【節約術】タイ旅行の予算を抑えたい!どうすればいい?

タイは、仏教寺院や豪華な王宮、仏像などの観光スポットや、美しい海などがあり、観光地として人気です。また、タイと日本は古くから交流があり、親日国であるため、タイ国内で日本製の商品やレストランを多く見かけます。そのため、海外旅行初心者でも安心して観光を楽しめるというメリットがあるのです。そんなタイ旅行には、どれくらいの予算があれば行けるのでしょうか?今回は一般的な予算と、節約方法について、ご紹介します。

 

一般的なタイ旅行の予算は?

instagram-image

fresh_100

タイ旅行に行く場合、かかる費用として「交通費(飛行機、現地移動含む)・宿泊費・食費・娯楽費(お土産や観光など)」の4つに分けられます。これらを全て含み、3泊4日でタイ旅行をする場合の予算としては、60,000円程度が目安とされています。特に節約を意識しなくても、60,000円程度でタイ旅行を満喫できるのです。

 

海外旅行としては比較的安く済む

海外旅行は最低でも100,000円はかかるようなイメージがありますよね。ヨーロッパに行くとなると、その3〜5倍はする場合もあります。しかし、タイは日本から近い東南アジアにあることに加え、日本より物価が安いため、旅費を抑えることができるのです。

60,000円程度で3泊4日できるなら、国内旅行でベストシーズンに各地に出かけるよりも安く済ませることができますよね。海外旅行でも、韓国や中国のように日本により近い場所にある国だと、さらに旅費が抑えられることが期待できます。

 

タイ旅行の予算を節約したい!

instagram-image

vivien7506

タイ旅行の一般的な予算は60,000円ということが分かりました。この予算は節約をせずに、お土産やマッサージなどの娯楽を楽しみ、ホテルも個室の清潔なところに泊まっています。このような部分を節約すれば10,000円以上は節約できるので、重点的に確認するようにしましょう。

 

LCCで交通費(航空チケット)を節約

60,000円の予算では、LCCを利用した料金になっているので、ここからはあまり変わらないと考えてください。LCCの直行便を利用した場合、往復30,000円程度でチケットを購入することができます。これが大手航空会社になると、日系の場合は60,000円〜70,000円、タイ空港の場合は55,000〜60,000円と約2倍にもなってしまうのです!航空チケットだけで、予算を使い果たしてしまうことになりますよね。タイへのフライト時間は6時間程度なので、LCCの座席の狭さなどに抵抗がない方は、積極的にLCCを利用することがオススメです。

また、「LCCには抵抗があるけど、航空チケットを少しでも安く購入したい!」という方は、日系航空会社かタイ航空の経由便を利用するという節約方法もあります。タイへの飛行機は直行便も多くありますが、経由便も出ています。経由地は中国がメインですが、フィリピンやマレーシアなどもあるので気になる方は確認してみてください。経由便を利用することで、15,000〜20,000円程度は安くチケットを購入できます。しかし、直行便では6時間だったフライト時間が10時間以上になり、疲労が溜まるので、海外旅行に慣れていない方にはオススメできません。

 

宿泊費は駅から少し遠い場所を選んで節約

次に、宿泊費についてです。タイのホテルでは、1泊1室あたり5,000円程度が相場となっています。日本と比較すると、非常に安いですよね。バンコク中心街に近く、駅に近いホテルでこの値段なので、駅から少し離れているホテルを選ぶと節約できる可能性があります。

また、ドミトリーやゲストハウスに泊まると、1泊1,000円以下で泊まることも可能です。異国の旅行客と交流ができ、安く泊まれることが魅力ですが、完全個室ではないので防犯上の問題があります。また、女性だけの旅行では少し不安もあると思うので、無理に節約せずにホテルに泊まるといいでしょう。

 

食費は屋台やフードコートで節約

旅行中に必ずかかる費用として、食費がありますよね。日本より物価が安いタイでは、食費を節約することも可能です。食費を節約したい場合は、食事を屋台やフードコートで済ませるようにしましょう。日本ではあまり見かけませんが、タイでは街中に屋台が多く出ています。屋台でしか食べられないローカルフードもあるため、少し勇気を出して食べてみましょう。タイ旅行の良い思い出になりますよ。「屋台では衛生面に心配がある…」という方は、ショッピングセンターの中に入っているフードコートがオススメです。清潔感もあり、品質も問題ないタイ料理を安く食べることができます。

ここで1つ注意したいのが、ガイドブックに載っているレストランです。ガイドブックに載っているようなお店だと、確かに美味しいものは食べられますが、料金は日本と同じくらいなので節約することができません。節約したい場合は、ガイドブックに載っているレストランは控えるようにしましょう。

 

まとめ

タイ旅行の予算や、節約する方法について、ご紹介しました。

旅行の予算は、航空チケットとホテルの費用が50%以上を占めています。そのため、この2つを節約するようにすると、大幅に予算を減らせるでしょう。また、必ずかかる食費や、旅行先でついつい使いすぎてしまう娯楽費なども節約しようと思えば、減らせますよね。旅行に行くと財布の紐が緩んでしまいますが、節約の意思をしっかり持って旅行するようにしましょう。

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/