保険代として渋々5,000円程度払っていませんか?

また、持っているカードに海外旅行保険について記載があったとしても、旅費をそのカードで決済した場合に限るといったややこしい条件がついていて、海外旅行保険が適応されているのか不安に思う場合もありますよね。

エポスカード年会費が永年無料であるにも関わらず、海外旅行保険(三井住友海上火災保険提携)が無条件・無料で付帯しているのでカードを作ってしまえば、カードを使う使わないに関わらず、これらの悩みを今後将来に渡って解決してくれます。

年会費無料のカードで海外旅行保険が自動付帯しているものはほぼなく、下記のメリットもあるので、エポスカードは海外旅行に最適かつ国内でも使えるコスパ最強カードと言われています。

  • 海外で一番普及しているVISAブランド
  • 即日発行可能(ネット申し込み→店舗受け取り)
  • 今なら2000円分のポイントが貰える
  • デザインがスタイリッシュ
  • 継続利用でゴールドカードの年会費が無料になる可能性あり

クレジットカード選びや海外旅行保険選びのために時間を毎回使い続けるのをやめるために、年会費無料のエポスカードをサクッと5分で作りましょう。

\今なら2000円分ポイントもらえる/

 

その他持ち物は、バリ島 の持ち物をご確認ください。

カテゴリー