タイ旅行の必需品

ポケットWiFi

ホテルの予約確認メールや地図などスマホで確認するのが当たり前になりましたが、海外ではWiFiがどこでも使えるわけではありません。ポケットWiFiを持っていくことをお勧めします。

イモトのWiFiが料金、サービスとも充実しており5人まで同時に使えて1日980円です。学割等のキャンペーンも利用すれば非常に安く済みます。

クレジットカード

外貨に両替すると3~10%の手数料がかかりますがクレジットカードで決済すると1.63%しか手数料がかかりません。三井住友VISAなどの大手のクレジットカードには十分な海外旅行保険がついているものもあるので海外に行く前につくるのがおススメです。




タイ旅行の持ち物貴重品版

パスポート
ビザ

観光目的で、一回の訪問につき 30日以内の滞在でタイに入国する場合、査証取得を必要ありません。

航空券(eチケット)
海外旅行保険証

トラブルにあったときにどこに電話をかけたらいいかなどは事前に確認しましょう。

ホテル予約確認書&地図
日本円
現地通貨

タイではチップを払う文化があります。

顔写真
クレジットカード

外貨に両替すると3~10%の手数料がかかりますがクレジットカードで決済すると1.63%しか手数料がかかりません。三井住友VISAなどの大手のクレジットカードには十分な海外旅行保険がついているものもあるので海外に行く前につくるのがおススメです。

マイレージカード
ダミー財布




タイ旅行の持ち物衣類版

トップス
ボトムス
フォーマルウェア
靴下
下着
Tシャツ
パジャマ
水着

プーケット島などで泳ぐ予定のある人は

サンダル

機内やホテルでの移動に役立ちます。

日焼け止め

タイの紫外線は日本の4倍ともいわれています。日焼け対策は必ずしましょう。

レインコート
アイマスク
耳線

あると飛行機で快眠できます。







タイ旅行の持ち物機械版

変圧器

日本の電圧は100Vですがタイの電圧は220Vであるため日本の電化製品を使う場合は変圧器が必要です。(PCやスマホはタイの電圧に対応していることが多い。)

変換プラグ

タイのプラグの形状は日本と同じAタイプなので変換プラグは不要です。

電源タップ

ホテルのコンセントが枕元になかったり数がたりない場合があるのであると全員充電できます。

カメラ

旅行の思い出を記録するならGoProのようなアクションカメラがおすすめです

カメラ充電器
レンタルWiFi

ホテルの予約確認メールや地図などスマホで確認するのが当たり前になりましたが、海外ではWiFiがどこでも使えるわけではありません。ポケットWiFiを持っていくことをお勧めします。

イモトのWiFiが料金、サービスとも充実しており5人まで同時に使えて1日980円です。学割等のキャンペーンも利用すれば非常に安く済みます。

ドライヤー
ヘアアイロン

変圧器が基本必要です。

携帯
携帯充電器
外部充電器

タイの情報をスマホで調べながら歩いているとあっというまにスマホの電池がなくなるので外部充電があると安心です

タブレット
三脚

三脚があると手ぶれを抑えられるため、夜景やタイムラプスをきれいに撮ることができます。スマホ用三脚が最近人気です。

自撮り棒

タイ人に写真を撮ってもらう勇気のない人はあると便利。

ポータブルスピーカー

ホテルでBGMを流せます。





タイ旅行の持ち物日用品版

歯ブラシ

タイの安いホテルにはない場合もあります。

歯磨き粉
ボディーソープ
シャンプー
リンス
洗顔フォーム
洗剤
常備薬
虫よけスプレー
ポケットティッシュ
タオル
爪切り
眼鏡
眼鏡ケース
コンタクトレンズ
コンタクトレンズ洗浄液
化粧品
メイク落とし
生理用品
筆記用具
くし
マスク
髭剃り
シェービング
ハンドクリーム
栓抜き

ホテルでお酒をのむ予定のある人はもっていかないとワインなどが飲めません。

ワックス
化粧水
バスタオル
ヘアゴム

タイ旅行の持ち物収納版

スーツケース

安いものだと5000円程度で買えます。

手荷物バック
バックパック
ワイヤーロック

タイでは盗難には十分注意しましょう。

ネームタグ
南京錠
スーツケースベルト

預け入れ荷物は投げられたりするのでふたがあかないようベルトをしましょう。


タイ旅行の持ち物便利グッズ版

エアー枕

腰用もあるとより疲労を軽減してくれます。

辞書

スマホのグーグル翻訳などに頼ってもいいと思います。

インスタント食品
ガイドブック

電子書籍版だと旅行後も場所をとらずに捨てる必要がないのでお勧めです。

ドリンクホルダー

タイは暑いのでかばんにペットボトルをぶら下げておくと水分補給が簡単にできます。

洗濯パック

タイにバックパッカーで行く人はあると便利です。水と洗剤をビニールに入れて手で揉むことで、簡単に洗濯できます。

無線ランルーター

有線しかないホテルを簡単に無線化できます。

ポケピタ

タイのトイレは日本と比較すると汚い場合が多いです。女性の方は持っていくと安心です。

バック止めるベルト

スーツケースと手荷物バックを離れないようにしてくれる便利グッズ。

圧縮袋

圧縮袋があると衣類の体積を驚くほど減らしてくれます。

インスタント食品
防虫シーツ

安宿に泊まる人はあった方がいいです。

洗面器
S字フック
洗濯バサミ
洗濯ひも
携帯ウォシュレット

普段ウォシュレットを使う人は持っていきましょう。

オペラグラス





基本情報
特徴 タイの人口は約6500万人で、首都はバンコクです。
マレーシア、ミャンマー、カンボジア、ラオスと隣接しています。
人口の4分の3がタイ族です。宗教は上座部仏教が大半を占めています。
公用語はタイ語であり、英語はあまり通じません。

タイの通貨はバーツです。
補助通貨はサタンで、100サタンが1バーツに相当します。

気温は一年を通じて高く、最高気温は30~35℃にもなります。
タイには雨季、乾季、暑季という3つの季節があり、だいたい5~10月が雨季、11~3月中旬が乾季、そして3月中旬~4月が暑季となります。
旅のベストシーズンは乾季です。

日本との時差は2時間です。サマータイムはありません。
日本からの直行便ならバンコクまで6時間程度です。
タイ入国時にパスポートの残存有効期間が6ヶ月以上必要なので注意しましょう。
乾季、雨季、暑季の三つの季節に分かれていて、基本的には暑いのですが、季節によっては夏服だと寒い時期もあります。コンビニの普及具合は東南アジア随一えすから、ある程度現地で揃えられます。政情不安などで治安の乱れが見られるので十分注意してください。