ハワイ旅行の必需品

ポケットWiFi

ホテルの予約確認メールや地図などスマホで確認するのが当たり前になりましたが、海外ではWiFiがどこでも使えるわけではありません。ポケットWiFiを持っていくことをお勧めします。

イモトのWiFiが料金、サービスとも充実しており5人まで同時に使えて1日980円です。学割等のキャンペーンも利用すれば非常に安く済みます。

クレジットカード

外貨に両替すると3~10%の手数料がかかりますがクレジットカードで決済すると1.63%しか手数料がかかりません。三井住友VISAなどの大手のクレジットカードには十分な海外旅行保険がついているものもあるので海外に行く前につくるのがおススメです。




ハワイ旅行の持ち物貴重品版

パスポート
ビザ

入国の際、日本人の方は90日以下の滞在ならビザは必要ありません。 しかしビザなしでハワイに90日以下の渡航をする場合、ESTA認証が必要です。

航空券(eチケット)
海外旅行保険証

海で怪我をして病院に行くだけで海外ではかなりの金額になるので必ず加入しましょう。

ホテル予約確認書&地図

スマホで確認するつもりでも充電が切れてるなんてこともあります。

日本円
現地通貨
顔写真
クレジットカード

外貨に両替すると3~10%の手数料がかかりますがクレジットカードで決済すると1.63%しか手数料がかかりません。三井住友VISAなどの大手のクレジットカードには十分な海外旅行保険がついているものもあるので海外に行く前につくるのがおススメです。

マイレージカード
ダミー財布

持っている現金を一か所に入れておくのは危険なので、財布を分けましょう。





ハワイ旅行の持ち物衣類版

トップス
ボトムス
フォーマルウェア
靴下
下着
Tシャツ
パジャマ
水着

ハワイで泳ぐなら必須です。

ラッシュガード

ハワイの紫外線は日本の6倍にもなるといわれているので、日焼け対策は必須。ラッシュガードがあれば紫外線をカットしてくれるとともに、体型も隠してくれます。

サンダル

海に行くときに必要。

マリンシューズ

シュノーケリングをするときなどに足をけがするのを防ぎます。

日焼け止め

ハワイの紫外線は強いため、必ずSPF50+、PA++++、ウォータープルーフの日焼け止めにしましょう。

レインコート
アイマスク
耳線

飛行機の中で寝るために。







ハワイ旅行の持ち物機械版

変圧器

日本の電圧は100Vですが、ハワイの電圧は110~120Vです。 短時間の使用では変圧器なしでも問題ないことが多いですが、 使用法によっては機械が故障したり火花が散ったりする可能性もありますので、 心配な場合は購入しましょう。

変換プラグ

ハワイでは日本と同じAタイプのプラグが使用されていすので、変換プラグを持っていく必要はありません。

電源タップ

複数人で旅行しているとコンセントが足りなくなります。

カメラ

GoProのようなアクションカメラで動画を撮影するとハワイ旅行の思い出動画などを作れます。水中も撮影できます。

カメラ充電器
レンタルWiFi

ホテルの予約確認メールや地図などスマホで確認するのが当たり前になりましたが、海外ではWiFiがどこでも使えるわけではありません。ポケットWiFiを持っていくことをお勧めします。

イモトのWiFiが料金、サービスとも充実しており5人まで同時に使えて1日980円です。学割等のキャンペーンも利用すれば非常に安く済みます。

ドライヤー
ヘアアイロン
携帯
携帯充電器
外部充電器

スマホがないと旅程を調べることもできなくなるので、充電切れには気を付けましょう。Ankerの外部充電はスマホを5回充電できる大容量かつ値段は手ごろなのでオススメ

タブレット
三脚

夜景をとるときなどは三脚がないとうまく取れません。

水中カメラ

ハワイで泳ぐ予定のある人はあると重宝します。

自撮り棒

自撮り棒があれば人に写真を撮ってもらうようお願いする必要がなくなります。

ポータブルスピーカー

ホテルなどで音楽を鳴らせます。





ハワイ旅行の持ち物日用品版

歯ブラシ
歯磨き粉
ボディーソープ
シャンプー
リンス
洗顔フォーム

洗顔フォームほホテルにありません。

洗剤

持っていく場合はチューブ式洗剤でないとこぼれたとき悲惨です。

常備薬
虫よけスプレー
ポケットティッシュ
タオル
爪切り
眼鏡
眼鏡ケース
コンタクトレンズ

海で泳ぐなら1dayタイプにしないとコンタクトレンズがダメになります。

コンタクトレンズ洗浄液
化粧品
メイク落とし
生理用品
筆記用具
くし
マスク
髭剃り
シェービング
ハンドクリーム
栓抜き

栓抜きがないとワインがホテルでのめません。

ワックス
化粧水
バスタオル
ヘアゴム

ハワイ旅行の持ち物収納版

スーツケース

安いもので5000円程度から買えます。

手荷物バック
バックパック
ワイヤーロック
ネームタグ
南京錠
スーツケースベルト

預け入れ荷物は雑に扱われます。


ハワイ旅行の持ち物便利グッズ版

エアー枕

首用と腰用を持っていきましょう。

辞書

スマホユーザーはポケットWiFiをレンタルして必要ならグーグル翻訳に頼るのが楽です。

インスタント食品
ガイドブック

電子書籍版が軽くて、旅行の後も場所を取らないのでおすすめ。

ドリンクホルダー
洗濯パック

ハワイ旅行中、水着などを洗濯をしたい人には便利なアイテムです。水と洗剤をビニールに入れて手で揉むだけで、簡単に洗濯できます。

無線ランルーター

有線しかないホテルを無線化できます。

防水スマホケース

海でスマホが濡れて壊れると旅行に支障がでるので海で遊ぶ場合はあると安心です。

防水ポーチ

財布やパスポートが濡れるのを防いでくれます。

ポケピタ

使い捨て携帯便座カバーです。きれいなトイレがないときなど女性の方には役立つと思います。 

バック止めるベルト

手荷物をスーツケースに固定できます。移動が楽になります。

圧縮袋

衣類の容量を驚くほど減らしてくれます

インスタント食品
防虫シーツ

ベットが汚いときでも防虫シーツがあれば快適に寝れます。

洗面器
S字フック

水着を干すところがないときに。

洗濯バサミ
洗濯ひも
携帯ウォシュレット

海外でもウォシュレットを使う必要のあるひとは。

オペラグラス





ハワイの持ち物アドバイス
治安
ハワイは比較的治安が良く、日本人観光客も多く訪れる土地ですが、やはり日本人は警戒心が低いと見られがちです。
気さくに日本語で話しかけてくる人も多いですが、会話で警戒を解いて金品を狙う手口が多いので気をつけましょう。 夜間や休日のダウンタウンなどでは、犯罪の発生率が高いようです。

また、夜遅くに人気のないところを うろつかないのも基本的な防犯対策です。
自ら危険に歩み寄るような行動は控えましょう。

貴重品
ハワイは旅行客が多く訪れる土地ですから、不慣れな旅行者を狙う犯罪が多いようです。
トラブルに巻き込まれないためのコツは、警戒していることを示しておくことです。
スリや置き引きなどは、もちろんする方の人間が悪いとはいえ、盗んで下さいと言わんばかりに放置して目を離していたなら、 盗まれた方にも原因があると考えるのが、海外では基本です。
貴重品は身につけられるショルダーバッグにまとめ、 決して開けやすいポケットには入れない等は基本です。
”絶対になくしてはいけないもの”が今どこにあるか、常に把握できるようにしましょう。

気候、服装
ハワイは亜熱帯性気候に属する島国なので、一年を通じて気候が安定しています。
冬季は無く、フルシーズンでマリンアクティビティが楽しめるでしょう。また、日差しが強烈ですが、日没後はぐっと気温が下がることもあります。
基本的にはTシャツやワンピースなど日本の夏の服装と同じでいいですが、上から羽織れるようなものも持って行きましょう。
雨季と乾季に分かれ、乾季は4月~9月、雨季は10月~3月となっています。

電圧、プラグ
ハワイの一般的なコンセントの電圧は110~120V、周波数は60Hzです。プラグの形は日本と同じでAタイプです。
家電製品の一部はハワイでも問題なく使用できますが、必ず使用する機械が何Vまで耐えられるのか確認してください。
短時間の使用なら問題ないことが多いです。

日用品
ハワイでは近年コンビニが増えてきており、多くの物は不便を感じたら現地で手に入れることができます。
ただし、繊細なものや体のケアに関するものは、普段使っているものを日本から持っていく方が安心です。
日本人と欧米人は体格が異なるため、サイズがきちんと合わないこともあります。