シンガポールの持ち物貴重品版

パスポート
航空券
ホテル予約確認書
日本円
国際免許
クレジットカード
ビザ
海外旅行保健証
マイレージカード
現地通貨
ダミー財布
旅行計画書



シンガポールの持ち物衣類版

トップス
フォーマルウェア
下着
靴下
スリッパ
レインコート
ストッキング
パジャマ
帽子
サングラス
ボトムス
サンダル
日焼け止め

シンガポールの日差しは強いので女性の方は必須です。

アイマスク

深夜でも機内の電気がつくのでしっかり寝たい人は持っていきましょう。

耳線

水着



シンガポールの持ち物機械版

変圧器

ヘアアイロンなど海外電圧に対応していない電化製品を使う場合は必要です。

電源タップ

ホテルのコンセントが足りないことがよくあります。

カメラ
ドライヤー
スマートフォン
スマートフォン充電器

三脚

夜景、タイムラプスを撮る場合は必要

自撮り棒

無線でシャッターが押せるタイプがおすすめ。

変換プラグ

今後も旅行に行く方は全世界に対応している変換プラグを買いましょう。

レンタルwifi
ヘアアイロン
タブレット

飛行機での暇つぶしに。最近は1万以下で買えるタブレットもあります。

懐中電灯



シンガポールの持ち物日用品版

歯ブラシ
石鹸
シャンプー
洗剤

かさばらないジェルタイプ洗剤をおすすめします。

虫よけ

ナイトサファリに行く方は虫よけがあったほうがいいです。

タオル
眼鏡
コンタクトレンズ
化粧品
生理用品
ウエットティッシュ
リップクリーム
くし
洗顔フォーム
歯磨き粉
ボディーソープ
リンス
常備薬
ポケットティッシュ
爪切り
眼鏡ケース
コンタクト洗浄液
メイク落とし
筆記用具
マスク
髭剃り
シェービング
ハンドクリーム
割りばし
栓抜き
整髪料
化粧水
ヘアゴム

シンガポールの持ち物収納版

スーツケース

5000円程度で買えます。

バックパック
ワイヤーロック
ネームタグ
手荷物バック
南京錠

海外旅行の際はスーツケースに鍵をかけましょう。

スーツケースベルト

預け入れ荷物は雑に扱われるのでスーツケースが開かないように、ベルトをまくと安心です。


シンガポールの持ち物便利品版

インスタント食品
ドリンクホルダー

ペットボトルを手で持って歩くのが嫌な人は。

無線LANホテル用

有線しかないホテルで有線を無線化できます。

バック止めるベルト

手荷物とスーツケースを一体化してくれます。

防虫シーツ

安い宿は布団が汚い場合が多々あります。

洗面器
S字フック
辞書
ガイドブック
洗濯パック

洗濯を簡単に行えます。

ポケピタ

海外のトイレは汚いことも多いです。

圧縮袋

圧縮袋を使えば荷物の体積をかなり減らせます。

洗濯バサミ
洗濯ひも
携帯ウォシュレット

普段ウォシュレットを使っている人は携帯ウォシュレットを持っていきましょう。

オペラグラス

基本情報
特徴 人口は約500万人で、面積は東京都と同程度です。
シンガポールは多民族国家であり、人口の4分の3を占める中国系の方のほかに、マレー系、インド系など様々な民族の方が暮らしています。
それゆえ宗教も、仏教、キリスト教、イスラム教など様々な宗教が信仰されています。
国語はマレー語ですが、英語と中国語に加えて、インド南部やスリランカで用いられている言語であるタミル語が公用語として認められています。
シンガポールの通貨はシンガポール・ドルです。
注意 持って行ってはいけないものは主にガム・ヌードグラビア・麻薬の3つです。
ガムについては以前列車で悪質な悪戯があったため、ヌードグラビアは宗教上の理由です(麻薬は言わずもがな禁止です)。
軽く考えがちですが、破ると罰金はもちろん、禁固刑などの厳罰に処されることもあります。麻薬は所持だけで死刑を求刑されることもあったようです。騙されて所持していた場合でも厳罰をくらうので注意しましょう。
気候等 シンガポールは赤道直下にあり、一年を通じて高温多湿な熱帯雨林気候に属しています。
11月から3月にかけては南西モンスーンの影響で降水量が少し多くなりますが、一年を通じてあまり気候に変化はありません。
日中の平均気温は30℃前後です。
日本との時差は1時間です。サマータイムはありません。
日本からの直行便の場合、所要時間は7時間程度です。
2週間以内の滞在であり出国用の航空券を持っていれば、ビザを取得する必要はありません。