バリ島の物価は安い!買い物、マッサージ、食事も美味しい夢の場所

美しいビーチに歴史ある寺院、目の前に広がる絶景と魅力満載のバリ島。日本からは直行便があることから人気のリゾート地となっています。

バリ島は実はとても旅行のしやすい物価の安い国。昔ながらの雰囲気を残す街を散策しながらの買い物も、ビーチでのんびりするのも日本では考えられないほどの価格です。バリ島で一日中めいっぱい遊んでも1000円以下なんてことも!とても魅力的な観光地、バリ島の物価に迫ってみましょう。

バリ島の通貨はルピア

バリ島の通貨はルピアで、RPと略されます。日本円に対してルピアは単位がとても大きくなるので割と計算しにくい部類に入るでしょう。物価はとても安いので、気がついたら予算以上使ってしまった!と言うことはあまりありませんが、お金のレートは一応頭にいれておきましょう。

ルピアは2016年に新しくなり、今現在は全部で12種類。紙幣の特徴と合わせて見ていきましょう。

10万ルピア札ピンク色約800円
5万ルピア札青色約400円
2万ルピア札緑色160円
1万ルピア札紫色80円
5千ルピア札黄色40円
2千ルピア札黄色16円
1千ルピア札黄色8円

5千ルピア札以下は色が似ているので間違えないように気をつけましょう。お札ですが日本円に直すと単位が小さいので、最初は混乱してしまいます。価格をよく見て支払いを行いましょう。バリ島内はもちろんクレジットカードの使用ができるところもありますが、小さなお店などでは使用不可の場合もあるので現金は必ず持っておきましょう。



バリ島の平均年収は?

物価の安いバリ島では平均年収も日本に比べると低めです。しかしそれでもインドネシア国内で見ると、人気観光地のバリ島の平均年収は高いと言われています。

バリ島では月に約4万円から6万円以内で生活している人が多く、平均年収は約50万円ほどと考えられます。インドネシア全体の平均年収は36万円前後なので、バリ島の人たちは比較的裕福に生活している人が多いと言えるでしょう。



人気観光地・バリ島の物価を見てみよう

世界中から観光客の集まるバリ島ですが、日本と比較すると物価はとても安く旅行しやすい国です。何気なく入った食堂で、料理の値段を日本円に計算し直してみて驚愕するほどの安さ。この価格でこんなにお腹いっぱい食べられるの!?と言うめったにできない経験ができるでしょう。

また、バリ島はスパやマッサージもとても盛んで、こちらもお安いので旅の疲れを取ったり、リラックスした時間を過ごすにはうってつけの場所です。様々なものの価格を見ていきましょう。



バリ島は外食が安くて美味しい!

バリ島で多くみかける、ワルンと呼ばれる小さな食堂は庶民の強い味方です。インドネシア料理はナシゴレンやミーゴレンなど日本でもアジア料理屋で見かけるものがとても安く食べられます。お米を使ったものが多く、私達日本人の口にもとても良く合いますよ。

食事はローカルの屋台やバリ島の地元の人がたくさんいるような食堂などがおすすめ。観光客向けのレストランに行くと値段は上がりますが、それでも1000円以内には余裕で収まります。ワルンの料理はボリュームもたっぷりで、レストランに味も負けているとは思えない場所がたくさんありますよ。地元の人に混じって食事を楽しむのも旅の醍醐味ですよね。

レストランワルンや屋台
ナシゴレン280円ほど160円ほど
ミーゴレン150円ほど80円ほど
ナシチャンプルー380円ほど200円ほど
アイスレモンティー200円ほど160円ほど
フルーツジュース200円ほど160円ほど
エス・テレル(デザート)120円ほど80円ほど

ただ、ワルンはあまり心配いりませんが屋台は衛生管理がしっかりしているとは言えず、食中毒のリスクもあります。短期滞在の旅行者ならレストランで食事をしてもお安く抑えられるので、様子をみながら屋台にチャレンジするくらいの気持ちのほうが安心ですね。楽しい旅で体調を崩してしまうのはもったいないので注意しておきましょう。

バリ島の宿泊

バリ島の宿泊費はホテルランクや種類によって大きく差があります。最高のロケーションの中、コテージを貸し切れる憧れのヴィラタイプだと一泊2万5千円から高いものだと10万円を超えるものも。一度はヴィラに宿泊してみたい!と言う方にはおすすめですが、ホテルステイを楽しむタイプの旅を目的としていないなら、中級クラスのホテルで十分でしょう。

ゲストハウスやドミトリーなどは破格の値段で、なんと一泊500円以内と言うことも。ただし、やはりロケーションに問題があったり設備に問題があったりするのであまりに安い値段の宿泊施設は避けたほうが無難ですよ。

ヴィラ1泊2万5千円くらいから10万円超えも
5つ星ホテル1万5千円くらいから
4つ星ホテル1万円くらいから
3つ星ホテル3千円から1万円くらい
2つ星ホテル2千円から7千円くらい
1つ星ホテル2千円から3千円
ゲストハウス(個室)2千円くらい
ゲストハウス(ドミトリー)1千円以下

バリ島の交通費は?

