韓国旅行に出かけよう|おすすめの飛行機と格安航空券の購入方法

韓国は飛行機で2時間半の隣国で、時差もないので手軽に行ける海外です。それでも韓国へ旅行するなら、できるだけお得な方法で行きたいものですね。

そこで、韓国旅行におすすめの飛行機とお得な航空券の購入の仕方などを見ていきましょう。まだ韓国に行ってみたいと思っておられる方はぜひご覧いただき、韓国旅行を楽しんでください。

韓国への旅行に使える飛行機

まずは、韓国旅行に使える飛行機の運航会社です。日本から韓国へ飛んでいる飛行機は多いです。日本の航空会社もあれば韓国の航空会社もあります。

韓国への飛行機を運航している主な航空会社をご紹介しましょう。

1.日本の航空会社

まずは日本の航空会社です。

・ANA

日本の代表的な航空会社ですから、安心感が違います。サービスも満点ですが、料金はやや高めになります。

羽田空港などからソウルの金浦国際空港・釜山国際空港・済州国際空港などに運行しています。

・JAL

こちらも日本を代表する航空会社です。サービスもよく、料金も比較的抑えめのことがあります。

羽田・成田などから、韓国のソウルの仁川国際空港・金浦国際空港をはじめ、釜山国際空港・済州国際空港などに運行しています。

・ピーチ

関西国際空港をメインとするLCCです。ソウルの仁川空港との間に、関西空港をはじめ札幌新千歳空港、東京の羽田空港、沖縄の那覇空港からの便を運航しています。

2.韓国の航空会社

日本の各都市と韓国の各都市の間を運行する韓国の航空会社は多いです。

・大韓航空

大韓航空が就航している路線は数多いです。札幌・東京の羽田や成田・名古屋・大阪・福岡などの主要空港だけでなく、青森・新潟・大分・岡山・沖縄・鹿児島・北九州・小松などの都市と韓国の各都市を結ぶ飛行機を多数運行しています。料金は比較的安いです。

・アシアナ、エアソウル

アシアナ航空は対韓国と並ぶ韓国の大きな航空会社です。エアソウルは、このアシアナによって設立されており、コードシェアで運航しています。エアソウルは、ソウルの仁川と金浦の2つの国際空港が拠点のLCCで日本の関西空港・成田空港のほか、西日本などの地方都市の空港とも直行便が多いです。

以下は、その他のLCCです。

LCCは安いのがメリットです。ただし、サービスはその分劣ります。

ジンエアー

チェジュ航空

ティーウェイ航空

イースター航空

エアプサン

韓国旅行の飛行機を選ぶ前の予備知識

韓国旅行に使える飛行機を選ぶ前に、予備知識としてまず韓国についての基礎的な情報を知っておきましょう。

1.韓国の天候・気温

韓国は日本とほぼ同じ緯度にあり天候や気温も似ています。日本と同じように四季があり、梅雨の時期や台風に見舞われることもあります。

全体として夏は暑いですが、冬はかなり寒さが厳しくなります。ただ日本と同じく、北と南では気温は違います。訪問先の気温や天気を事前に確認しておきましょう。

2.韓国の主要都市と空港

韓国の首都はソウルですが、日本人の観光客や仕事で訪れる先は他にもいろいろあります。

主な都市とその都市の飛行場を見ておきましょう。

・ソウル

ソウルには景福宮などの旧跡もあれば、買い物や食で賑わう明洞など、多くの見どころ・楽しみどころがあります。

ソウルの玄関口の飛行場は仁川国際空港ですが、もう1つ便利な金浦国際空港もあります。

・釜山

釜山は古くからある港町です。きれいなビーチのある海雲台海水浴場、古くから続く荘厳なお寺の梵魚寺など見どころがいっぱいです。

釜山には釜山国際空港があります。

・済州道

韓国の最南端のリゾート地域で、島の東部は世界自然遺産になっています。

済州道には済州国際空港があります。

以上の他にも慶州や板門店、大邱など見どころは尽きませんが、ご説明した街を経由していく方がほとんどです。

3.飛行時間

日本から韓国へは、東京の羽田・成田、名古屋、関西、福岡、札幌などから直行便が出ています。飛行時間は出発地によって違いますが、2時間半から3時間前後です。国内旅行の感覚で行ける海外というのが最大の魅力の1つです。時差がありませんので、とんぼ返りしても苦になりません。

韓国旅行の飛行機の選び方

1.旅行におすすめの時期

韓国の飛行機代や宿泊費が高くなる時期は、年末年始・夏休みなどの連休時期と、韓国では天候が良く過ごしやすい春先の3月頃と秋の9月・10月頃です。逆にいうと、これらの時期を外して、1月下旬から2月、ゴールデンウイーク前の4月中旬前、6月、11月がねらい目です。

値段にこだわらなければ、気持ちの良いベストシーズンがもちろんおすすめです。しかし、一方で旅行の目的によってはタイミングをずらした方が、のんびりとできてよい場合もあります。

また、少しでも費用を抑えたいのであれば、週末を避けたほうがよいです。

2.格安航空券の探し方

日本から韓国行きの航空券の相場は、オフシーズンであれば往復5万円前後です。高い時期では9万円位になります。

オフシーズンでLCCを探せば1万円位でも見つけることはできます。ただし、安い分ある程度のリスクは見込んでおいた方がよいです。もっとも、短時間のフライトですので、それほど不便に感じることはないでしょう。

まとめ

韓国旅行をする際の飛行機について、飛行機の運航会社やおすすめの旅行時期・飛行機の選び方などをご紹介しました。韓国に旅行される方は、旅行の目的、旅行先なども考えて、ご自分の希望に合った飛行機を選ばれると良いでしょう。韓国へは国内の各地からも直行便がありますので、この記事も参考にされて使いやすい空港・飛行機会社を探してみて下さい。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー