オーストラリアへのワーホリには何を持っていく?必要な持ち物について解説

ワーホリとはワーキングホリデーの略称であり、特定の国に一定期間渡航し、現地で学んだり、仕事をしたり観光をすることを言います。

現在では日本は各国とワーホリに関する協定を結んでおり、その締結国との間において、18歳から30歳までの年齢の人に資格が付与されます。

そしてオーストラリアは、日本と一番最初にワーホリの協定を結んだ国であり、ワーホリ=オーストラリアという認識も高くなっています。

オーストラリアは日本とも時差が1時間ほどしか無く、英語を使える国ということで学業や仕事をしたい人にはおすすめの国であり、自然豊かな地として観光を行うにも最高の場所です。

ワーホリは基本的には1年間の滞在ということになりますが、その長期間の間を過ごすにあたっては、事前にしっかりとした準備をしておく必要があります。

特に持ち物に関しては忘れ物なくいきたいところであり、必要なものを忘れてしまうと現地でスムーズな生活を送ることが困難になります。

そこで今回は、オーストラリアへのワーホリで必要な持ち物について解説していきます。

オーストラリアワーホリに必要な持ち物

instagram-image

rili.tokyo

現地での生活を行う上では、様々な持ち物が必要になります。

また海外での生活ということで、必ず用意しておかなければならない書類関係も持ち物もあります。

以下では、オーストラリアワーホリで必要な持ち物について解説します。

パスポート

instagram-imageyoco

当然ながらパスポートは必要です。

ワーホリに関係無く、海外への渡航を行う際にはこのパスポートがなければ入国することができません。

しかし、パスポートを持っていても更新を忘れてしまっているという人は以外と多くいます。

今一度、有効期限が切れていないかどうかを確認しておきましょう。

ビザ

オーストラリアへのワーホリでは、ビザを申請することができます。

ビザを申請することで、オーストラリアでの12ヶ月の休暇と一定の資金援助を受けることができるので、必ず申請しておきましょう。

申請には条件があります。

申請時のオーストラリア国外にいることや、12ヶ月以上の滞在の意思が無いこと等があり、これら要件を全てパスする必要があります。

また、ビザ申請にあたっては人物審査もあり、健康診断も受ける必要があります。

その他、英文による資金証明書も必要になってきますが、これは一定額の現地通貨を有していることを照明するものになります。

申請をスムーズに進めるためにも、ワーホリ協会に連絡して何が必要かを確認しておくことも大事です。

海外保険

保険にも必ず加入しておきましょう。

海外渡航用専門の保険というものがあり、これがあることにより様々なトラブルに対処することができます。

オーストラリアは治安もよく、衛生環境も整っています。

しかし、100%病気や怪我をしないという保証はありません。

万が一なにかトラブルが生じた際には、思いもよらない額のお金が必要になってしまうこともあるので、リスクヘッジのためにも海外保険には必ず加入しておいてください。

保険関係の書類を現地に持っていく必要があるので、忘れないようにしましょう。

補償内容に関しては保険サービスによって異なりますが、基本的にはどの保険商品も死亡・疾病に関数r補償が入っています。

その他、荷物や飛行機の遅延、携行品の破損についても補償してくれるものもありますので、自分に取ってベストと思うものに加入しておきましょう。

クレジットカード

クレジットカードも持っていくようにしましょう。

オーストラリアの現地通貨はオーストラリアドルですが、これを毎回日本円から両替するとなると大きな手間になります。

1年間という比較的長期間に渡る滞在の中で、大小合わせて様々な買い物をします。

クレジットカードを持っていれば、決済も簡単に済ませることができるので、現地通貨をそこまで持ち歩かなくても安心して買い物することができます。

念の為、財布には現地通貨をいくらか入れておくことはおすすめしますが、基本的にはクレジットカードを使用して買い物するようにしましょう。

お使いのクレジットカードがオーストラリアで使用可能かも調べておくことをおすすめします。

オーストラリアワーホリで必要な持ち物を現地で調達する

instagram-image

kogaroo_sydney

上記で紹介したアイテムは、オーストラリアワーホリを行う上では確実に用意しておかなければならないものですが、その他にも何かと必要にってくるものがあります。

しかし、何でもかんでも持っていくと荷物がかさばることになるので、現地で調達できるものは買ってしまいましょう。

服やバッグ類

衣類は予め持っていくことにはなりますが、現地でも購入可能です。

あれこれ持っていかずに、現地で買えるものは買ってしまいましょう。

また、バッグ類も現地で買うことができるので、もし必要とあればデパートやスーパーで探してみましょう。

その他日用品

歯ブラシなどの日用品も問題なく購入可能です。

もちろん使い心地などの違いはありますが、現地にあるものを使用することで荷物を軽くすることができるので、日用品はあまり意識しすぎない方がベターです。

まとめ

instagram-image

kogaroo_sydney

オーストラリアは気候面や文化の面で魅力的な部分が多く、1年間という期間はあっという間に過ぎてしまいます。

最高の準備をしていけば、それだけ最高の時間を過ごすことができるので、今回解説した内容を参考位して、早めの準備をおこないましょう。

海外旅行おすすめクレカ1位

エポスカード

海外旅行用の最強カードとして呼び声が高いのはマルイが発行しているエポスカードで私自身もそう思います。

エポスカードが旅行用最強カードと言われる理由は次の理由です。

  1. 年会費が無料
  2. 海外旅行保険が無条件でついてくる
  3. 2,000円分ポイントがもらえる

条件が良すぎて雑誌で流通系カードの中でおすすめ度1位になっているあたりからも人気の高さが伺えます。

まずエポスカードは年会費が無料なのに海外旅行保険が無料でついてくる(無条件自動付帯)上に作ったらマルイで使える2,000円分のポイントまでついてくる時点で旅行という観点では他のカードを大きく引き離してます。。

エポスカードの保険は三井住友海上火災保険が担当し、補償額もしっかりしてます。

コロナの影響もあり、なかなか旅行に行けないかと思いますが、日常使いでもかなりお得なカードなので、旅行を見据えて海外旅行保険がついたクレジットカードを前もって用意しておきましょう。

\今ならWeb限定で2,000円分ポイント獲得できます!/


カテゴリー