韓国旅行でプリペイドsimカードを使うにはどうしたら良いかを解説

海外旅行に行く際、インターネットがいつでも繋がっている環境だと、観光するにも、いざという時の対応もできて便利ですね。しかし韓国でのネット環境がわからないという方も多いでしょう。韓国では、日本のスマホでもそのまま使えることが多いですが、そのまま使ってしまうと通信量が急増し、料金が驚くほど高額になります。ですのでネットを常に使える環境にしたいと思ったら、プリペイドsimカードか、ポケットwifiを用意した方が無難です。

この記事では韓国で使えるプリペイドsimカードについて、買い方や料金などについてご紹介します。

 

韓国でプリペイドsimは必要か?

韓国のホテルや公共施設には、フリーのwifiスポットが数多くあります。これらの施設の近くであれば、基本的には問題ありませんが、目的の場所まで行くのに、ずっとフリーwifi環境下で行けるわけではありません。特に韓国の文字はハングル文字で、日本人にはなかなか馴染みがない文字のため、道路標識などの文字だけを見て正しい方向へ向かうのは至難の業です。

また観光地では、日本語が話せる韓国人も多いですが、全員が日本語を話せるわけではなく、道を聞いて教えてもらっても聞き取れなかったり、そもそも親切ではない人もいるのが現状です。

街中で道に迷ったりした時のために、いつでもどこでも地図を調べれたり、目的先の情報をすぐ検索できるような、ネットの利用環境を整えておいた方が良いでしょう。

その際は、プリペイドsimカードを用意しておくと安心です。

 

韓国でプリペイドsimを使うには?

韓国でプリペイドsimカードを使いたいと思ったら、まず自分のスマホがプリペイドsimに対応しているか調べてみましょう。今はsimフリーのスマホが増えていますが、少し前はsimロックがかかったものしかありませんでした。そのため特にソフトバンク、au、docomoの大手3キャリアを使用している方は、simロックがかかっている場合があります。simロックがかかっていると、プリペイドsimは使えませんので注意が必要です。

万一simロックがかかっていても、解除をすれば使えます。現在は原則契約から100日を過ぎれば、simロック解除を申請でき、プリペイドsimカードを使えるようになりました。ただし、2015年5月1日以降に発売されたスマホに限られますので、まずは自分のスマホのsimロックがかかっていないか、下調べをしておきましょう。

各種契約しているキャリアのホームページで、simロック解除の手続きをご覧ください。

 

韓国で使えるプリペイドsimはどこで買える?

instagram-image

sugawara0209

プリペイドsimカードは、主に韓国の空港に到着してから、現地で受取るタイプと、日本であらかじめアマゾンや楽天等の、ネットショップで購入をして、使用するタイプがあります。

1空港受取タイプ

空港で受取タイプにすれば、韓国に到着後、すぐにネット利用もできるので安心です。料金はやや高めですが、日本語で対応可能で、設定もしてもらえますので、初心者にはこちらが便利です。

代表的なのは、kkdayなどです。

2日本で事前に購入

韓国で利用可能なプリペイドsimは、ネットショッピングで日本でも購入できます。設定は韓国に行ってから行います。現地で買うよりも若干高い場合が多いですが、現地でsimを購入するのが不安だったり、現地で手続きする時間が無かったりする場合は、あらかじめ日本で買っておくと良いでしょう。出発前に設定方法を日本語で調べておけるので安心です。

代表的なものとして、SIM2Flyなどがあります。

3現地コンビニなどで購入

急な出張などであらかじめ予約できなかった場合や、急遽ネット環境が必要になってしまったなどといった場合は、韓国のコンビニなとでも購入可能です。

ただその場合は、設定などは自分でやらなければならないため、多少煩わしさがあるかもしれません。

韓国のプリペイドsimの価格は?

プリペイドsimの価格は、データ通信容量、利用期間、対応地域などによって異なります。一般にデータ通信と音声通話が基本機能ですが、音声通話がないデータ専用のsimカードもあります。

韓国で使える主なプリペイドsimをご紹介します。

kkday

韓国最大の通信会社、KTが提供するプリペイドsimカードです。simカードはノーマル、ナノ、マイクロ、各サイズに対応しています。

オンラインで購入し、空港のKTカウンターで受渡ができます。設定済で渡されるため、自分で再起動だけすれば良いので便利です。

インターネット無制限プラス通話5日間で約2500円。通話無しタイプですと、1日600円からあります。

 

KSIM

事前予約して、金浦・釜山・仁川の各空港で受取ができます。速度、使用量、デザリング制限がなく、完全パケ放題で使えます。ただし、通話の受信は無料ですが、発信は有料のため、発信予定のある方は要注意。

1日6600ウォン、5日間で27500ウォン。

 

タイ最大手の通信会社であるAIS社のプリペイドsimです。使用開始から8日間有効、通信使用量が4GBまでは4G、その通信量をオーバーしても128kbpsで接続できます。韓国はもちろん、アジア17ヶ国で利用可能。

高速データ使用容量4GB、8日間で約1400円前後。通話機能は無し。

 

まとめ

ポケットwifiは、端末の電源を入れ、パスワードを入力するだけでネット接続可能で簡単ですが、simカードは、カードの交換や、設定が必要になるため、複雑で難しく感じる人も少なくありません。

また、プリペイドsimは利用日数の変更や延長ができないので、予定より滞在日数が延びた場合には、新しいsimカードを購入する必要があります。

ただ、simカードはスマホさえあれば良く手軽に使えますので、レンタルしたものを返却手続きしなければならないなどの煩わしさもありません。

韓国でネット利用したい時には、simカードとポケットwifi、それぞれメリット、デメリットがあります。滞在日数や旅行計画に応じて、使いやすいものを選びましょう。

イモトのWi-Fi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWi-Fiです。

イモトのWi-Fiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

であれば、一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。

カテゴリー