インドネシア旅行で損しないために伝えたいWiFiのほんとの話|インドネシアのWiFi

インドネシア旅行で損をしないために伝えたいWiFiに関するほんとの話2018年版

・海外でフリーWiFiは使えるの?

・フリーWiFiのデメリットって何?

・インドネシアでスマホを使う一番いい方法って何?

こういった疑問に答えます。

スマホを安く使いたいならWiFiの使うのが王道

インドネシアに旅行に行く場合は基本的にはデータローミングをオフにしてWiFiを利用するというのが一般的です。

 

日本のキャリアと契約した端末には国際データローミングという機能がついていて、海外に行って日本で提供している電波が届かなくなった場合、現地の通信会社の電波を利用できるようになっています。

 

この国際データローミングは高額かつ初期設定でONになっているので、インドネシアに出発する前にOFFにすることを忘れないようにしてください。

海外でのフリーWiFi利用は初心者はやめといたほうがいい

インドネシアでWiFiを利用する方法で真っ先に思いつくのがホテルや空港に飛んでいるフリーWiFiを利用する方法だと思います。

ただ、海外旅行になれてない人には正直あまりおすすめできません。

 

フリーWiFiがおすすめできない理由①:設定が謎

インドネシアに到着してスマホでWiFiをONにして、WiFiの電波を探すと鍵がかかっていないWiFiが結構見つかります。

ただ実際そのWiFiを選択するとログインページが表示されてアカウント作れと言われたり、PINコードをお前のスマホに送ったからそれを入れろだったりいろいろ設定を求められます。

もちろん日本語なわけがなく、かつ機内モードにしているのでPINコードが届くこともありません。

 

結局WiFi設定ができず国際ローミングを結局ONにしてしまうこともしばしば、、

 

フリーWiFiがおすすめできない理由②:移動できない

インドネシア旅行で一番WiFiを使うのはどんなときかを考えてください。

おそらくインドネシア旅行で一番WiFiを使う用途は地図を見ることだと思います。

フリーWiFiの致命的な欠点は移動しながら利用できないという点で、地図を見ながら移動することができません。

 

ですのでインドネシアで道に迷ったら、フリーWiFiスポットを探してそこに立ち止まって必要な情報を全部その場で見て、移動。

また迷ったらフリーWiFiを探す。の繰り返しになります。

道に迷ったらそのへんの人に聞くよ!といえるくらいの言語力があれば問題はないです。

 

フリーWiFiがおすすめできない理由③:怪しい

フリーWiFiにつなぐといろいろ説明がでてきますが、理解できないことがほとんどなのでほんとに安心できるフリーWiFiなのか判断がつきません。

 

インドネシア旅行でフリーWiFiはこんな人ならおすすめ

フリーWiFiの欠点をいくつか書きましたが、フリーWiFiは名前の通り料金がかからず、それだけで強烈なメリットでもあります。

問題が発生したら基本的に現地の人と話して解決する!という人にはフリーWiFiはおすすめです。



インドネシア旅行時はポケットWiFiを借りるのが王道

インドネシア旅行に行かれる方におすすめなのがポケットWiFiをレンタルする方法です。

ポケットWiFiをレンタルするという方法が最も一般的でお得な方法です。

ポケットWiFiとは

ポケットWiFiとは手のひらサイズの機械(ルーター)でその機械からWiFiの電波がでるため簡単に持ち運びができます。

持ち運びができるのでいつでもどこでもWiFi環境につないでスマホを使うことができます。

日本の会社からレンタルすることになるのでもちろん設定も日本語ですし、セキュリティもしっかりしています。

料金も1日あたり1000円程度ととても安いです。

同時に複数台のスマホをポケットWiFiに接続できるのでインドネシア旅行に行く人みんなで割り勘すれば格安でWiFiを使えます。

 

インドネシアでポケットWiFiを使うメリット

  • いつでもどこでもWiFiを使える
  • 設定が日本語
  • セキュリティがしっかりしている
  • 安い
  • みんなで使える

 

インドネシアでポケットWiFiを使うデメリット

ポケットWiFiはメリットがたくさんありますが、1つだけデメリットがあります。

それは日本のキャリアも同じですが、通信量に制限があります。

ですので動画をみるなどは不向きです。

 

インドネシア旅行でポケットWiFiはこんな人におすすめ

いつでもどこでもストレスなくWiFiにつなげるようにして安心して旅行を満喫したいという方におすすめです!



インドネシア旅行で最も人気のポケットWiFi

  1. スマホで地図を見ながら移動する。
  2. 調べ物をする。
  3. SNSに写真をアップする

インドネシアでこれらをするなら、(移動しながら)通信ができるようにする必要があります。

日本の携帯をそのまま使うとえげつない請求がくるので絶対にやめましょう。

インドネシア旅行が1人長期旅であれば、現地のSIMを契約、2人以上のであればポケットWi-Fiをレンタルするのが基本最安になります。

インドネシアであればポケットWi-Fiは複数人使えて1,000円/日程度しか費用がかからないので旅行に慣れている人はポケットWi-Fiをレンタルしています。

イモトのWi-Fi

ポケットWiFiのレンタルで旅行好きに人気なのがイモトのWi-Fiです。

イモトのWi-Fiの特徴は

  1. 安い
  2. とにかく安い
  3. 圧倒的に安い

です。

インドネシアであれば、一緒にいる人全員使えて1000円/日程度しかかかりません。

値段が何よりやすい上に超大手がやっていて受け取りから返却までサポートがしっかりしています。

デメリットといえば予約が多く、直前の予約だと在庫切れになることです。

早めに予約すれば格安でWiFi環境を手にいれられるので早めの準備をおすすめします。

 

コラム:インドネシアのフリーWiFi

インドネシアでは観光客が訪れる事の多い各所で、フリーWiFiのネットワークが設置されています。

ただ共通して言える点として、速度の遅さとネットワークの不安定さがあります。

速度は接続人数が多いと更に遅くなる性質がある為に、場合によっては使い物にならない状況に陥る事も考えられます。


実際に接続出来る場所として挙げられるのは、まずは国際空港です。

出入国で訪れる人が使う為に接続人数が多く、接続に数分単位の時間を要する可能性があります。

更に数十分単位で自動的に接続が切れるようになっており、使い勝手は良くありません。


次に挙げられるのが、地元のショッピングモール・レストラン・カフェといった施設です。

首都圏や観光地では、8割程度の店舗で設置が為されています。

空港よりは速度と安定性の確保が期待出来ますが、空港とは違ってパスワードで鍵が掛けられている点が問題になる可能性があります。

英語が通じますが訛りのある言葉でパスワードが伝達される事が多く、上手く繋げない可能性が考えられます。


最後に挙げられるのは、ファーストフード・カフェといった業態の中で、日本や他国にも多くある世界的な飲食チェーンです。

インドネシアの中ではおそらく回線の安定度が高いですが、稀にこうした店でもネットワークが設置されていないケースはあるので、その点は確認を要します。



▼インドネシア用おすすめクレジットカード

\期間限定!今年度最大金額ポイント還元キャンペーン中/