トラベルライター・旅行関連広告主様募集中

韓国のお正月「ソルラル」とは?内容と意味合いをご紹介

日本のお正月といえばもちろん1月1日の元旦。年末年始となると大掃除や年越しそば、おせち、お年玉、初詣などさまざまなイベントが目白押しですが、お隣の韓国ではどうなのでしょう。同じような年末年始を過ごすのか、全く違っているのか気になるところです。近くの外国である韓国のお正月とはいったいどのようなものなのかご紹介していきます。

韓国のお正月とは

韓国での年末年始とお正月はどのような過ごし方をしているのか見ていきましょう。

年末年始の休みは元旦のみ

年末年始というのは日本人にとって一年の中でもなかなかない大型連休になる方が多いですね。南国に旅行に行ったり、里帰りしてゆっくり過ごしたり、長期休暇を活かして楽しみを考える時でもあります。

ところが、韓国では元旦である1月1日だけがお休みで、日本で言う大晦日の12月31日まできっちり働き、1月2日からはもう通常通り仕事に行くということをご存知でしたか?実は韓国ではお正月という概念がないのでしょうか。いいえ、韓国は「旧正月」をメインとしているのです。

「ソルラル」ってなに?

韓国にはソルラルといって、旧暦での元旦があります。韓国では暦を旧暦で読む習慣があり、韓国の人にとってこの旧暦元旦のソルラルは日本でいう元旦よりも大いに盛り上がる時期なのです。1月1日よりも重要視されていて、お正月を祝う本番を迎えるのです。時期は毎年だいたい1月後半から2月初旬頃がソルラルにあたります。

韓国のお正月を祝う方法

「ソルラル」のお正月を祝うときの内容はどのようなものなのか、伝統的な儀式、服装、遊び、食べ物などを見ていきましょう。

茶礼

ソルラルの旧正月時期に行う儀式のこと。「チャレ」と読みます。各家庭で祭壇をもうけ数十種類の食べ物をお供えし、先祖の霊を迎え入れ敬うといった祭礼になります。ソルラルの当日となると朝早く起きて、体を清めてから身支度をし、拝礼などの儀式を行います。昔は男性のみの参加だったようですが、現代では女性や子どもも参加する家庭も少なくないようです。しかし仕切るのは現在も男性。料理などは女性の役割とされ、1日がかりで数十種類もの料理を準備しなくてはなりません。

ただし、現代では日本の「おせち」と同様で、宅配サービスも普及してきており簡単に済ませる家庭も多いようです。

韓服

「韓服」とは正装ではなく、昔の人が着用していたいわゆる民族衣装。ですのでそこまで堅苦しい服ではありません。昔は新品の韓服を用意して気持ちを新たに新年を祝っていたようですが、最近はこの風習も見かけなくなっているとか。しかし、新婚夫婦だと新年に韓服を着て挨拶まわりをするのはまだまだ恒例のようです。

セベ

新年を迎えるにあたり、新たな気持ちでその年のスタートを誓う風習。簡単に言うと新年のご挨拶のようなもので、韓服を着用して目上の方に丁寧に歳拝を行います。

セベトン

日本でいうところのお年玉。韓国でも子どもたちはソルラルの時期にお年玉をもらい、各々好きな物を買いに街にくり出します。名前が違うだけでこれは日本と同じ風習ですね。

ユンノリ

韓国のお正月で家族や親戚が集まってやる伝統的なゲーム。日本ではお正月の伝統的な遊びというと羽子板などがありますが韓国はゲームで盛り上がります。

「ユッカラク」というサイコロの役目をする4本の棒で「ユンマル」という駒を「ユッパン」というゲームボード上で進めながら、最終的にユンマル2つが先にユッパンから抜き出たチームが勝利します。駒を動かしながら相手の駒をボードから追い出したり、自分の駒同士を合体させたりと紆余曲折がありかなり盛り上がるようです。

トックッ

日本でいうところのお雑煮。「トッ」とはお餅のことで、「クッ」は汁物を総称する言葉です。韓国にもお正月といえば、というお料理があるということですね。「トックッ」はあっさりとしたスープにトックッ専用の細長い棒状になったお餅を斜め切りにしたものを入れたもの。日本と同じく、お餅を取り入れた料理でお正月をお祝いする文化なのです。

ちなみに韓国のお餅は普通のお米であるうるち米で作るので、日本のもち米で作ったお餅のように伸びたりしません。もちろん、お雑煮にするだけでなく焼いてもとても美味しくいただけます。

ソンミョ

「ソンミョ」とはお墓参りの意味。茶礼が終了するとご先祖様のお墓参りに出かけて行きます。茶礼やソンミョから、韓国人はご先祖様を敬うことを大切にする国民なのがわかりますね。日本でいうお盆の風習を、気持ちを新たにするお正月に行うというのも良いですね。

まとめ

韓国の伝統的なお正月のお祝い方法についてご紹介しましたが、日本と非常に似ている部分があり興味深いですね。旧正月で時期は違えど新年を新たな気持で迎え、お祝いし大いに楽しむのは韓国の方も一緒。ご先祖様を敬い大事にする精神も日本人に通ずるところがあり親しみを感じます。特にお雑煮やお年玉の概念は日本と一緒。民族衣装は日本の着物を思い出させますし、新年の挨拶まわりも昔の日本を彷彿とさせます。

韓国への旅行を考えているのであれば旧正月に行くのも面白いかもしれません。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー