韓国の新幹線!韓国高速鉄道(KTX)の利用方法まとめ

韓国高速鉄道(KTX)は観光中の都市を結ぶ役割を果たす、日本での新幹線にあたります。ソウルを中心として釜山や空港など様々な主要都市同士を素早く行き来できるため、韓国に旅行で訪れた際には非常に便利な交通手段の一つと言えるでしょう。

しかしながら、慣れない土地ではじめて利用するとなるとわからないことも多く、不安に思う方も少なくないでしょう。そこで、こちらの記事では、韓国高速鉄道の乗り方はもちろん、料金や所要時間など気になる情報についてまとめてみました。韓国旅行を控えている方は是非参考にしてみてください。

韓国新幹線について

韓国高速鉄道は2004年に開業しました。着工は1992年で、2004年の開業以降も地道に路線を拡大し、平昌オリンピックの際にも大いに活躍しました。フランスTGVの技術をモデルとして形作られており、韓国国内の主要駅を幅広くカバーしているため、釜山とソウルなど長距離を移動したい旅行者にとって非常に便利な交通手段です。

基本情報

開業 2004年

最高時速 305km/h

座席 一般室・特室

主な路線 京釜高速鉄道、湖南高速鉄道、江陵線

主な駅 ソウル駅、仁川国際空港1ターミナル駅、釜山駅他

韓国新幹線の利用方法1・チケットの購入や料金

チケットの購入方法や予約方法、料金については気になるところでしょう。特に事前に旅行中に行きたい場所やプランを立てる場合には予約が便利です。

チケットの予約・購入方法

チケットは韓国国内の駅や郵便局で購入することができます。韓国語か英語が話せれば基本的には困ることはないでしょう。窓口か自動券売機でチケットは購入できます。券売機はクレジットカード専用売り場もあるため現金で支払う予定の方は間違えないように注意しましょう。

予約はオンラインで可能です。公式ページでは日本語表記ページも用意されています。また、旅行代理店でもチケットの取り扱いをしているところがあります。

主要駅間の料金と所要時間

ソウル~釜山

料金 59,200 ウォン(一般室)、82,900 ウォン(特室)

所要時間 2時間15分

ソウル~東大邱

料金 42,800 ウォン(一般室)、59,900 ウォン(特室)

所要時間 約1時間50分

ソウル~大田

料金 23,800ウォン(一般室)、33,300ウォン(特室)

所要時間 約1時間30分

ソウル~浦項

料金 52,900 ウォン(一般室)、74,100 ウォン(特室)

所要時間 2時間1分

季節によって金額が変わる区間もあります。

席の種類

席は大きく分けて、一般室特室の2種類があります。一般室は自由席で比較的安く購入することができ、特室は広々とした作りになっており居心地が良いのが特徴です。特室は一般室に比べサービスも充実しているため、ゆっくりと休んで疲れることのない移動が可能となるでしょう。また列車自体にも等級が存在しているため、チケットの購入の際には細かく値段が変わります。

韓国新幹線の利用方法2・乗り方

韓国高速鉄道では、改札自体がなく、乗車後の車掌によるチケットの確認行為もありません。あくまで信用に基づいて運営されているようです。注意したいのは、きちんと目的の場所に向かう新幹線に乗ることができているかという点です。また、席は間違えることなく座りましょう。駅構内にはいたるところに電光掲示板が設置されているため、逐一確認することができます。電車の旅の醍醐味の一つである、便利な車内移動販売も利用可能です。

韓国新幹線の利用方法3・お得なチケッ

旅行で韓国を訪れた際にはコレールパスの利用が便利です。コレールパスは旅行代理店やオンラインで購入することができます。こちらのチケットを利用すると、一部の電車を除いた一般室や観光列車の指定席に乗車することができます。パスは利用者や日数に合わせてノーマルパス、セイバーパス、フレキシブルパス、フレキシブルセイバーパスと様々な種類があるため、旅行の日程などに応じて購入することをおすすめします。コレールパスは優待券の代わりにもなるため、お店によってはチケットを提示することでお得な割引を受けることも可能です。

料金

ノーマルパス

大人138,000ウォン(3日)、210,000ウォン(5日)

子ども69,000ウォン(3日)、105,000ウォン(5日)

セイバーパス

128,000ウォン(3日)、200,000ウォン(5日)

フレキシブルパス

大人121,000ウォン(2日)、193,000ウォン(4日)

子供61,000ウォン(2日)、97,000ウォン(4日)

フレキシブル・セイバーパス

111,000ウォン(2日)、183,000ウォン(4日)

まとめ

いかがでしたでしょうか?韓国国内で長距離移動する際には韓国高速鉄道がおすすめです。そのほかの交通手段と組み合わせて、便利に使いこなせば時間の短縮や節約も図ることができるかもしれません。是非参考にしてみてください。

また、韓国では全土でキャッシュレス化が進んでいます。特にクレジットカードは使用できるお店が非常に多いため、お札を数える手間や支払いトラブルの軽減のためにもクレジットカード払いがおすすめです。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。



カテゴリー