ハワイで得をする
クレジットカードの使い方3選

ハワイのクレジットカード事情

ハワイ旅行に必要なクレジットカードのブランドはVISAとJCBです。この二つがあれば何も問題なく楽しい旅行になります。ハワイと聞くと何だか身近に感じてしまいますが、やはり外国に変わりはないのでお財布に現金をたくさん入れておくのは好ましくありません。なるべくクレジットカードを利用し、お札は少なめにするのが基本です。 そしてできればクレジットカードも2・3枚持っていると安心です。クレジットカードにも限度額というものがあるので、ショッピングの途中や現金を失くしたりした場合に備えておくと、旅を途中で終わりにしなければならないなんてことにはなりません。 また、アメリカはクレジットカード大国。その一部となっているハワイでの普及率はVISAなら使う場所で困るということがほとんどないくらいです。一部のタクシーなどを除いてほとんどのレストランやホテルなどで利用することができ、JCBにいたっては提携店での割引やバスの乗り放題など、魅力的な特典が多数あるのでその点は有利です。 会計用にVISA。特典用にJCBとやはり二枚用意していった方がより楽しいハワイ旅行になります。ハワイを満喫するためにもクレジットカードは安心の小道具となってくれます。

  

クレジットカードの手数料の方が外貨両替手数料より圧倒的に安い

海外旅行に行く際に日本円を現地通貨に両替すると思いますが、両替の際に思った以上に手数料をとられています。 メジャーな通貨だと手数料3%,マイナー通貨だと手数料10%とられることもあります。 10%も手数料を取られているとかなりの金額になります。そんな高額な両替手数料に対して、クレジットカードを使用した場合は手数料がたったの1.63%しかかかりません。 一括払いにしておけば金利などその他の費用は一切かかりません。 海外旅行に行く際はできる限りクレジットカードで支払いをするのがお得に買い物をするコツです。

  

クレジットカードには海外旅行保険が付帯している

海外でなんらかの治療を受ける際保険が適応されないので100万円単位で治療費を請求されるので、万が一のときにそなえて海外旅行保険に加入することはは海外旅行に行く際必須です。 しかし、この海外旅行保険の金額が意外と高いです。日数や渡航先にもよります3000円から1万円程度はかかります。あまり知られていないことですが、クレジットカードに海外旅行保険が含まれているものがあります。 海外旅行保険付きクレジットカードを持っていれば別途海外旅行保険に加入する必要がなくなります。 クレジットカードの年会費の方が海外旅行保険の料金より安いです。

 

クレジットカードでキャッシングできる

旅行中クレジットカードで支払いできず、現金が必要な場面もでてきます(屋台など)。 また、日本から持ってきた現金が少なくて買いたいものを買えないということもよくあります。 そういったときもクレジットカードが役に立ちます。 海外のATMにクレジットカードを入れるだけで簡単に現地通貨をキャッシングすることができます。 この機能は知らない人が多いです。キャッシングと聞くと悪いイメージを持ちがちですが、翌月に 一括払いすれば結局両替手数料(3~10%)よりやすくなります。 キャッシングをどんどんしたほうがいいというわけではなく、もし現金が足りなくなったときの保険として クレジットカードを持っていくことをおすすめします。

  

海外旅行に便利なクレジットカードの選び方

クレジットカード選びでみるべきポイントは3点。

まず1点目は、海外旅行保険が自動付帯かどうか。 クレジットカードの海外旅行保険は自動付帯と利用付帯の2パターンあります。利用付帯は旅行にかかる費用を そのクレジットカードで払わなければいけない等条件がいろいろあります。自動付帯はそういった条件なしで海外旅行保険がついています。 クレジットカードに詳しい人でなければ自動付帯のものにしておいたほうがよいでしょう。

2点目は還元率。海外旅行飛行機代などはたくさん出費しますので還元率が1%違うだけでも結構な金額差になります。 日本に帰ってきてからも使用することを考えると還元率が高いクレジットカードを選びましょう。

3点目は海外旅行保険の補償金額。

これらの3つの観点から、クレジットカードを選びましょう。

  
Copyright(c) 2013 Sample Inc. All Rights Reserved. Design by http://f-tpl.com