ハワイとグアムの魅力と違い?魅力3つと違い6つを徹底解説

日本人に人気の高いリゾート地のハワイとグアム、どちらも魅力的です。どちらにも行ってみたいという方が多いと思いますが、ハワイとグアムはどんな違いがあるのでしょうか。それぞれの魅力を知って、旅行の計画を立てるのも楽しみですね。
ハワイとグアムの魅力と違いをご説明します。

ハワイとグアムの魅力

まず、ハワイとグアムの魅力についてご説明します。
ハワイもグアムも、海がきれいで、買い物を楽しめる、家族旅行にも最適、この3点が魅力です

1. 海がきれい

グアムもハワイも海がとてもきれいです。

グアム:プライベートビーチもパブリックビーチも透明度が高く、魚と触れ合うことができます。ハワイよりは人も少なく、ゆったりとできます。

ハワイ:海の景色がきれいです。ハワイの海は市街地に近く、にぎやかなビーチが多いです。

2. 買い物を楽しめる

instagram-image

okadamitsunori0121

どちらもショッピングモールなどがあり、お土産の買い物も心配ありません。
買い物目当ての方はハワイのほうが選択肢が多いです。ハワイには世界最大規模のアラモアナ・ショッピングセンターがあります。
グアムで買物をするならKマートが有名です。ドライフルーツ・チョコレートなどのお菓子の人気が高いです。関税がかかりませんので、ブランドものも安く購入できます。

3. 家族旅行に最適

グアムもハワイも、小さなお子さん連れの家族旅行にも大人気です。英語が苦手でも十分楽しめます。

ハワイとグアムの違い

それでは魅力的なハワイとグアムには、どんな違いがあるのでしょうか。
違いを具体的に見ていきましょう。

1. 飛行時間と時差

まずハワイとグアムまでの飛行時間と時差は、かなり違います。

ハワイ:ハワイまでの飛行時間は、行きが約7時間、帰りが約9時間です。気流の関係で帰りのほうが時間がかかります。夕方から夜の便で出発し、ハワイの早朝に到着します。日本からの直行便は、オアフ島のホノルル国際空港着です。
時差は日本よりも19時間遅れです。

グアム:グアムまでの飛行時間は4時間弱と、ハワイまでの半分くらいの時間です。ハワイと違い行きも帰りもほぼ同じ所要時間です。
時差は日本よりも1時間早いだけです。時差ボケの心配もありません。

2. 飛行機代・ホテル代

飛行機代・ホテル代のいずれもグアムのほうが安いです。

・グアム:ホテルの平均料金は1泊1万5千円です。特に月曜・火曜出発の便は安いです。週末にかかる日程だと割高になります。
交通費・宿泊費込みのツアーは、5万円前後からあります。

・ハワイ:ホテルの1泊料金は平均2万5千円です。
5日間プランのツアーは、6万円から約18万円まで、プランなどによってかなり違います。

3. 気候・ベストシーズン

グアムもハワイも、ともに温暖な気候で、1年中快適で過ごしやすいです。

グアム:平均気温28度で、1〜4月がベストシーズンです。ハワイと比べると湿度が高いですが、不快と感じるほどではありません。

ハワイ:平均気温24度、5月~7月がベストシーズンで晴天の日が多いです。

4. 食べ物

instagram-image

nomadomama

食べ物は、グアムとハワイでは大分違います。

ハワイ:ハワイの料理は、郷土料理から各国料理まで混ざりあい、種類も豊富です。ロコモコ、ビーフシチュー、ガーリックシュリンプ・ステーキなどが人気です。スイーツも有名です。

グアム:フードコートなどで、自分の好きなものを選んで食べるところが多いです。ディナーは新鮮な海の幸を味わうことができます。

5. ハネムーン

ハワイ・グアムは、いずれもハネムーンの旅行客が多数訪れます。ハネムーンの過ごし方は、ハワイとグアムではかなり異なります。

ハワイ:ハネムーンは、7日間というのが一般的な旅行日程です。
通常5泊7日になりますので、オアフ島に滞在するカップルが多いです。ハワイ島やマウイ島など隣の島に行く場合は日程が窮屈になりますので、滞在日数を増やした方がよいです。

グアム:日本から近いので、のんびりとした時間を過ごすことができます。長期間の休みを取ることができないカップルにおすすめです。観光施設はそれほど多くはありませんが、きれいな海を見ながら落ち着いた時間を楽しむことができ思い出に残る旅行になるでしょう。ウォーターパークが併設されたホテルであれば、ホテルで過ごしても楽しめます。

6. 治安状況

グアムとハワイの治安状況も気になりますね。
最近はどこに行くにしても絶対安全ということはありません。安全面での注意を怠らないようにしましょう。

グアム:グアムは安全と思われるかもしれませんが、軽犯罪は意外と多いです。凶悪犯罪は多くはありませんが、車上荒らしなどへの注意が必要です。

ハワイ:ホノルルの市街地は比較的のんびりと歩くことができます。しかし、人通りの少ない暗がりなどはやはり十分な注意が必要です。

まとめ

グアムとハワイの魅力と違いについて、まとめました。どちらも比較的手軽に気楽に訪れることができます。それぞれ特徴・メリットがあります。ご自分やご家族・同行される方と相談して、ご希望に沿って楽しめる方を選ばれると良いです。

グアムとハワイはどちらも魅力的な場所で、どちらを訪れても問題なく楽しめますので、ぜひ足を伸ばしてみてください。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。