韓国と日本に時差ある?韓国旅行を快適に過ごすために知っておきたい時差の情報

海外旅行をする際に気になる情報の1つに時差がありますが、韓国と日本の間には時差がないとされています。しかし日本よりも西に位置しており、時差がないことを不思議に感じた方も多いのではないでしょうか。そこで韓国と日本の時差に注目して、両国の間に時差がない理由やちょっとした違いについて紹介していきます。

 

韓国と日本の時差はあるのか

飛行機で2時間前後と日本から手軽に行ける韓国は、海外旅行先としても人気のある国です。韓国旅行の予定があるという方や韓国へ訪れたいという方にとっては時差がどのくらいあるのかが気になるのではないでしょうか。では実際に両国の間には時差があるのかについて解説していきます。

標準子牛線では韓国と日本では30分の時差

日本の標準子牛線は兵庫県明石市を通っている東経135度、韓国では本来の標準子牛線が東経127.5度を通っており、韓国と日本では7.5度の誤差があります。時差とは経度15度ごとに1時間の時差があるため、両国の間にはおよそ30分ほどの誤差が生じる計算となります。

 

そのため単純に標準子牛線だけに注目して計算した場合、両国はどちらも標準時で30分ほどの時差があるといえます。しかし協定世界時UTCでは韓国、日本どちらも「UTC+9」となっており、両国が同じであることから時差はないとされています。

 

日没で感じる韓国と日本の時差

両国の間には時差がないことから腕時計の調整や時差ボケなどを感じることなく快適に韓国旅行を楽しむことが可能ですが、韓国へ訪れると日没の仕方が日本と感じます。本来はおよそ30分の時間の誤差が生じているため、日本と比較すると冬の時期では朝が明るくなるのが遅く、夏の時期では反対に日没までが長いことが特徴です。

 

そのため日没が長くなる6~7月頃の韓国では20時前後でもまだ空が明るいため、この時期に韓国を訪れると1日を長く遊べます。しかし日本と同様に韓国にも雨季があり訪れる時期によっては外出が大変になるため、日没時間だけでなく天候についても事前に調べたうえで旅行プランを練ることをおすすめします。

 

韓国と日本に時差がない理由とは

両国の間には時差がないということが分かりましたが、ではどうして経度が異なる両国において時間の差がないのでしょうか。ここでは韓国に時差がない理由について紹介していきます。

韓国と日本の標準時子午線を統一している

先述した通り両国は本来であれば経度が異なりますが、韓国が日本と同じ東経135度と制定していることにより日本と韓国では時差がないとされています。この標準子牛線とはその国や地域の標準時刻を決定するための線であり自由に設定することが可能となっており、韓国側が日本の東経と同一したことによって時間の差がなくなりました。

 

韓国が標準時を制定した当時1908年では平昌を通る東経127.5度を標準子牛線としていましたが、日本に統治された1912年を契機として日本と同じ東経135度に変更されました。このように自由に標準子牛線を定めることが可能である点から、両国の間には時間の差がなくなっています。

 

韓国・日本に加え北朝鮮も時差がない

韓国と日本のように標準子牛線を変更することで時間の誤差がなくなった事例は最近でもあり、2018年以降北朝鮮も韓国と日本と同じ東経135度へと変更し時差がなくなっています。北朝鮮は2015年から国と位置を基準として標準時を設定しており当初は、両国の間にはおよそ30分程度の時差がありました。

 

しかし韓国との非核化や和平協定締結といった北南統一を目標として改善策の1つとして2018年5月より韓国と標準時を統一し、これにより韓国と北朝鮮との時差がなくなりました。そのため韓国と同一の標準子牛線である日本を含めた3か国には時間の差がありません。

見直しにより韓国との時差ができることもある

標準時の変更については過去だけの話ではなく今後も、経済的な事情などにより変更される可能性はあります。例えばシンガポールと日本では時差が1時間と短いですが理由の1つとして金融市場の香港と標準時を合わせたいということがあげられます。

 

また韓国では少数意見ではありますが標準子牛線を東経127.5度に戻すための法律の作成したいと考えている方もおり、両国の間には30分ほどの時差が今後できる可能性もあります。このように標準時の変更が見直しなどにより制定されることで、両国の間に時間の誤差が生じる可能性もありますがおよそ30分と短いため観光を楽しむという場合であればそこまで気にする心配もありません。

 

韓国旅行なら時差は気にせず楽しもう

韓国と日本の間にある時差についてやその理由について紹介していきましたがいかがでしたでしょうか。両国における時間の差は2020年現在ではないため、観光旅行をする分には気にせず楽しむことが可能です。ただし韓国の冬は非常に冷え込むため、寒い時期に旅行をするという場合には、寒さ対策をしっかりとして観光を楽しんでくださいね!

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。



カテゴリー