バリ島内は交通費もとてもお安く済ませることができます。バリ島のリゾートエリアである南部はタクシーで移動をするのが便利。

タクシーは流しのタクシーはボッタクリの心配があるので拾わず、ホテルで呼んでもらうか事前にアプリをダウンロードしておくことをおすすめします。「ブルーバードタクシー」と言うメーター付きのタクシーが安心で安全ですので積極的に利用しましょう。

ブルーバードタクシーは初乗り(1キロ)が7000ルピア、日本円で約56円ほど。予約をして迎えに来てもらうと、移動距離に関わらず最低金額が30000ルピア(約240円)と決められています。公共交通機関の発展していないバリ島において、タクシーは一番有効な移動手段。乗り合いバスや路線バスなどもありますが本数は多くなく、貴重な旅の時間を待ち時間で削ることになってしまうことも。安くて早いタクシーを利用するのをおすすめします。

バリ島のスーパーに行ってみよう

バリ島を訪れたならとても便利なのがショッピングモール。おみやげ探しや日用品が販売されているだけでなく、フードコートなどもあるモールへ出かけましょう。モール内は清潔で日本にいるのとあまり変わりません。が、商品はバリ島らしいカラフルな雑貨や衣類などがたくさん取り揃えられています。

バリ島はショッピングを楽しめる場所もたくさんありますが、値段が表示されていないところが多く、外国人価格が存在します。価格交渉ができる方は良いですが、ふっかけられて高い値段を取られることもあるので価格が予め表示されているモールはとてもおすすめですよ。

インスタントラーメン15円くらいから
チョコレート15円くらいから
マンゴー(1キロ)約50円くらいから
Tシャツ約640円
30円前後
フルーツジュース190円くらい

バリ島と言えばマッサージやスパがたくさん!

バリ島の街はスパやマッサージがとてもたくさんあり、高い技術の施術が格安で受けられるので人気です。気軽に受けられるフットマッサージやボディマッサージなど種類もあるので男性でも入りやすい雰囲気です。マッサージ代もローカルのお店を使うのか、ホテルで受けるのかで値段に大きく差が出ます。街中のきれいなサロンの価格をご紹介しましょう。

フットマッサージ(30分)320円くらい
全身マッサージ(1時間)1350円くらい
ネイルなどとセットになったコース

(2時間ほど)

2300円くらいから

日本のマッサージとくらべるととてもお得ですよね。街中のサロンでこの価格ですから、ローカルな場所に行けばもっと安くなります。ロッカーなども備え付けられているところが多いので荷物の心配もありません。

バリ島は価格を気にせず思いきり楽しめる!

バリ島は日本に比べると物価がとても安く、あまり価格を気にせず楽しめる夢のような国です。のんびりとビーチに行く一日を過ごしたり、街中をショッピングしたり、寺院に出かけたりと何日でも滞在したくなるバリ島へ出かけましょう。

バリ島は物価が安く比較的安全な場所ですが、それでも完全に安全とは言えません。特に食品にあたって体調を崩してしまう人もやはり多いです。そんな時に頼りになるのが海外旅行保険。かかってしまった医療費などを取り戻せるので事前の加入をおすすめします。

保険にはクレジットカードに付帯されているものも多く、医療費もクレジットカードを持っていくだけで保証してくれるものもあります。出国前にどの範囲まで保証してくれるのか、確認してから出かけましょう。

海外旅行用最強クレジットカード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

MileagePlus JCBカード

MileagePlus JCBカードは海外旅行用のカードとして人気が急上昇しているカードです。

  1. 海外旅行保険が自動付帯で最高2000万円とかなり手厚い
  2. 作るだけで1000マイルもらえる 
  3. 買い物時に200円につき0.5マイル貯まる
  4. 20%キャッシュバックキャンペーンを実施

MileagePlus JCBカードはカードの名前の通り、マイルがどんどん貯まっていくカードです。

作った時点で1000マイルもらえて、HPにあるように後は日常利用すれば1年で東京⇔札幌や東京⇔大阪の往復航空券分(往復10,000マイル)と余裕で交換できます

日常利用でも得するように今流行りの20%還元キャンペーンも行っており、メインカードとして利用できる優秀なカードです。

年会費が1250円かかりますが、年会費無料のクレジットカードと比べると海外旅行保険の保証が圧倒的に手厚いところも人気の理由です。