アメリカ旅行を安全に過ごすために伝えたいアメリカ旅行の治安の話2018

・海外で安全に過ごせるか不安。。

・安全に過ごすためには何をしたらいいかわからない。。

こういった疑問にお答えします。

アメリカの治安は悪いのか

よくネットで調べると世界の治安のいい国ランキングなどが公開されていますが、あれはあくまで現地の人がどれだけ犯罪に巻き込まれるかを表しているだけです。

治安ランキングで安全と書かれていても金持ちと思われている日本人が安全に過ごせるわけではありません。

 

むしろ観光地には旅行客を狙った悪い人が多いので治安は悪いと思ったほうがいいです。

 

治安のいいといわれる国20カ国に旅行に行きましたが、友人を含めると7回何らかの犯罪(主に盗難)に巻き込まれました。

 

その経験をシェアできればと思います。

アメリカの治安がよく見えても盗難の被害にあう

日本ではスリなどめったに出くわしませんが、海外では一見犯罪とは無縁にみえる安全そうな場所でも、普通に日本人はスリやひったくりの対象として狙われます。

自分は今まで未遂を含めると香港・フランス・スペインで3回スリに会いました。

アメリカも例外ではないので、アメリカの治安のイメージに左右されず、防犯の意識はかならず持ちましょう。



 

アメリカ盗難対策1:バックは背負わない

人混みでバックを背負っていると一瞬でバックを開けられて盗まれます。

立ち止まってるときなどは格好の的のようです。

自分はフランスの下りエスカレータに乗っていたら気づいたらカバン全開になって財布がなくなってました。

人混みでは必ずカバンは前にしましょう。

 

アメリカ盗難対策2:財布をポケットにいれない

ポケットに財布をいれてて盗られたら気づくだろ!と思うのですが、海外ではガンガン狙われます。

スペインに行ったときは地下鉄に乗っていたらポケットに手が入ってきたことに気づき、手を掴んだらなんと歳をだいぶとったおばあちゃんでした。

気づく気づかないはおいといてポケットに入れてると狙われますので注意です。

 

アメリカ盗難対策3:人のいるところで寝ない

当たり前ですが寝ていると完全無防備になるので注意。

自分は香港に行ったときタクシーだったら寝ても大丈夫だと思って油断して爆睡してたらカバンに入れていたiPhoneがなくなっていました、、



アメリカで治安・盗難の被害を最小限に抑える方法

持ち歩く現金を減らす

現金を大量に持ち歩いていると盗られたときのダメージがでかいです。

 

そもそもアメリカではクレジットカードがガンガン使えるので、基本クレジットカードさえあればそんなにたくさん現金を持ち歩く必要がありません。

治安の話から少しそれますが、クレジットカードは節約においても大きな効果も発揮するので気になる方は次の記事をどうぞ

カード類の連絡先をメモる

盗難の被害をへらすために現金を減らしてクレジットカードメインで使う手法は万が一アメリカで盗難にあってもすぐにクレジットカードが止められることが前提です。

 

もたもたしていると盗まれたカード類を悪用される可能性があるので、カード会社の連絡先をスマホなりなんなりにメモしておきましょう。

WiFi環境がないと連絡先を調べることも難しいので注意。

 

海外旅行保険に加入する

アメリカで盗難被害にあった場合はアメリカの警察に行って盗難証明を貰えば、日本に帰ってきてから20万円程度までであれば盗られたものに応じてお金が返ってきます。

海外旅行保険の死亡保障とかにあまり魅力は感じませんが、この盗難補償はあるだけでかなり安心してアメリカ旅行を楽しめます。



海外旅行保険付きのクレジットカードもある

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

エポスカード補足

エポスカードのポイントがもらえるのは期間限定かつWebからの申し込みのみなので、ポイントがもらえるタイミングで申し込みをおすすめします

\期間限定!WEB申し込みのみポイントでポイントプレゼント中/

アメリカの治安まとめ

犯罪にまきこまれないための対策

  • バックは背負わない
  • 財布をポケットに入れない
  • 公共交通機関で寝ない

犯罪に巻き込まれた際のダメージをへらす

  • お金をたくさん持ち歩かない
  • 海外旅行保険に加入する

 

コラム:アメリカの治安の悪いところ

アメリカで特に治安の悪い場所は、ミシガン州デトロイト市内のダウンタウンです。


ミシガン州はアメリカの中西部、ニューヨーク州の西部に位置し、デトロイトは州の南東部エリー湖とヒューロン湖の間に位置しています。

1950年代に人口は200万人を突破する勢いでしたが、自動車産業を柱として栄えた街だったため、国内自動車産業の低迷が街に暗い影を落とし、治安悪化に拍車をかけました。


2013年には自治体が破綻、失業率も高止まりし、人口は約60万人程度まで激減しています。

特に危険な場所はかつて市内の中心部だったダウンタウンで、富裕層の多い郊外に比べ貧困層が留まっているのが特徴です。


1960年代にはアフリカ系アメリカ人による「デトロイト暴動」もあった街で、歴史的に白人の割が低いことも影響していますが、中心部は未だ再開発が進んでいないため、放置されている廃墟が多く残り犯罪の温床地帯となっています。


危険度ランキングではアメリカ国内でも常に1位を争っており、殺人や強盗・強姦といった凶悪犯罪の発生率が高く、特に夜間は危険ですから不要な外出は控えるべきです。

昼間は比較的安全とされていますが、犯罪率が高いことには変わりありませんから、身の安全を守るためには近づかないよう注意する必要があります。



海外旅行用最強カード

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 作ると2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。