グアムでカジノが出来るの?知っておきたい情報をまとめました。

日本でもようやくカジノ法案が成立し、今後国内でもカジノが体験できるかもしれません。
しかしカジノを体験できるのはまだまだ先の話です。
ですので今すぐにカジノがしたければ、海外へ行って楽しむしかありません。
日本から近く日本人観光客も多いグアムは、気軽に行ける海外旅行先といえます。
そんなグアムでカジノはできるのでしょうか?
グアムでカジノができるのか。
そしてカジノ以外のギャンブルはあるのかどうか。
今回はグアムの知っておきたい情報をまとめてみたいと思います。

グアムでカジノはできるのか?

グアムでのカジノ事情

観光客も多く、人気のリゾート地なので当然カジノができるイメージのあるグアムですよね。
しかし実はグアムには政府公認といえる公営カジノ施設はありません
ですので、グアムでカジノを楽しむことはできません。

グアムでカジノがしたい

オンラインカジノ

グアムにカジノ施設はありませんが、実はグアムでカジノを楽しむことは可能といえます。
それはオンラインカジノです。
オンラインカジノとはその名の通り、オンラインで行うカジノゲームです。
グアムからフィリピン、マン島、マルタ島にあるカジノにネットを介してアクセスします。
主にパソコンやタブレット、スマートフォンを使用するのです。
その方法を使えば、オンラインでルーレット、バカラ、ブラックジャック、スロットゲームなどを楽しめます。
しかしここで注意してほしいのは、このオンラインカジノというのは決して合法であるとは言えません。
あくまでグレーゾーンであるということを前提にして、利用の選択をしてください。

グアムでカジノ以外の合法ギャンブルは?

では、グアムで合法的にギャンブルを楽しむにはどのようにすればよいのでしょうか?

ビンゴゲーム

グアムで政府公認の唯一の公認ギャンブルはビンゴゲームです。
ビンゴというと、日本でも手軽にできるゲームの一種として有名です。
グアムで行うビンゴゲームは、カードとボールを使用します。
ランダムに出されるボールに書かれた数字が奇数か偶数か、どちらなのかを当てるゲームです。
当たれば掛け金の倍の配当金が手に入るというものです。
グアムで楽しめるビンゴゲームには大きく分けて3つの種類があります。

DOT BINGO50
数字の書かれた50個のボールの奇数、偶数を当てるゲームです。
最もシンプルなゲームになっています。

DOT BINGO75
数字の書かれた75個のボールの中からランダムに選ばれたボールが、小(1~25)、中(26~50)、大(51~75)のどれかを当てるゲームです。
こちらのゲームは掛け金に対して3倍の配当が得られます。

BLACK OUT BINGO
こちらのゲームは75個のボールの中からランダムに選ばれた24個のボールの数字を全て当てます。
難易度がかなり高いので、高配当が期待できそうです。

グアムにはビンゴゲームを体験できる公認施設がいくつかあります。
施設によっては閉鎖になっている所などもあるので、行く前に調べておいた方がよいでしょう。

ビンゴホールを利用するには18歳以上でなければいけません。
しかしドレスコードもなくカジュアルに楽しめるので、一度は利用してみたいですね。

パチンコ

日本ではどこに行ってもあるパチンコ屋ですが、なんとグアムにもパチンコ屋があるのです。
しかし日本のようにたくさんはありません。
が、中には日本人が経営している店舗もあるようです。
グアムのパチンコ屋はあまり規制が厳しくなく、なんと24時間遊ぶことも可能です。
パチンコ台は日本でも有名なものも設置してあり、日本からの観光客も楽しめます。
そしてなんと、日本ではもう打てないMAX機が設置してあるそうですので、パチンコファンの人には懐かしく感じるかもしれません。
パチンコ屋にはパチンコ台以外にもゲーム機やビンゴゲームも設置してあります。
初心者の人も、パチンコファンの人もグアムでパチンコを体験してみるのも面白いかもしれません。
しかし、テレナ・ネルソン上院議員からスロットマシンやパチンコなどのギャンブルマシンを違法化する。といった内容が提案されていますので、今後禁止になる可能性があるかもしれません。

ドッグレース

グアムで以前、行われていた政府公認のギャンブルとしてドッグレースがありました。
競馬同様、犬を競わせて掛け金を募り配当金が分配されるシステムです。
しかし2008年の住民投票によって禁止され廃止になっています。
ですので現在はドッグレースは行われていません。

まとめ

グアムでカジノが出来るのか。
そして利用可能なギャンブルの詳細についてまとめてみました。
グアムでもカジノを作って観光客誘致を望むような話が何度も上がっては消えているようです。
ただ、現地の住民の反対がかなり大きいようでなかなか現実化することが難しいようです。
ですので、現在公認されているビンゴゲームを利用して楽しんでみてくださいね。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー