オーストラリアに留学する際の持ち物についてご紹介!

オーストラリアへの留学に際し、どのようなものを持っていけばよいか不安に思う人もいるでしょう。
現地に到着後、「あれも持ってくればよかった」なんてことになっては大変ですね。
そこで今回はオーストラリアへ留学する際に必要な持ち物についてご紹介していきたいと思います。
持ち物の整理をしている人はこの記事を参考にしてみてください。

オーストラリアに留学するために必須の持ち物

まずはオーストラリアへ留学するにあたり、必ず必要となってくるものについてご紹介していきたいと思います。

これらのものがないと現地で非常に不便、もしくは留学自体出来ないこととなってしまうので、忘れていないか必ずチェックしてください。

パスポート

instagram-image

asuka._.insta

これは言わずもがなだとは思いますが、パスポートを忘れてしまうと飛行機に乗ることができません。そもそも渡航することができないので気を付けましょう。

空港でパスポートを忘れてしまったことに気づくとシャレになりません。出発前にもパスポートを忘れていないか今一度チェックするようにしましょう。

クレジットカード

実は仁保念を豪ドル円に換金して使用するよりも、クレジットカードを利用する方が手数料がお得になります。また、現金が不要なので都度豪ドル円への換金が不要であるということもメリットとして挙げられます。

そのため、現金の使用は必要最低限とし、基本的にはクレジットカードで支払いするようにしましょう。ただし、クレジットカードはついつい使いすぎてしまうことがあるので、計画的に利用するようにしましょう。

現金

基本的に買い物はクレジットカードで済ませる方がよいですが、全ての店がクレジットカードに対応しているとは限りません。現金しか利用できない場合もあるので、ある程度の現金は用意しておくようにしましょう。

海外保険

instagram-image

ayako_sahara

海外で治療を受けた場合、日本の保険証を利用することができません。そのため、高額な治療費を請求されてしまいます。そのような事態を避けるために、海外保険に入っておくことをお勧めします。

現在加入している保険が海外も適用対象となっているのであれば問題ありませんが、ほとんどの保険は海外でのけが・病気に対して保険適用外となっているので、海外でも適用できる保険に入っておく必要があります。

ポケットWifi

オーストラリアで日本の携帯を利用しようとした場合、国際ローミングを利用するため電話料金・パケット料金が高額となります。

そのため、オーストラリアで日本の携帯を利用する場合はポケットWifiを利用するとよいでしょう。国際ローミングを利用しないよう、モバイル通信設定はオフにすることを忘れないでください。

また、長期滞在を検討されている場合はオーストラリアで利用できる格安SIMやオーストラリアで携帯を購入するという手段を考慮してもよいかもしれません。

滞在先・ホストファミリーの緊急連絡先

空港で職務質問を受けたり、滞在先までの生き方が分からなくなったりとトラブルが起きてしまうことも考えられます。

そんなときのために、滞在先・ホストファミリーの緊急連絡先は常に携帯しておくようにしましょう。これによりトラブルが起こった時にスムーズに対応することが可能です。

オーストラリアに留学する際に持っていたら便利な生活用品系の持ち物

続いて生活用品についてご紹介したいと思います。これらは現地で調達できるものもありますが、あらかじめ持っておくと便利なものが多いです。

変圧器

instagram-image

yasuhitoinagawa

日本とは電圧が異なる場合が多く、日本から電化製品を持っていった電化製品が利用できないというケースがあります。

このような事態を避けるため、変圧器を持っていくとよいでしょう。事前に滞在先の電圧を調査し、電圧が異なる場合は必需品レベルと考えた方がよいです。

圧縮袋

instagram-image

watts_100

衣類などを持っていく際、圧縮袋を利用することで荷物の量を劇的に減らすことが可能です。また、滞在先でも保管スペースを削減することができるので、持ち物に含めておきましょう。

衣類

オーストラリアは日本と季節が逆であり、日本で来ていた服そのままで生活することはできません。滞在期間と現地の季節を確認し、必要な衣類をシッカリと用意していきましょう。

ただし、衣類はかさばる上数着あれば着まわしできるので、本当に必要なものを必要数だけ持っていくようにしましょう。主に下着類を重点的に用意するとよいでしょう。

洗面用具・バス用品・洗濯ネット

instagram-image

izuminnie.0923

洗面用具やバス用品は現地でも調達可能ですが、留学後すぐはバタバタしていることが多いのであらかじめ用意しておくとよいでしょう。数週間分用意しておくとこれらの調達に力を割かれることがありません。

また、洗濯ネットは洗濯物の管理もできるため非常にお勧めです。できるだけ事前に用意しておくとよいでしょう。

コンタクトレンズ・洗浄液

instagram-image

atmseesmta1234

コンタクトレンズを利用する人にとっては必需品です。使い捨てレンズであれば通信販売などで手に入れることもできますが、1~2か月分程度は事前に用意しておいた方が無難でしょう。

常備薬・サプリ

instagram-image

takako1169rose

慣れない海外生活は気候の違いや不安・ストレスなどで体調を崩しがちです。そんな時でも安心できるよう、普段利用している風邪薬などの常備薬を持っておくと便利ですね。オーストラリアの薬は体にあうか分かりませんが、普段から利用している薬であればそのような心配は無用でしょう。

また、食べ物の違いから栄養不足になるケースも見受けられます。特にビタミン不足に陥ることが多いので、サプリなども余裕があれば用意しておきましょう。

インスタント食品

instagram-image

samurai_mart

インスタント味噌汁やインスタントラーメンなど、日本の食事が恋しくなった時に簡単に食べられるようなインスタント食品を持ち込むとよいでしょう。

特にみそ汁などは手軽に作れて日本の味を思い出すことができるのでお勧めです。

その他オーストラリアに留学する際にあると便利な持ち物

最後は必須ではないものの、持っていれば便利な持ち物についてご紹介していきたいと思います。

使い捨て便座シート

instagram-image

mat_rug_siro

 

オーストラリアに限らず、海外のトイレは汚いところが多いです。家で用を足す分には問題ありませんが、外出時に汚いトイレで用を足したくない、という人は使い捨て便座シートを携帯しておくとよいでしょう。

サングラス

instagram-image

123chooooosu

オーストラリアは日本と比べてオゾン層の破壊が進んでおり、紫外線量も多いです。日本ではサングラスをかけていなくても、オーストラリアでは紫外線から目を守るためにサングラスを着用するとよいでしょう。

ポケットティッシュ

日本以外では該当でポケットティッシュを配るということはありません。そのため、普段からポケットティッシュを持ち歩くようにしましょう。日本で無料のポケットティッシュを大量にもらっておき、オーストラリアに持ち込むとよいかもしれませんね。

南京錠・ワイヤーロック

ホストファミリーにお世話になる場合や寮などで共同生活を行う場合、念のために荷物にはカギをかけておくとよいでしょう。

必ずしも全員がよい人とは限らないので、最低限の自衛手段を取っておくことは非常に重要です。

まとめ

今回はオーストラリアへ留学する際の持ち物についてご紹介しました。

夢と希望に満ち溢れ、その時が来るのが楽しみでたまらないかと思いますが、せっかくの留学に水を差すことが無いよう、忘れ物がないか十分にチェックしておきたいところです。

様々な事態に備えて事前に準備をしておくことで、更に有意義な留学生活を送ることができることでしょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる
  4. 旅行の直前でも即日発行できる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/

海外旅行おすすめクレカ2位

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード

26歳未満の人にとっての海外旅行用のカードはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード一択です。

セゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カードは通常年会費が3,000円(税抜)かかりますが、26歳未満の人は26歳になるまで年会費が無料で、有料会員と同じ特典を受けれます。

特に海外旅行保険は手厚く、補償額は年会費無料のカードの5〜6倍にもなります。(傷害死亡・後遺障害で比較)

その他にも26歳未満であれば年会費無料でゴールドカードクラスの特典を多数受けられますので詳しくはセゾンブルー・アメリカン・エキスプレス・カード公式サイトをご確認ください。

カテゴリー